MG ジム・クゥエルのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 RGM-79Q ジム・クゥエルのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は市街地の瓦礫(がれき)の上で武装しているジムクゥエルの姿が掲載。ジムクゥエルの初出は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』ですが、登場したのは作品ラストのアルビオン配備シーンのみ。このパケ絵制作当時にこのようなシーンはおそらくないので、このイラストはイメージだと思います。(間違っていたらスイマセン;)

パッケージは昔のMGやRE/100などで見られる一般的なサイズです。このキットが発売された2000年前後はジム・カスタムや陸戦型ガンダム、イージーエイトなど、このサイズのキットが多く発売されています。

横絵もこの時期定番のフォーマット。この時期のMGには1/20サイズのフィギュアが1体付属しており、ジムクゥエルに同梱されているのはニナ・パープルトンフィギュアになります。

ジム・クゥエルとニナとのつながりはほぼ無いと思われますが、共に同作品に登場したってことで付属しているのかと。同時発売のジム・カスタムにバニング大尉が付属しているので、これに不死身の第4小隊3人のうちの一人がランダムで入ってたりすると面白かったですが・・・ないよなぁ。

開封。塗装見本の厚紙が入っています。成型色に比べて少し明るめに塗装してありますが、シャドウが入っていたりつや消しになっていたりでなかなかリアルな仕上がりに。思わず見本にしたくなりますね。

厚紙を取るとこんな感じ。パッケージにバランスよくランナーが入っています。

全部で5袋分のランナー。

説明書表紙はMG定番の3ラインデザイン。ティターンズエンブレムが目立ちます。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした、説明書はかなり高密度に記載されていて、ちょっとゴチャついた感じがありますね。パーツも各部に散らばっていて、多数のランナーを寄りつつカットするのでその分手間がかかります。組み間違いはないかもしれませんが、パーツがどこにあるのか探し当てるのがちょっと面倒なところもありますね。

ただ、構造自体は頭部、胴体、四肢、バックパックと基本的な部分しかないので、組み立てボリュームは少なめ。早い人なら2~3時間程度で組むことができそうです。

カラーガイドはティターンズカラーのダークブルーベース。おそらくこのガイドの通りに塗装すれば見本のようなカラーリングになるのだと思います。特にケチのつけようがないですし、腕があれば見本のようにシャドウを入れたりしたいですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ダークブルー成型色で、バックパックやソール部、手甲パーツなど。

↑Bランナー。ライトブルー成型色で、胴体部や脚部、バックパックなどの内部パーツ類。MGガンダムNT-1からの流用です。

↑Cランナー。ダークブルーグレー成型色で、ソール部やバックパックパーツなど。

↑Dランナー。ダークブルーグレー、レッド、イエロー、ダークブルーのイロプラランナーで、胴体部外装やバーニア、エアインテーク、ビーム・ライフルパーツなど。

↑E1ランナー。ライトブルー成型色で、関節や腕部、脚部パーツ、ジム・ライフル、シールドパーツなど。一部パーツが抜け落ちているので、後でご紹介します;

↑Fランナー。ダークブルー成型色で、頭部や脚部、シールドなどの各部パーツ。

↑Gランナー。ダークブルー成型色で、頭部や腕部、脚部外装パーツ類。

↑MP1、SB1、Y3、Hランナーに、E1の抜け落ちていたパーツ(E16)。MP1はライトブルー成型色のハンドパーツで、SB1はクリアーピンクのサーベル刃。Hはクリアー成型色のバイザーパーツで、Y3はベージュ成型色のニナ・パープルトンフィギュアです。ちなみにMGジム・カスタムに付属するサウス・バニングフィギュアのランナーナンバーはY2でした。

↑ポリキャップのJランナーとポリキャップ(PC-116)。

↑マーキングシール、ガンダムデカール、ホイルシールです。

以上です。今月(2019年9月)プレバンから発売(発送)されるMG1/100TR-1[ヘイズル2号機]にはジム・クゥエルに換装できる頭部パーツなどが付属していますが、頭部が全く同じ形状なのでちょっと心配;もしかするとこの旧ジム・クゥエルの頭部がそのまま付属しているなんてことも・・・?

ホームページのジム・クゥエルが保持しているジム・ライフルも流用っぽいので、あくまでオマケ的な仕様なんでしょう。なんか切ない気もしますが、ヘイズル2号機本体の構造を使用したジム・クゥエルなので、A.O.Z仕様として一味違うところも期待したいところです。そしてこの旧 MGジム・クゥエルも合わせて楽しめたり、違いを感じられたらいいですね。

icon

⇒楽天でMG ジム・クゥエルを探す
⇒駿河屋でMG ジム・クゥエルを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ジム・クゥエルを探す

コメントを残す