MG ブラストインパルスガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ブラストインパルスガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲やデリュージー超高初速レール砲をぶっ放すブラストインパルスガンダムの姿が掲載。戦火で水しぶきを上げつつ奮闘する姿は、アビスを撃った劇中のクレタ沖挟撃戦さながらです。パッケージカラーはブラストインパルス特有の印象的なグリーン。

パッケージサイズはMGの定番パッケージサイズよりも1cm程度大きめ。MGフォースインパルスガンダムのパッケージとも同じくらいの差があります。

開封。

全部で11袋分のランナーです。

説明書はパケ絵がカラーになったものが表紙に。ポーズがプレバンホームページに記載の塗装済みキットと全く同じなので、キットを使った合成だと思いますが、イラストのように巧妙。ただ欲を言えば、背景にセイバーやムラサメも掲載されていると良かったですね。(背景に掲載された機体はキット化されるといううわさも。だから描かれていないんですかね;)

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。インパルスガンダム本体はMGフォースインパルスガンダムとほぼ同じ組立工程になります。頭部の顎パーツが配色の関係で違っているかなという程度。変形方法も変わりません。その後はフォースシルエットがブラストシルエットの組み立てにごっそりと変わっています。プレバン商品なので、もちろん機体解説や武装類の詳細などの記載はありません。ブラストシルエットは細部まで作り込まれ、可動も良く完成度の高いユニットになっています。

カラーガイドは外装のホワイトを含め、ほぼすべての配色が違っています。塗装に関しては全くの別機として考えたほうが良さそうですね。ガイドの通りに塗装すれば問題ないと思いますが、カラフルな機体なので、オリジナルで行くなら全体的なバランスを考えつつ調色する必要がありそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ブルー、イエロー、ホワイト、クリアーのイロプラランナーで、頭部やコアスプレンダー、MMI-RG59V 機動防盾パーツなど。以下、しばらくMGフォースインパルスガンダムからの流用です。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部外装、サイドアーマーパーツなど。同じものが2枚あります。

↑Cランナー。ホワイト成型色で、腰部や脚部、コアスプレンダー、フォースシルエットパーツ、フィギュアなど。MGフォースインパルスガンダムに比べ、右下のサーベル柄やフォースシルエットのダクトパーツが省かれています。

↑D、Eランナー。Dはダークブルー成型色で、肩部や胴体部、脚部パーツ。Eはブルー成型色で、頭部や腹部、ソール部パーツなど。

↑Gランナー。グレー成型色で、胴体部やランディングギア各種、フォースシルエット、MA-BAR72 高エネルギービームライフル、M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフパーツなど。

H、Fランナー。Hはブラック成型色のシルエットフライヤーパーツ。囲うように配置されていたフォースシルエット用パーツがごっそり省かれています。Fはグリーン成型色で、胸元や肩、フロントアーマーパーツです。

↑Iランナー。グレー成型色で、腕部や脚部の関節、内部パーツ類同じものが2枚あります。ABS樹脂素材です。

↑Jランナー。グレー成型色で、胴体部やアクションベース用ジョイントパーツ、シールドパーツなど。こちらもABS樹脂素材です。

↑Kランナー。グレー成型色で、腕部や脚部の内部パーツ、マニピュレーターパーツなど。ABS樹脂素材です。

↑L、Mランナー。Lはダークグレー成型色で、シルエットフライヤー用パーツ。ABS樹脂素材で、ソードシルエット用のパーツは余剰になります。Mはレッド成型色で、機動防盾用パーツやコアスプレンダーの一部など。こちらもフォースシルエット用のパーツがごっそり省かれています。

↑Uランナー。ホワイト、グレー、レッド、ダークブルーのイロプラランナーで、ブラストシルエット用パーツ。同じものが2枚あります。

↑V1、V2ランナー。グリーン成型色で、ブラストシルエット用の各部パーツです。

↑W1、W2ランナー、水転写デカール、ホイルシールです。W1はブルー成型色の顎パーツ。W2はクリアーピンク成型色のデファイアントビームジャベリン用ビーム刃です。

↑ポリキャップ(PC-130)です。

以上です。2009年4月のMGソードインパルスガンダム発売から約10年。プレバンからですが、ブラストインパルスガンダムが待望のキット化を果たしました。なぜかキット化されていなかったわけですが、追加されたブラストシルエットは現在のKPS構造によって完成度の高いユニットに仕上がっていると思います。ファンにとっては待ったかいがあったという感じ。

ガンプラの質が年々上がっているので、こういった補完キットの完成度も昔に比べて格段に違ってきています。MGザクウォーリア(ルナ機)なんかも良くできた作りになっていますね。MGとしてはザクウォーリア、ザクファントム系が今後プレバンで充実していくと思うので、それ以外のセイバー、カオス、ガイア、アビスなど、SEED DESTINY登場機がキット化されていくといいですね。

icon

⇒楽天でMG ブラストインパルスガンダムを探す
⇒駿河屋でMG ブラストインパルスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ブラストインパルスガンダムを探す

コメントを残す