HGUC ムーンガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ムーンガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は月を背景に両手を翳すムーンガンダムの姿が掲載されています。作品を読んでいないのでストーリーはわからないですが、月形のサイコプレートなどはガンダムとしては特徴的なスタイルになっていると思います。ぜひアニメ化してもらいたいストーリーの一つです。

一般的なHGに比べてサイズの大きいパッケージになっています。縦横が1cm程度、高さが3cm程度大きめですが、プレバンではよくあるパッケージサイズ。今週発売の商品でいうと、HGUCジョニー・ライデン専用ゲルググと同じサイズでした。サイコプレートが大きめの装備ですし、アクションベース5も付属しているのでこのサイズなのはまぁ納得かと。

横絵はだいたいバンダイのホームページと同じ内容が記載されています。気になる方は既に確認済みの内容かもですね。反対側はムーンガンダムの詳細で、説明書と同じ内容が記載されています。ビーム・トマホークを振りかざす姿にはかっこよさを感じます。それにしても、ガンダムにビーム・トマホークが装備された機体って他にあったっけ・・・?

では開封。新規造形で新規フォーマットのキットですが、フレッシュな大判ランナーではなく小さいランナーが大量に入っています。バルギルを含め、バリエ機が展開される予感がします;

全部で7袋分のランナーです。

では説明書を見ていきます。説明書の表紙は塗装済みキットが掲載されたいつものHGUCデザインです。上部英字名称の左側はオレンジの四角が掲載されています。オレンジはガンダムZZ等のキットに使われて(分類されて)いますが、ムーンガンダムは新ストーリーということでオレンジに色分けされているようです。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。最新フォーマットということで、HGとしてはかなり凝った構造になっていると思います。腕部や脚部は内部フレームが造形されていて、鉄血のオルフェンズのフレームに外装を被せるタイプをうまく応用したような形。ある程度肉太感があるキットなら、今後この構造を応用したキットも開発されるかもですね。

カラーガイドは基本的な色を使ったシンプルな調色です。ですが白が2色なのと青に少しパープルが混じったりしているので、その点だけ色味に注意が必要です。サイコプレートの赤い面のガイドはないので、そのあたりは個人のアレンジ力が試されるところかも。ガイドに記載されているモンザレッドでもいいですけど面白みはないですよね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトの外装パーツやサイコプレートパーツなど。

↑A2ランナー。ホワイトでA1の一部と同じです。

↑Bランナー。少しグレーがかったホワイトのランナーです。各部外装パーツ類。

↑C1、C2ランナー。ブルーの外装パーツ類。

↑Dランナー。グレーの内部パーツや武装、ハンドパーツなど。

↑Eランナー。グレーの内部パーツやアームパーツなど。同じものが2枚あります。

↑F1、F2、G1、G2、Hランナー。小さいランナーばかりなので1画像にまとめてみました。F1がクリアーピンクのビーム刃。F2がレッドの腹部や頭部パーツ類。G1がホワイトの外装パーツ類。ブラックライトに当てると少しだけ光るようです。G2はイエローの胸部や肩部パーツ。Hはグリーンとクリアーのツインアイ、センサーパーツです。

↑I1、I2ランナー。共にクリアーレッドのサイコプレート用パーツです。

↑ACB-BA、ACB-5ランナー。共にクリアーブラックのアクションベース5パーツになります。

以上です。主役機なので注目度は高めだと思いますが、映像での活躍がないぶん少し人気が弱いのかなという印象があります。キットが特徴的な造形なのも好き嫌いが出そうですけど、映像化されるとそのあたりは気にならなくなるのかなぁと。

この厚みのある外装にしてはかなり幅広い可動域を持っていますし、全体的にも完成度の高い優れたキットだと思います。ただ、このHGがいいだけに、他のグレードの開発を考えると少し気になる箇所も出てきます。

MGにすればサイコプレートの重量をどうサポートするのか、RGにするとしたらコレを更に小刻みにパーツ分けしていくのかなどなど。まぁ一個人が想像して悩んでも仕方のないことではありますが、他グレードにするにしても、落ち度のない良いキットに仕上がるといいですね。結局HGしかキット化されなかったりして・・・。

⇒楽天でHGUC ムーンガンダムを探す
⇒駿河屋でHGUC ムーンガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ムーンガンダムを探す

コメントを残す