MG ガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はヒートショーテルを構えて仁王立ちするガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)の姿が掲載。おそらく塗装済みキットを使った合成ではなく完全書き下ろしのイラストかと。プレバンホームページのように、爆炎の火の粉が舞う戦場をかける勇ましい姿で掲載されていますが、できればフルカラーパッケージでみたいような迫力のある絵柄ですね。

パッケージサイズはMGVer.Kaの基本的なサイズと同じ大きさ。一般発売されたサンドロックEWは旧MG(現RE/100)と同じタイプのパッケージでしたが、こちらはアーマディロが付属していることでパッケージもボリューミーに。MGガンダムサンドロック改とは同じ大きさでした。

開封。

全部で12袋分のランナーです。

説明書はアーマディロ装備用の説明書とノーマル版のMGガンダムサンドロックEW用説明書が付属しています。ベースはノーマル版のサンドロックEWになりますが、ショルダーアーマーやバックパックの組み立てが少し違っているのと、シールドブースターなどの組み立てがあるのでその辺りをアーマディロ装備用の説明書で補われている形です。

まずはアーマディロ装備用の説明書をどうぞ。

以上、アーマディロ装備用の説明書でした。HGキットのような屏風折りタイプの説明書になりますが、近年の組み立てやすさを考えた構成になっているので組み立ては比較的容易。

続いてMGガンダムサンドロックEWの説明書を一通りどうぞ。

以上、MGガンダムサンドロックEWの説明書でした。サンドロック本体とアーマディロ装備をまとめて組み立てても、そこまで複雑な印象はありませんでした。ただ、サンドロックは部分的に多くのランナーからパーツを寄って組み立てていくので、パーツを探し回るのに少し時間がかかります。余剰パーツがあまり付属しないので、パーツの切り出しなどに無駄な時間がかからないのはいいですね。

カラーガイド。全体的に少しグレー系が混ざっていて、くすみのような落ち着きのあるカラーリングになっています。サンドロック自体はヒロイックさの強い配色になっていますが、このキットの成型色やカラーガイドは渋めでミリタリー感があっていいですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。しばらくMGガンダムサンドロックEWからの流用ランナーです。

↑Aランナー。ホワイト、イエロー、レッドのイロプラランナーで、頭部や胴体部、ショルダーアーマーパーツなど。

↑B1ランナー。ダークブルー成型色で、胴体部や前腕、ソール部パーツ、シールドパーツなど。

↑C1ランナー。ブルーグレー成型色で、胴体部やバックパックパーツです。

↑D1、D2ランナー。ホワイト成型色で、胴体部、腕部、脚部といった各部外装パーツ、パイロットフィギュアパーツなど。

↑E、Fランナー。Eはホワイト成型色で、頭部や肩部、腰部パーツなど。Fはイエロー成型色で、頭部、肩部、アンクルガード、シールドなど各部のパーツ。

↑G1、G2ランナー。グレー成型色で、肘や膝のマルイチモールドパーツ、ヒートショーテル、ビーム・マシンガンなど各部パーツ。

↑Hランナー。グレー成型色で、胴体部や脚部などの内部パーツ、ヒートショーテルのグリップパーツなど。ABS樹脂素材です。

↑XAランナー。グレー成型色で、腕部や腰部などの内部パーツ類。ABS樹脂素材です。

↑XBランナー。グレー成型色で、腕部や脚部の内部パーツ類。ABS樹脂素材で、同じものが2枚あります。

↑I、Jランナー。Iはクリアー成型色で、頭部やシールド用センサーパーツ。Jはヒートショーテル刃パーツで、シルバーとクリアーレッド成型色のものが付属しています。

↑M1ランナー。ダークグレー、グレー、ダークブルー、ホワイトのイロプラランナーで、アーマディロのシールドブースターや肩部増加装甲、バックパック、正面装甲など。ここからアーマディロ装備用の新規ランナーです。

↑M2、N1ランナー。M2はM1の一部と同じ。N1はイエロー成型色で、肩部増加装甲のワンポイント色分けパーツ。

↑N、O1、O2ランナー。Nはダークグレー成型色で、シールドブースター用パーツやバックパックパーツ。KPS素材です。O1はホワイト成型色、O2はダークブルー成型色で、ともに正面装甲パーツ。

↑Pランナー。ダークブルー成型色で、シールドブースター用パーツ。

↑ホイルシール、ポリキャップ(PC-205A)、水転写デカールです。

以上です。敗栄版のオリジナル武装を持つガンダム4機はこれで一通りキット化を果たしました。なので次はMGウイングゼロVer.Kaを元にしたドライツバーク装備仕様かもしくはトールギスのヒートランス装備仕様かも。

個人的にはトールギス・Fのキット化を期待したいですが、HGではヴァイエイト&メリクリウスなど、ガンダムWシリーズの登場機は割と優遇されているようなので、HGガンダムエピオンなどまだキット化されていないものもキット化につながるといいですね。

icon

⇒楽天でMG ガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)を探す
⇒駿河屋でMG ガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムサンドロックEW(アーマディロ装備)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

3 件のコメントがあります。

  1. 金色のMS

    on 2020年10月18日 at 00:56 - 返信

    ガンダム5機確認!

  2. まぁ

    on 2020年10月18日 at 13:09 - 返信

    アーマデュロ?アーマディロ?

    • nori

      on 2020年10月18日 at 13:40 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      アーマディロでしたね、記事を修正しておきます;

コメントを残す