HGUC ブルーディスティニー3号機“EXAM“のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はビーム・ライフル射撃体勢のブルーディスティニー3号機が掲載。宇宙で対峙する2号機も合わせて掲載されています。このブルーディスティニーシリーズキットはプレバンのイフリート改以外どれもオーラを纏ったようなデザインになってますね。これがEXAMシステムの力なのでしょうか。

箱のサイズは一般的なHGと全く同じサイズ。積んでも凸凹しないのでキレイに積めそうです。

横絵はブルーディスティニーの簡単なストーリー解説や機体解説、反対側はギミックやアクション、ウェポン解説などです。

では開封。それなりには入ってますね。画像ではもう1枚くらいランナーが入りそうに見えますけど、意外とギリギリな感じです。

全部で4袋分のランナー。

ガンダムベース東京のチラシ入りです。同日発売のMGディープストライカーにも入っていましたし、また新刷り新デザインのものを同梱しているようですね。ショップゾーンの品揃えは半端なさそうですし、ぜひ行ってみたいという気分にさせてくれます。(自分みたいな地方民はなかなか行く機会がないので想像を膨らませます;)

では説明書です。説明書はUCキットおなじみの塗装済みキット画像が掲載。

1号機2号機のパッケージレビューでもご紹介しましたが、説明書には、英語表記の形式ナンバーとキット名の横に正方形の色付きマークが掲載されています。(パッケージにも掲載されています。)これは各シリーズによって色分けされていて、色分けの意味は以下の通りです。

黄色:ファースト、MS Igloo、08小隊、サイドストーリーズ等
緑色:Zガンダム,Advance of Z等
薄緑:0080等
橙色:ガンダムZZ等
青色:0083、SEED、SEED DESTINY等
水色:ガンダムセンチネル等
赤色:ガンダムUC等
※鉄血のオルフェンズやサンダーボルトといったシリーズにこのマークはありません。

説明書はHGBFなどの説明書と比べて小さめ。ガンプラの対象年齢は基本8才以上ですが、ブルーディスティニーはだいぶ前のシリーズですし、作品によって年齢差もあるので、説明書もある程度対象年齢を考えたものになっているのかもしれません。(ブルーディスティニーは高年代向け、ビルドファイターズ系は若年代向け)それともただのコスト削減?

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。1号機、2号機を組んだことがあれば特に目新しさもなくサクサクと組めるおなじみの構造になってますね。陸戦型ジムからだともはやフレームマイスター!? もしかすると説明書なしでも組めてしまうかもです。ブルーディスティニー各機は構造こそいっしょですが、ヘッドや武器、カラーリングが違っていたりで割と差別化出来ているので、財布に余裕があればそれぞれ揃えてみてもいいでしょうね。

カラーガイドです。基本的にはガンダムタイプのカラーですけど、青い部分がネイビーの少し深みのある青なので兵器や重機としての現実的な色合いになっているのかな~と思います。

では各ランナーを見ていきます。

A1ランナー。ネイビー、ホワイト、イエローのイロプラランナーです。キットの形状が2号機と全く同じなのでランナーも同じかと思いきや、配色の違いがあるので全く同じというわけではないようです。⇒2号機のランナー

↑A2ランナー。ネイビーのランナーです。こちらも2号機のA2ランナーとは少し形状が違い、シールドパーツが加えられています。

↑B1ランナー。レッド、ホワイト、グレー、クリアーグリーンのイロプラランナー。脚部や腰部、胸部内部パーツなどのランナーになります。クリアーグリーンは他のキットのように透き通っているものではなく、ちょっとパールが入ったような濁ったクリアーグリーンになっているようです。

↑B2ランナー。ホワイト、レッド、クリアーレッド、グレーのイロプラランナーでB1の一部と同じです。B1と同じく各部に細かい色分け調整されていて、形状もキットに合わせて複雑に構成できるようになっているようですね。

↑C1、C2ランナー。共にグレーのランナーです。内部パーツ類や武器パーツなど。

↑Dランナー。ホワイトのランナーです。頭部やシールド、腕部外装パーツ、武器パーツなど。

↑Eランナー。グレーのランナーです。武器類や腹部腰部、ハンドパーツなどのパーツ類。

↑ポリキャップ(PC-002)、SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)、ホイルシール、マーキングシールです。ホイルシールは通常モードとEXAMモードが貼り替えによってチョイス可能。

以上です。これが出てしまったために、後に発売される陸戦型ガンダムの新鮮味が薄れてしまう気もしますが、陸戦型ガンダムにはまた別の良さが感じれるキットになっていることを期待したいですね。

1号機、2号機と続くとやはりカラバリ意識が強いですけど、このキットはカラバリでもかなりいい感じにできてますね。カラバリがただの金型流用だけでなく、良さを高めてくれるというのを感じられるキットになっていると思います。

画像を見ただけでは感じられないカラーリングの妙というのもありますし、主役機級ガンダムレベルの良さを感じるので、入手して損はないと思いますよ。あえて複数買いして量産化させるのも面白いですね。

⇒楽天でHGUC ブルーディスティニー3号機“EXAM“を探す
⇒駿河屋でHGUC ブルーディスティニー3号機“EXAM“を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ブルーディスティニー3号機“EXAM“を探す

コメントを残す