MG ジム・コマンド(宇宙戦仕様) レビュー

今回は、MG 1/100 ジム・コマンド(宇宙戦仕様)のレビューをご紹介します!

MG 1/100ジム・コマンド(宇宙戦仕様)は、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する地球連邦軍の量産型MS『ジム・コマンド宇宙戦仕様』の1/100スケールモデルキットです。卓越した可動機構を搭載するMGジム・スナイパーⅡをベースに、宇宙戦仕様の形状を新規造形で再現。コロニーでの短時間の防御戦闘を想定した機体に合わせ、火力が強化された専用装備 ビーム・ガンも新規造形で再現されています。価格は3,780円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

赤と白のジムらしいカラーリングのジム・コマンド(宇宙戦仕様)です。MGジム・スナイパーⅡ(MGガンダムVer.2.0)をベースとした可動機構を搭載することで、柔軟なポージングが可能になっています。

モールドは比較的少なめながrまお、バックパックや頭部、胸部、前腕部、腰部、脚部などがジム・コマンド用に新規で造形され、MGジム・スナイパーⅡとは一味違うディテールが楽しめます。

ポリキャップは要所で使われているのみですが、関節強度は高く、自立もかなり安定しています。逆に関節が硬いくらいですが、破損することもなく安心して取り扱うことができます。

不死身の第4小隊(サウス・バニング(隊長)、アルファ・A・ベイト、ベルナルド・モンシア、チャップ・アデル)専用マーキングが入った水転写デカールが付属。お好みのキャラクターのジム・コマンドが再現可能です。

頭部。フェイスガードはグリーンのクリアーパーツで再現。やや細身の頭部形状ながらもジム・コマンドらしい特徴的なディテールになっています。額のバルカンマズルや側面の円形は別パーツで再現され色分けされていますが、頬のダクト内部は塗り分けが必要です。額のセンサーはクリアーパーツにグリーンのシールを貼るようになっています。

内部もレールやセンサーなど細かいモールドが入ったディテールになっています。モノアイはグリーンのシールによる色分けです。

バストアップ。エアインテークや肩部手前のダクトなどは別パーツで色分けされています。エアインテーク内部のグレーパーツは、一度はめ込むと抜きにくいので、塗装する場合ははめ込んでしまわないよう注意が必要かと。肩部ダクトは内側から押し出して外すことができます。

肩部には特徴的なアンテナを装備。肩の可動パーツにアンテナが付いています。

コックピットは開閉式。内部のパイロットは足元がチラッと見える程度です。コックピットハッチの形状はMGジム・スナイパーⅡと変わらず。かなり手前にあるので戦闘中は危険な感じがします^_^;

腹部、腰部、形状的にはMGジム・スナイパーⅡとほとんど変わらず。フロントアーマーと中央パーツの形状が少し変化している程度です。

各アーマーの裏には、別パーツで細かいモールドが再現されています。自作の必要も全くなし。

腕部。シンプルですが、前腕部には適度にモールドが入った新規パーツが採用されています。全て筒型なので合わせ目はありません。

ショルダーアーマーはMGジム・スナイパーⅡと全く同じです。側面のダクト3箇所は塗り分けが必要です。

脚部。ジムらしいシンプルな形状になっています。各部の外装パーツを被せていくタイプなので合わせ目はまったくありません。ふくらはぎはアポジモーターやスラスターなど、内部パーツが露出するように細かく再現されています。

足首から下の部分。MGジム・スナイパーⅡと全く同じですが、色が違うだけでも印象が異なります。裏面もモールドが多数あり、マイナスモールドなども別パーツで色分けされていてリアル。

バックパック。MGジム・コマンド用に新規で造形されました。宇宙用ジム・コマンドということで、各部にバーニアが増設され、機動性の高い仕様になっています。

バックパックはMGジム・スナイパーⅡとは少し違うはめ込み型。ですが背中のポリキャップは健在ですし、MGジム・スナイパーⅡのバックパックを取り付けることもできます。

上部4箇所のバーニアは内部に別パーツを埋め込むようになっていますが、抜けにくくなりそうだったので塗装を考慮してはめ込んでいません。

下部のスラスターも内部に別パーツを埋め込みますが、こちらも抜けにくくなりそうなのではめ込んでいません。

1/100バルバトスルプスレクス、MGジャスティスガンダムと比較してみました。他のシリーズキットとくらべて小柄です。

MGジム・スナイパーⅡと比較してみました。色や各部形状が違うので、全体的な印象も違って見えます。それぞれの良さがありますね。

頭部の可動はまずまず。首パーツが可動するので、顎引きはかなり広く可動してくれます。見上げる状態もそこそこしてくれますが、あまり上に上げると首が外れるので注意です。

水平程度に可動してくれますが、アンテナが顎に干渉するので注意が必要です。反対側は余裕で可動します。

上でを上げるのも、アンテナがショルダーアーマーと干渉するので左右同じというわけにはいきませんでした。ショルダーアーマーが柔軟なのでアンテナが折れる心配はないと思いますが、ポージングしていると少しヒヤッとするところです。

MGガンダムVer.2.0用の内部パーツを使用しているので、肩部を前方にかなり広く引き出すことが出来ます。後方へははあまり可動しません。

肘は二の腕につけることができるくらい柔軟に可動します。

ハンドパーツは親指のみ可動式で、4本指は組み換え式。破損の心配は減りますが、柔軟な表現としては物足りなさもあるところです。

腰は前後に柔軟に可動します。MGジム・スナイパーⅡではこの可動によって、寝そべった状態での射撃ポーズもできました。

360度回転可能。柔軟です。

付属のマウントパーツを使用して、アクションベースに固定します。

普通にマウントしておく分には問題ないですが、少し斜めにしたりすると落ちることもあります。マウントパーツの保持力はそれなりです。宇宙仕様のジム・コマンドということもあってか、浮いた状態のほうが様になっているような気もします。

前方への開脚は水平程度に。後方はリアアーマーが干渉するのでこの程度です。

膝はしっかりと可動します。ふくらはぎが太ももにつくくらい柔軟な可動域を持っています。

足首の可動はまずまず。ちなみに今回は画像を用意していませんが、同じフレームを使用しているMGキットと同じく、このジム・コマンドも足首内部にシリンダーとシャフトを内蔵しています。

3分割された足裏形状によって、曲線的な表現など、人間味のあるポージングが再現可能です。

左右への開脚は水平以上に。サイドアーマーもほとんど干渉すること無く可動させることができます。

足首の左右可動もまずまず。地上で踏ん張るポーズも力強くできますね。

股関節パーツと太もも外装パーツが干渉するため、内股、がに股はこの程度。他の可動箇所が柔軟なだけに、少しもったいない部分です。

立膝はキレイな姿勢で保てます。

シールド、ビーム・ガン、ブルパップ・マシンガン、ブルパップ・マシンガン用予備マガジン✕3、ビーム・サーベル刃✕2、平手マニピュレーター(左右)、武器保持用のマニピュレーター(左右)、武器保持用マニピュレーター(右)が付属します。

その他、MGガンダムVer.2.0やMGジム・スナイパーⅡ用のパーツが多数付属します。MGジム・スナイパーⅡのバックパックはある程度組み合わせることができ、MGジム・コマンド用のバーニアを取り付けると完全な形が再現できます。

ビーム・ガン。別パーツで適度に色分けされ、モールドも細かく入っています。

細かいパーツで構成されているので、合わせ目はほとんどわからないようになっています。

砲口は開口していません。

武器用マニピュレーターを使用して保持します。グリップの穴にマニピュレーターのダボを差し込むので安定して持たせることができます。

シールド。MGジム・スナイパーⅡのものとほとんど同じですが、裏面にバイポッド(スタンド)がなく、変わりにブルパップ・マシンガン用予備マガジンマウントパーツを取り付けるようになっています。

リアアーマーのビームサーベル柄マウント部を取り外してシールドにマウントすることもできます。

前腕裏のダボ穴に差し込んで固定します。ハンドパーツでグリップを持たせなくても、しっかりと固定されるので外れることはありません。

ビームサーベル柄は武器保持用マニピュレーターに組み替えて持たせます。ダボはないですが、そこそこ固定させるのでポロリすることなく保持してくれます。

ブルパップ・マシンガン。MGジム・スナイパーⅡに付属しているものと同じです。細かいモールドが入っていて、各部別パーツで組み合わせる形になっています。

合わせ目は段落ちモールドであまりわからないようになっています。手前のセンサーはグリーンのシールによる色分けで、後部マガジンは脱着可能。

以上です。MGジム・スナイパーⅡのようなメカメカしさや派手な武器はないですが、シンプルながらも雑魚キャラ感を感じさせない、深い魅力を感じるキットですね。相変わらず可動域が広く、関節強度が高いので、ブンドドやポージングもさせやすいです。

欠点としては、あまり激しいポージングをすると肩のアンテナが破損することもあるかもしれないので、少しだけ注意が必要かと。そこそこ強度があるので神経質になることはないですが、細いので一応注意しておいたほうがいいかもです。それと、ポージングしているときにバックパックのスラスターに手が当たると外れやすいです。それ以外は特に問題ないですね。

設定上ガンダムよりも高品質とのことですが、ガンプラでもその設定はしっかりと再現されていますし、バックパックやビームガンもよく再現されているので、ファンの方も安心して楽しめるキットになっていると思いました。

icon

⇒楽天でMG ジム・コマンド(宇宙戦仕様)を探す
⇒駿河屋でMG ジム・コマンド(宇宙戦仕様)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ジム・コマンド(宇宙戦仕様)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. ガンダム親父

    on 2017年11月20日 at 06:13 - 返信

    このキットが「プレバン」送りになった時は全国のGMスキー及び量産機マニアが悔し涙を流したであろうw、私もその一人ですが最近はほしいキットが軒並み「プレバン」行きになっていたので、いくら大人買い出来ると言ってもこずかいは有限ですから、さすがにバンダイさんもそこらへんを察したのか、このキットのバリエーション「コロニー仕様」は一般流通になりましたね、でもこのキットも欲しいのよね~いかにもマスプロ・モデルっぽい感じがたまらのだ。

    • nori

      on 2017年11月21日 at 02:57 - 返信

      コメントありがとうございます!
      最近特にプレバンから販売されるキットが多いですよね。
      内部事情はわかりませんけど、企業的にはプレバンのほうがなにかと都合が良いのかな?って感じです。
      ですが買う側からすると一般の方が安いですし、コロニー戦仕様が一般発売されるのも嬉しいところだと思います。
      テレビ放送がないのも売れ行きにも影響しているんでしょうけど、もう少しだけ買う側のことを考えていただけると嬉しいですね(^o^)
      (でも逆にプレバンのように期間限定にした方が売れるのかな?難しいところですね。)

コメントを残す