HGUC ムーンガンダム レビュー

今回は、HGUC 1/144 ムーンガンダムのレビューをご紹介します!

HGUC ムーンガンダムは、ガンダムエースに掲載の『機動戦士MOONガンダム』に登場する主役機『ムーンガンダム』の1/144スケールモデルキットです。バックパックのアームを展開することで月形に見立てたサイコプレートが装備可能な他、ビーム・トマホーク、ビーム・ライフル、バタフライ・エッジといった武装が付属。サザビーにつながる機体として、各部にサザビーを思わせる造形が再現されたキットになっています。価格は3,240円(税込み)。

HGUC ムーンガンダム。完全新規の造形と最新フォーマットで構成されています。各部がサザビーのような造形になっていて、合わせ目がなくモールド類も多め。情報量が多く、こだわりを感じるディテールを持ったキットになっています。

配色はガンダム特有のトリコロールカラー成型色が使用されていますが、白い部分は通常のホワイトと少しグレーがかったホワイトの2色の成型色で構成されています。背中の月型サイコプレートは内側がクリアーレッド、外側はホワイトのパーツ構成です。シールも付属せず、組み立てるだけで色分けができるようになっています。

ポリキャップを使用しないキットですが、各部の関節強度は高め。ただしポージングを繰り返すとヘタれてくる可能性もありそうです。背中に大型のサイコプレートを背負っていますが、多少後方に負荷はかかりますが自立は可能です。

サイコプレートはバックパックから伸びるアームで接続されています。アームはサイコプレートの重量に耐えさせるためか可動しないパーツになっていますが、各部が可動するアームも用意されています。可動しないアームは内側に肉抜き穴があります。(画像の上が可動式アーム)

サイコプレートのマウント部にはミゾがはいっていて、アームダボの部分とかみ合わせることでサイコプレートがしっかりと固定できるようになっています。

ではサイコプレートを外した状態で各部を見ていきます。まずは全身から。

頭部。少し丸型の造形になっています。各部のモールドは多め。とさか前後のセンサーやツインアイもパーツによる色分けです。目が奥ばっていて堀が深めの造形。頭部側面のラインモールドはグリーンに塗り分ける必要があります。

アンテナは前後で4本ありますが、全て安全加工がされています。内部のツインアイパーツはグリーンとクリアーでチョイスが可能です。

胸部。各部がパーツによって色分けされていますが、エアインテーク内部は塗り分けが必要です。

首周りは動力パイプが造形されています。首パーツは2箇所で曲がるようになっているので可動に柔軟性があります。

腹部、腰部。腹部の赤い動力パイプがかなり特徴的。パーツによって細かく造形されています。腰部フロントアーマーやリアアーマーはサザビーに似た形状になっています。中央下部のダクトやリアアーマーのモールドなど、各部が別パーツ(裏打ちパーツ)で色分けされています。

フロントアーマー裏面は肉抜きですがモールドがはいっています。

サイドアーマーとリアアーマーにはスリット入りの裏打ちパーツが追加されています。

腕部。二の腕は筒型で前腕は複数パーツによる組み合わせて合わせ目のない構造になっています。前腕にはバタフライ・エッジを装備。

バタフライエッジを外すと空間ができますが、内部にはマウントダボがあってサイコプレートマウントパーツなどが取付可能になっています。バタフライ・エッジも前後2箇所が可動するようになっています。

腕部は内部フレームが造形されています。

ショルダーアーマーはサザビーに似た造形が再現されています。複数パーツの組み合わせで合わせ目はモールド化されています。側面のダクトもグレーとイエローのパーツで色分けされていますが、ダクト中央は塗り分けが必要です。側面のアーマーは可動式。

脚部。モールドが多く特徴的ながらも、どことなくサザビーの印象も感じさせる造形になっています。アンクルガード付近の山形ラインモールドは赤く塗り分ける必要があります。

脚部も内部フレームが造形されていて、複数の外装パーツを被せていくMGのような構造になっているので合わせ目はありません。

後部のアーマーは展開可能で、内側にはタンクのような造形がされています。

側面のアーマーも少し展開可能。内側はフィンのような造形になっています。バーニアも別パーツで色分けされています。

足首から下の部分。複数パーツの組み合わせで合わせ目が出ない構造になっています。マウント部がボールジョイントではないため、つま先の角度を変えることはできません。前後左右に可動するのみです。足裏に肉抜き穴はなく、モールドの入った裏打ちパーツになっています。

バックパック。アームを含めると、サザビーのバックパックを思わせる造形になっています。アームもファンネルコンテナっぽいスタイルで、下部のバーニアは別パーツのシンプルな造形になっています。

バックパック中央にはビーム・トマホークの柄がマウントされ、脱着可能になっています。アームもフレキシブルに可動します。

バックパックは3箇所のダボによる接続ですが、それほどきつくもゆるくもない取り付けになっています。

サイコプレート。複数のサイコプレートの集合体で月の形が構成されています。クリアーパーツ側は内部が透けて見えるようになっています。

上下は対象の形になっていて、小さいダボ2箇所で接続するようになっています。

その他の部分は画像のようなダボパーツを差し込んでずらすことで固定するタイプになっています。ダボを差し込んで奥まで差し込むと、カチッと固定されます。固定強度はまずまずありますが、使用頻度によってはふらついたり外れたりすることもありそうです。

全てのサイコプレートにはダボがあり、それぞれ収納可能です。ファンネルっぽく使うこともできそうですし、連結させて自由な形態を再現することもできそうです。

サイコプレート。裏面がクリアーレッドパーツで表面がホワイトパーツの組み合わせになっていて、側面にはダボパーツが収納されていたり、マウント部が開口していたりします。

サイコプレート中央の接続部には表裏にマウント用の穴が空いていて、展開するダボは小さいものが2箇所のみです。

サイコプレートは形状が違っているので、並びはわかりやすいかと思います。

画像では少しわかりにくいかもですが、サイコプレートは形状が対称なので、赤い面同士を組み合わせることができます。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと。サザビーにつながる機体ということもあり、少し大きめのキットになっています。

頭部の可動は、首が2箇所で可動しますが、上下の可動幅はまずまず。適度に顎引きや見上げるポーズが可能です。左右へは問題なくラクに可動します。

腕は最新フォーマットによって肩が引き出せるので、上までしっかりと上げることができます。ショルダーアーマーが干渉することもなさそうです。肘も外装パーツなりに深めに折り曲げることができます。肩はそこまで広くはないですが、ボールジョイントや前側に引き出せる構造によって広めにスイング可能です。

上半身は腰のボールジョイントによって適度に前後スイングします。

腰も360度回転可能です。アクションベースへのディスプレイは付属の専用マウントパーツを使って行います。通常のアクションベース用3.0mmダボマウントパーツに差し込むタイプなので、激しいポージングをしてダボを折ってしまわないよう注意が必要です。

フロントアーマー、リアアーマー共に展開するので、前後開脚は前後とも水平にまで上げることができます。肉厚な外装の割に、膝もしっかりと折り曲げることができます。膝がスライド展開するようになっています。

足首も広めに前後可動します。左右への可動もまずまず広め。

左右への開脚は水平程度にまで展開します。サイドアーマーは回転しないので避けることはできません。これ以上脚をあげようとすると、サイドアーマーが干渉して外れてしまいます。 内股、ガニ股も申し分なし。付け根部分が回転可動します。

立膝はそれほどきれいな形にはなりませんが、まずまずな姿勢になります。全体的に可動域は優秀なキットだと思います。

ビーム・ライフル、バックパック用アーム、サイコプレートマウントパーツ☓2、平手ハンドパーツ(左右)、武器用ハンドパーツ(右)、アクションベース用マウントパーツ、サイコプレート用マウントパーツ、ビーム・トマホーク用ビーム刃、バタフライ・エッジ用ビーム刃☓4、クリアーツインアイパーツ、アクションベース5用パーツ各種が付属。

その他、サイコプレートのマウント部パーツ☓2とアクションベース5用パーツが余剰で付属します。

クリアーブラックのアクションベース5が付属します。アクションベース5の詳細についてはレビューをご覧ください。⇒アクションベース5 レビュー

ビーム・ライフル。モナカ割ですが合わせ目は段落ちモールド化されているので消す必要がありません。サザビーのビーム・ライフルに似たデザインになっていて、モールドも適度に入っています。

ビーム・ライフルは武器用ハンドパーツで保持させます。ダボ接続ではないですが、ハンドパーツの強度が高いので保持はしっかりとしています。

付属のマウントパーツを使うことで、サイコプレートを単体でアクションベースにディスプレイすることができます。

ビーム・トマホーク。ビーム刃もしっかりと固定され、取り扱い安い武器になっています。

グリップが太めなので、ビーム・トマホークはしっかりと保持させることができます。

バタフライ・エッジを外して前腕にマウントパーツを取り付けることで、サイコプレートをシールドとして装備可能です。

バタフライ・エッジにビーム刃を装着して攻撃的に。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。デザインもいいですし、キットの作りもMGとHGの中間のような質の高い構造になっているので、HGのガンプラとしてはかなり高品質なものになっていると思います。サイコプレートも扱いやすいですし、その他の武装も面白さがあっていいですね。

ポージングさせてもとてもかっこいいですが、心配なのは、ヘタレにどれくらい耐えられるかというところでしょうか。ポリキャップを使用しない構造なため、頻繁にポージングさせていると多少ヘタれてくることもありそうです。

特徴的なキットではありますが、最新フォーマットですし完全新規造形で、バンダイのちからの入れようが感じられるものになっていると思います。ランナーがかなり細かく分割されているので、またこれを元にした派生機も登場すると嬉しいですね。

⇒楽天でHGUC ムーンガンダムを探す
⇒駿河屋でHGUC ムーンガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ムーンガンダムを探す

コメントを残す