HGUC リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はリック・ディアス(クワトロ機)の上半身アップ画像と、コロニー外辺の新造フレーム付近を飛行中のリック・ディアス隊が掲載されています。背景は劇中のどのシーンかは確認ができませんでした。前々回レビューしたHGドレッドノートガンダムもそうですが、バンダイのロゴが赤から青に変わって『バンダイスピリッツ』のロゴになっています。

パッケージは一般的なHGよりも横幅と高さが1cm程度大きめ。このサイズもガンプラとしてはよくあるサイズです。だいたい外装パーツの大きめなキットで採用されてますね。

横絵は画像もギミック解説もかなり少なめ。説明書に記載されている画像がそのままトリミングされて掲載されています。デザインも昔のHGUCキットデザインでレトロ感が感じられます。

開封。昔のキットなのにかなりきれいな状態でした。再販品で、ごく最近の製造品かと。パッケージやランナーからは、いつ再販・製造されたのか確認することはできないようでした。

全部で3袋分のランナー。劣化した様子が全く見られないのがいいですね。古いキットは定期的に回収されたりしているのかな?

説明書は塗装済みのリック・ディアス全身が掲載されたものです。マーキングもないのでかなり素朴;バンダイのロゴはこちらは赤いままですね。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立ては基本的に大味で、白黒4ページに集約されています。カラー面にはキット詳細のほか、パケ絵背景と同じコロニー外辺を飛行するリック・ディアス偵察部隊のイラストや、カトキハジメ氏によるデザインワークスも掲載されていて見応えあり。

ちなみにガンダムで採用されているコロニーは、1974年にジェラルド・オニール(物理学者)により提案されたシリンダー型コロニーのデザインが採用されています。そして機動戦士ガンダムUCに登場した首相官邸ラプラスは『スタンフォード・トーラス』というドーナツ型のデザインになっています。

カラーガイドは赤をメインとした配色で、シャア(クワトロ)専用機としてはそれほど珍しくもない感じです。ザクなどと比べると少し明るめ。アポリーやロベルト機のような量産機カラーもありますが、リック・ディアスにはやっぱり赤が似合いますね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ブルーグレー、ダークグレー、クリアーグリーンのイロプラランナーで、胴体部や武装類パーツなど。

↑B1、B2ランナー。レッド成型色で、頭部、胴体部、腕部、脚部などリック・ディアス全体の外装パーツ類。

↑Cランナー。ダークブラウン成型色で、胴体部や脚部、バインダーパーツなど。

↑Dランナー、ポリキャップ(PC-111)。Dはブルーグレー成型色で、腕部やソール部パーツなど。同じものが2枚あります。

以上です。1stから7年後に放送が開始された機動戦士Zガンダム。シリーズの中でも人気な作品ですが、このリックディアスはシリーズのメカニックに力が入れられていたことがよく分かる優秀なデザインになっていると思います。

個人的にも大好きですし、小さい頃はガチャガチャの安っすいやつを入手して楽しんでいました。友達に『くれ!』と言われてリック・ディアスを手放したときはどんなに後悔したことか・・・(笑)

リメイクしてもらえると嬉しいですが、とりあえずまだ現役でもいけそうですし、何年経っても色褪せない感じもあるので、まずはこのキットを十二分に楽しむのがいいですね。

⇒楽天でHGUC リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)を探す
⇒駿河屋でHGUC リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)を探す

コメントを残す