MG キュベレイダムドのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 キュベレイダムドのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はハートマークや星マークなど、この『ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL’s World Challenge』シリーズ特有のおしゃれフォントデザインになっています。キュベレイダムド所有ダイバーの『ノズ』が女性キャラということもあって可愛らしさがありますね。ですがドクロも記載され、キャラの黒い部分も見え隠れするデザイン;『ガンプラの破壊が趣味』というのは・・・・^_^;

パッケージはかなりのビッグサイズ。MGやVer.Kaサイズのパッケージよりもさらに1/3くらい高さがあります。横絵はキュベレイダムドの写真が貼られたような愛嬌あるデザインに。

では開封。もう1、2枚くらいランナーが入りそうな余裕がありますが、パッケージがでかいのでランナーを見るだけでお腹いっぱいな気分になります;大きいパーツが多いのが救いかな?

全部で11袋分のランナー。かなり大量のパーツ数に見えますが、余剰パーツも結構多く、武装類は少ないので組み立て自体はそこまでハードではなかったです。まぁそれでも組み立てに3~4時間くらいはかかりました。

では説明書を見ていきます。説明書はキュベレイダムド用に新造されたものになります。上部がイラストで下部がキットとダイバー解説なのはHGBDの説明書と同じ。同シリーズのポリポッドボールストームブリンガーともだいたい同じです。パケ絵が可愛らしいフォントだったのに対して、こちらは悪魔っぽいフォントなのが印象的ですね。表裏があるというか^_^;

ノズはリアル世界だとアイドルグループの一員として活動しているということで、なかなかべっぴんさんなのかもしれません。最近は乃木坂やAKBといったアイドルもガンプラを作る方がいるみたいなので、女性人気も今以上に盛り上がっていくといいですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。2001年発売のキットがベースなので、組み立てにはどうしても古さを感じさせる部分がありますし、大味な組み合わせ部分もあります。ですが合わせ目はほぼ段落ちモールド化されたりしているので、見た目はそんなに不備を感じさせるところはないですね。今で言うRE/100とMGの中間くらいの印象。

カラーガイドはわずか4種。レッド箇所は大腿部の小さい丸モールドくらいなので、実質3種類のカラーリングになります。このままガイドに沿って塗装するのもありではありますが、より妖艶さを出すためにパール調にしたり、ピンクやパープルを加えて女性らしさを演出するのもありですね。ブラック(グレー)もメタリック調にするなど、シンプルなガイドなだけに、ワンランク上の塗装を目指してもいいと思います。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。メタリックグレーとブラックのイロプラランナーです。腹部、胸部周りのパーツ類。MGキュベレイからの流用ですが、下部のま可動式マニピュレーターが省かれています。以下、しばらくMGキュベレイからの流用です。

↑Bランナー。ホワイトの各部外装パーツ類。

↑Cランナー。ホワイトのショルダーバインダーや腕部脚部外装パーツなど。同じものが2枚あります。

↑Dランナー。ホワイトの脚部、腰部パーツ類。

↑Eランナー。メタリックグレーの腰、脚内部パーツ類。

↑Fランナー。メタリックグレーのショルダーバインダー、脚部、胸部などの内部(裏打ち)パーツ類。

↑Gランナー。グレーの脚部、ファンネルポッド、胸部パーツなど。

↑Hランナー。グレーの腕部、肩部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑J1、J2ランナー。J1はグレー、J2はレッドで共に腕部や脚部の部分的なパーツになります。

↑K、Oランナー。ここからキュベレイダムド用の新規ランナーになります。Kはグレーのポリキャップタイプ。Oは腕部、脚部などの外装パーツ類。同じものが2枚あります。

↑Pランナー。ホワイトの頭部、腰部パーツ類。

↑Q1ランナー。メタリックグレーの巨大マニピュレーターパーツ、腹部、脚部パーツなど。

↑Q2、Rランナー。Q2はQ1の一部と同じで、Rはグレーの腕部、かかとパーツなど。Rは2枚あります。

↑ポリキャップ(PC-121)、クリアーピンクのSB1サーベル刃、水転写デカール、ホイルシールです。

以上です。キュベレイはオオゴシトモエさんがフジの番組『プラモつくろう』(※リンクはYouTubeに飛びます。)でマニキュアを使い、鮮やかな発色を再現していたのが印象的ですが、女性はネイルアートなど身近にガンプラ(塗装、製作)と精通する部分もあるので、逆に男性にはない、深い質感と違った表現が生まれる可能性も高いかもですね。

そのキュベレイがベースになっているキュベレイダムド。素組み状態だと通常のキュベレイとあまり変わらなそうなところもありますが、新規パーツのモールドが特徴的なキットなので、デカールやスミ入れをするとグッと引き締まった感じになって良さそうです。妖艶で悪魔的な印象の強いので、宇宙世紀シリーズにはない違った良さが楽しめるのではないでしょうか。

icon
⇒楽天でMG キュベレイダムドを探す
⇒駿河屋でMG キュベレイダムドを探す
⇒ヤフーショッピングでMG キュベレイダムドを探す

コメントを残す