HGUC フェネクスの製作・組立工程 武器・アームドアーマーDEの組み立て

こんにちは!今回は、HGUC フェネクスの製作・組立工程 武器・アームドアーマーDEの組み立てをご紹介します!

HGUCフェネクス組み立て工程のご紹介では毎回最後ですと言っていますが、今回が本当に最後です(笑)

フェネクス本体の組み立ては完了したので、あとは周りのパーツ作成ですね。

HGUCフェネクスの付属品としては、ビームマグナムとシールド、アームドアーマーDE×2の合計4点です。

ビームマグナムとシールドはHGユニコーンガンダムと同じもので、アームドアーマーDEはバンシィノルンに付属していたりで馴染みのあるものとなっているかもしれませんが、色が違うというところでささやかでも楽しんで組んでいただければと思います。

では行ってみましょう。

HGUC フェネクスの製作・組立工程 武器・アームドアーマーDEの組み立て

DSC_0125

まずはアームドアーマーDEのパーツ一覧です。MGとの違いはシールドと一体化しているところですね。それも含め、塗装するときはマスキングなどの部分塗装が必要になります。

DSC_0126

DSC_0127

DSC_0128

裏面はマスキングをしてエナメルのチタンシルバーとブラックを混ぜたもので塗装しました。エナメル系塗料はちょっと乾きが遅いですが、エナメルで塗装するとシールドの端を溶剤で落とすことでキレイに仕上がるのでいいかなあと思います。

DSC_0129

スミ入れをしないと要所要所にメリハリがないので、改めてスミ入れの重要性を感じます^^;

DSC_0130

DSC_0131 DSC_0132

カラーリングは結構ベストな組み合わせになっているかなあと思います(自画自賛)スターブライトゴールドとメタリックブルー系にしていますが、かなり対象的な色分けでいいですなぁ。

DSC_0134

DSC_0135

展開用のカバーを取り付けてアームドアーマーDE完成です。セミっぽいと感じるのは自分だけでしょうか。

ではアームドアーマーDEの画像を何枚かどうぞ。

DSC_0136 DSC_0137 DSC_0138 DSC_0139 DSC_0140

アームドアーマーDEは2個作ります。

DSC_0141

ではアームドアーマーDEをフェネクス本体に取り付けます。専用のアタッチメントを使います。

DSC_0142 DSC_0143

正面から見るとマントのようなダークなイメージがします。アームドアーマーDEはやや重いので、フェネクスが後ろに倒れやすくなっています。

DSC_0144

続いてシールドの組み立てです。まずはシールドのパーツ一覧です。HGのフルアーマーユニコーンガンダムを組み立てたことがある方だとこのシールドをたくさん作ったかもしれませんね。

DSC_0145

DSC_0146 DSC_0147

フェネクスゴールドのシールドなので、カラーリングがHGユニコと違うので少し新鮮ですね。

DSC_0148

ではビームマグナムのパーツ一覧です。ほぼモナカ割でパーツ数も少ないです。マガジンはマスキングをして別カラーで塗装しました。

マガジンの塗装レシピは・・・忘れました^^; たしかグレーグリーンだったと思います。

DSC_0149 DSC_0150

スターブライトアイアンで塗装していますが、金属系の塗料だと重量感を感じますね。機動戦士ガンダムUCの第4話でもデルタプラスがビームマグナムを地面に落とした時、重量感のある音がしてました。

DSC_0151 DSC_0152 DSC_0153

武器類を持たせて完成です。

以上でHGUCフェネクス(デストロイモード)Ver.GFTの組立工程は終了です。

組み立てボリュームとしてはそれほど多くないので、お子様が組み立てたり時間が無い方には組みやすいガンプラですね。

バーションがGFTでガンダムフロント東京オンリーの商品ですし、アームドアーマーDEがついていて特別感もあるので、貴重さも楽しさも感じることができるのがいいです。

できればHGのユニコとバンシィ、フェネクスと3対並べておくといいんでしょうが、それはまた時間があるときにでも頑張ってみたいと思います。

ではこの辺で。良いガンプラライフを~。

ではでは~。

⇒楽天でHGUCフェネクスを探す
⇒駿河屋でHGUCフェネクスを探す


コメントを残す