ハイレゾリューションモデル ガンダムアストレイ ノワールのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、ハイレゾリューションモデル 1/100 ガンダムアストレイ ノワールのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はソードピストルを構えるアストレイノワールのハイレゾキット画像が掲載。イラストではなく実物の写真合成になりますが、背景のバッテンは日本刀で切り欠きしたみたいでいいですね。ピストルや日本刀、忍者のような出で立ちはまさに外国で受けそうなスタイルです。

パッケージサイズはMGのVer.Kaなどよりも薄型。ハイレゾのウイングゼロ EWやウイングガンダムEWと同じ大きさで、ハイレゾのレッドフレームよりも1.5cm程度厚みがあります。

裏面にはアストレイノワールのギミックや各部特殊加工の情報がぎっしり。掲載写真では割とノワールストライカーを強調したものになっていますが、実際のキットのアストレイノワールを見るとやっぱり肉太の本体部に目が行きます。個人的にはこの肉厚なフレーム構造が好きなのでこのキットも好みです。

開封。内部フレームは別パッケージになっていますが、その他は一般的なガンプラと同じランナー包装になります。

全部で11袋分のランナー&内部フレームです。

説明書はA5サイズくらいの小型。ハイレゾすべて同じですが小判サイズのものになっています。表紙はアストレイノワールに加え、特殊な武装のソードピストルについても記載されてますね。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てはハイレゾおなじみの、内部フレームに各部外装を取り付けていくタイプです。外装はほぼアンダーゲート仕様なので、カットし忘れてパーツが浮き気味になるのは避けたいですね。特別小難しいところも小さいパーツがあるわけでもないので、組み立て自体はラクです。ハイレゾは素組みを楽しむキットだからか、カラーガイドなどはありません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。艶ありのブラック、レッド、ライトグレー、クリアーのイロプラランナー。頭部や胸部、肩部、脚部などの各部パーツ。以下、しばらくハイレゾレッドフレームからの流用です。

↑B、Cランナー。共につや消しブラックの成型色で、肩部や脚部、胴体部などのパーツ類。Cは同じものが2枚あります。

↑Dランナー。腰や脚部、頭部などのパーツ。艶ありのダークグレーで、シボ加工などもあるパーツです。

↑E、Fランナー。Eは艶ありのダークグレー成型色で、腕部や脚部パーツ。Fランナーはライトグレー成型色で、腕部や脚部パーツ。E、F共に2枚あります。

↑G、Hランナー。Gはパープルグレー成型色で、ハンドパーツなど。Hはレッド成型色で、手甲パーツ。

↑I1、I2ランナー。I1はレッド、クリアーピンク、ブラック、ライトグレーのイロプラランナーで、頭部や胴体部、ノワールストライカーパーツなど。I2はシルバーメッキで、ソードピストルの日本刀部分。菊一文字と虎徹です。以下、ノワールストライカー用の新規ランナーです。

↑J1、J2ランナー。J1はライトグレー成型色、J2は艶ありのブラック成型色で、共にノワールストライカー用パーツ。

↑K1ランナー。つや消しのブラック成型色で、ノワールストライカーやソードピストルパーツ。

↑KK2ランナー。ライトグレー成型色で、ノワールストライカー用パーツ。

↑マーキングシール。

↑内部フレームです。グレーベースで、部分的につや消しレッドの配色。関節がゴリゴリ動くので、動かしていても気持ちいいです(笑)ただ、ある程度強度はありますが、動くと思って無理やり曲げたりすると破損することもありそうなので注意です。

以上です。レッドフレームに続いてのアストレイノワールですが、内部フレームの完成度が究極くらいの質の高さがあるので、ノワールも安心して楽しむことができます。ただ、問題なのはやっぱり価格ですよね。

今後ゴールドフレームやブルーフレームももちろんキット化されるんでしょうけど、連発されるのは勘弁。金銭的に「ちょっと待て・・・・」と言いたくなりますね^_^; せめてボーナス月とか、財布があまり痛くないところでの発表、発売を切に願う(笑)

⇒楽天でハイレゾリューションモデル ガンダムアストレイ ノワールを探す
⇒駿河屋でハイレゾリューションモデル ガンダムアストレイ ノワールを探す
⇒ヤフーショッピングでハイレゾリューションモデル ガンダムアストレイ ノワールを探す

コメントを残す