HGUC ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFTのレビューです。

こんにちは!今回は、HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFTのレビューをご紹介します!

img017

HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFTはお台場にあるダイバーシティ東京の7階『ガンダムフロント東京』で発売されている限定商品です。

名称にある『Ver.GFT』とはガンダムフロント東京のオリジナル商品であることを意味します。

HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクスは、このデストロイモードは発売中ですが、2015年10月現在、ユニコーンモードは発売されていません。

まずは素組みのHGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)をご紹介しますので、パッケージやランナー、説明書のレビューをご覧になりたい場合は下記のリンクをクリックして下さい。

⇒HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)パッケージやランナー、説明書のレビュー

ではHGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)素組みのレビューです。

DSC_0069

外装のアーマー類はゴールドカラー、サイコフレームはブルークリアカラーです。

DSC_0037

ユニコーンガンダム3号機フェネクスはガンダムフロント東京内にあるドーム型ムービーシアター『DOME-G』のみで登場する機体です。

DSC_0123 DSC_0127

ブレードアンテナがフェネクスバージョンになっています。それ以外の形はユニコーンガンダムとほぼ同じです。

DSC_0126 DSC_0129

側面は左右対称です。

DSC_0124

ユニコーンガンダム、バンシィ、フェネクスとすでに定番となった容姿ですが、機体のバランスが取れていて高い完成度を誇っています。

DSC_0131 DSC_0132

首の上下はあまり可動域が広くありません。ブレードアンテナは、安全のため厚みをつけてあります。

DSC_0133 DSC_0134

左右には180度回転します。広い可動域ですね。肩についているセンサー部分が、シールで色を再現しているのは少し残念です。

DSC_0135

腕はほぼ水平に広げることが出来ます。ショルダーアーマーとビームサーベル格納部分がやや干渉します。

DSC_0136

腕が真上に上がります。ここもブレードアンテナが若干干渉します。

DSC_0137

肘は90度よりもやや広い可動域です。もう少し動けば嬉しいんですが・・・

DSC_0138

腰は180度(うまくすれば360度)回転します。腰の可動域は全く問題ありません。いろいろな表現、ポージングが可能です。

DSC_0142 DSC_0143

脚部は、前方への可動は水平程度に可動します。フロントアーマーの可動域が広いです。後方へはリアアーマーが展開しないため、画像程度しか稼働しません。

DSC_0144 DSC_0145 DSC_0146

膝の可動は90度程度です。

DSC_0147 DSC_0148

くるぶしの可動は後方にはそれなりに稼働しますが、前方への可動はほぼ無いに等しいです。

DSC_0150

アームドアーマーDEが2つ付属します。背中にジョイントさせるパーツ(画像右)がついています。

DSC_0151

バックパックの中央にアームドアーマーDEジョイントパーツを取り付けます。

DSC_0152

ジョイントパーツの左右にアームドアーマーDEを取り付けます。アームドアーマーDEは、シールドとして装備できるようにはなっていません。(説明書を見る限り、腕部に取り付けることができない使用になっていますが、PCパーツを取り付けることでシールド状態も可能かもしれません。)

ビームライフルを持たせるなどして重心を前にかけないと、背中のアームドアーマーDEの重さで後ろに倒れそうになります。注意しましょう。

DSC_0153

ビームマグナムはマガジンが一体型になっています。別に予備のマガジンがついています。

DSC_0154

ただし、予備のマガジンは裏側が空洞になっています。

DSC_0155

リアアーマーへの取り付け専用のマガジンになっています。

DSC_0156 DSC_0157

シールドはデストロイモードなので展開状態のシールドです。ユニコーンモードのように閉じることはできません。画像に写っているアタッチメントで腕部に取り付けが可能です。

DSC_0049

DSC_0139

フェネクスはアクションベース2に設置が可能です。

DSC_0140

DSC_0141

アクションベース2に設置の際は、アクションベース2に付属のアタッチメント(画像上)を使って、フェネクスの股部(画像下)に挿し込みます。

予備パーツとして、ブレードアンテナとアームドアーマーDE接続パーツが余っています。

では適当に何枚かシャッターしたのでご覧ください。

DSC_0037 DSC_0040

DSC_0042

DSC_0043 DSC_0046  DSC_0053 DSC_0056 DSC_0058 DSC_0062

DSC_0063 DSC_0064

DSC_0073 DSC_0075 DSC_0077 DSC_0079 DSC_0081 DSC_0086 DSC_0088 DSC_0092 DSC_0095 DSC_0098 DSC_0099 DSC_0102 DSC_0105 DSC_0107 DSC_0108 DSC_0111 DSC_0112 DSC_0116 DSC_0120

以上、素組みのレビューでした。

最後に、変形を考慮しないで良かったからか、スタイルや全体のバランスは申し分ないですね。MGのユニコーンガンダムのように足長でもないですし。関節部分もポリキャップでしっかりとしているので、強度もあり、武器の保持やポージングの保持が容易にできます。かっこいいですね。

パーツのポロリも殆ど無く、安心してポージングすることが出来ました。あえて言えば、くるぶし下にある、脚の左右両方についているパーツはやや取れやすいですね。あと、ビームマグナムの持ち手とマグナム横にある予備の持ち手もやや取れやすいです。

それ以外はかっちりと組めるようになっているので、ポージングが楽しめますね。塗装の時に一旦ばらすのが少し大変ではありますが^^;

カラーリングがゴールドとブルークリアなのはとても色的にあっていると思います。実際には写真よりも実物の方がゴールド感は強いです。

要望になりますが、もしRG(リアルグレード)が出るとしたら、この1/144サイズで完全変形でお願いしたいです。

 

HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFTのパッケージ・ランナー・説明書のレビュー

さてここからは、HGUC1/144ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)Ver.GFTのパッケージ、ランナー、説明書のレビューです。

まずはパッケージから。

DSC_0019

パッケージはガンダムフロント東京のドーム型ムービーシアター『DOME-G』での映像のような、地球圏周辺でのデザインです。

DSC_0020

フェネクスの詳細について記載されています。ユニコーンガンダムが一角獣、バンシィがライオン(鹿に見えますが・・・)、フェネクスは不死鳥です。

DSC_0021

反対側はガンダムフロント東京の詳細が記載されています。ガンダムファンにはたまらない、憩いの場所です。

では開けてみましょう。

DSC_0022

箱いっぱいにランナーが入っています。

DSC_0023

箱の底に説明書、説明書の上に、ランナーが入ったパックが4つ入っています。

DSC_0024

説明書トップには、塗装済みのフェネクスが掲載されています。カラーガイドはトップに記載されています。

DSC_0025

裏面はガンプラカテゴリー紹介です。機動戦士ガンダムUCに登場した機体が紹介されています。

DSC_0026

説明書の内側は白黒、外側はカラーになっています。

ここからランナー紹介です。

DSC_0027

↑Aランナーです。関節部、シールドなどのグレーパーツと、バックパックや脚部、メインカメラなどのカラーパーツが組み合わさっています。

DSC_0028

↑Bランナーです。胴体、脚部などの外装パーツ、シールドパーツです。

DSC_0029 DSC_0030

少しひけや裏の穴が見えるのが残念です。ゴールドの材質を使っているので致し方無いといったところでしょうか。

DSC_0031

↑Cランナーです。Cランナーは2つあります。脚部、腕部などの外装パーツ、シールドなどのパーツです。

DSC_0032

↑Dランナーです。脚部の底のパーツやバーニア、ビームマグナムなどのパーツです。

DSC_0033

↑Eランナーです。脚部、ショルダーアーマーなどのサイコフレームのパーツです。

DSC_0035

↑Fランナーです。Fランナーも2つあります。アームドアーマーDE、ブレードアンテナのパーツです。

DSC_0036

ポリキャップとシールです。素組みレビューでもお伝えしましたが、肩のセンサー部分はデカールでゴールドカラーを再現するようになっています。

以上、パッケージ、ランナー、説明書のレビューでした。

細いパーツが多いため、ややちまちました作業が必要になります。パーツをなくさないように注意が必要です。

組む分量としては、小さいお子様が作るにはやや難しいかと思いますが、中学生以上や大人がつくるにはちょうどよいパーツ数だと思います。

なかなか組み応えもありますし、MGやPGのユニコーンガンダムとはまた一味違った、HGならではの構造が楽しめるので新鮮です。

関節部分もしっかりとしているので、組んだ後に持って遊ぶにも重宝しそうな一品です。

⇒楽天でHGUCフェネクスを探す
⇒駿河屋でHGUCフェネクスを探す


Comments are closed