HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は機動戦士ガンダムNTの劇中、Ⅱネオ・ジオングの腕めがけてビーム・マグナムを狙い撃つ初登場シーンが掲載されています。サプレッサーお決まりのポーズ。NTの中でも話題性のあるシーンでしたね。謎の黒い機体や搭乗しているキャラ、腕換装などなど。ストーリー的にはなくても良い部分ですけど、ファンにとっては大注目の演出でした。UC2につながる布石?

パッケージサイズは一般的なHGに比べ、縦横共に大きく、3cm程度の高さがあります。HGUCシルヴァ・バレトのパッケージと比べると1cm程度高さがあります。

横絵は腕換装など、シルヴァ・バレト・サプレッサーのギミックが掲載されています。グレーっぽい背景にグレーの機体が組み合わさっているので、キット自体は少し目立ちにくいですが、逆にシークレット感があっていい感じ。

開封。溢れ出んばかりのランナー量です;このデカめのパッケージでもいっぱいいっぱい。HGUCシルヴァ・バレトの発展機で構造もそこそこ複雑なので、HGの中では比較的多めのパーツ数、ランナー枚数になっています。

全部で 6袋分のランナー。

説明書はHGUCおなじみの塗装済みキットが掲載された表紙です。スペックも合わせて掲載。大型のシルヴァ・バレト(ドーベン・ウルフ)がベースなので、シルヴァ・バレト・サプレッサーの全高も23.4mと大型。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。シルヴァ・バレトではビームハンド用に前腕が脱着できる構造でしたが、このサプレッサーではビームハンドのギミックはオミットされています。交換用の腕に関しては、3本は固定式で動きませんが、1本は肘関節が可動する構造になっているのは嬉しいですね。全部動く腕だと逆に組み立てが面倒ですし、ちょうどいい配分になっているのではないでしょうか。

カラーガイドは全体的にネイビー部分が多いですが、見た目によらず細かい部分の色種が多いです。アンテナや曲型のラインモールド、センサーなどなど。どこを塗り分けるのかわからないくらいです;『本体等 グリーン部』ってどこだ・・・?関節パーツ? レッドチップで各部センサーを造形、自作したりするとより映えそうですね。

では簡単に各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ダークパープル成型色で、脚部や腰部、前腕パーツなど。HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)からの流用です。

↑Dランナー。グレー成型色で、ビーム・マグナムパーツ。HGUCユニコーンガンダム(デストロイモード)からの流用です。

↑↑Dランナー。ダークパープル成型色で、腕部や脚部パーツ類。HGUCシルヴァ・バレトからの流用です。

↑E1ランナー。ライトパープル成型色で、胸部やソール部、シールド、ビーム・ライフルパーツなど。HGUCシルヴァ・バレトからの流用です。

↑Fランナー。グリーン成型色で、関節パーツやハンドパーツなど。HGUCシルヴァ・バレトからの流用ですが、一部が省かれています。隠し腕など、大半は余剰パーツです。

↑Gランナー。グリーン成型色で、腕部や脚部などの内部パーツ類。HGUCシルヴァ・バレトからの流用です。

↑Mランナー。ダークパープル、パープル、イエロー、レッドのイロプラランナーで、脚部、バックパック、胴体、頭部など、サプレッサー用の各部パーツ類。以下、サプレッサー用の新規付属ランナーです。

↑Nランナー。グリーン成型色で、バックパックや交換用の腕パーツなど。レールやクレーンパーツもここに含まれています。

↑O1、O2ランナー。ダークパープル成型色で、バックパックや交換用の腕パーツ、肩部や脚部の新造部分パーツなど。

↑P1、P2ランナー。ホワイト成型色で、脚部ヒール部や各部ダクトパーツなど。

↑I2ランナー、ポリキャップ(PC-132ABC)、ホイルシールです。I2はダークブルーグリーン成型色で、フロントアーマー中央部パーツ。

以上です。全体的にドーベン・ウルフ(シルヴァ・バレト)からの流用ですが、新規パーツを交えてカスタム感満載のキットに仕上がっていると思います。設定上、交換腕の解釈(「1発打つと壊れる」「壊れない腕が1個だけあるほうが効率が良い」「4本も持ち歩くと機体重量が・・・」などなど)に関してはいろいろと意見があるようですけど、今までにないギミックとしてはかなり楽しめるキットになっていると思います。(ただその分、武装類などが少しおとなしめですけど;造形はゴリゴリしていていいですね)

交換腕はドーベン・ウルフやシルヴァ・バレトのビームハンドと、ビーム・マグナムを使ったデルタプラスの腕が壊れたというのを照らし合わせて生み出されたアイデアっぽいですし、ギミック的には質が高いので、またどこかで同じような構造を持った機体が登場するかもしれませんね。

⇒楽天でHGUC シルヴァ・バレト・サプレッサーを探す
⇒駿河屋でHGUC シルヴァ・バレト・サプレッサーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC シルヴァ・バレト・サプレッサーを探す

コメントを残す