HGUC クロスボーン・ガンダムX1のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はX1のアップの他に、X2と宇宙海賊クロスボーン・バンガードの旗艦『マザー・バンガード』も掲載。劇中のワンシーンのような迫力のあるイラストが描かれています。ビームフラッグも掲載され、機動戦士ガンダムF91の名残を感じさせる機動戦士クロスボーン・ガンダムの印象が強いパケ絵になっています。

パッケージサイズは一般的なHGと同じ大きさ。

このキットの発売は2014年ですが、現在のデザインは黒背景にキットが掲載されているので、今のデザインと比べて少し古さを感じます。ギミックに関しては細かく記載されていますが、英語表記がないことも古さを感じる要因かもしれません。ちなみに英語表記は2016年10月あたりから追記されています。

開封。X2やX3などへの流用目的もあってか、スイッチでパーツ変更ができる小型ランナーが多く入っているので、一見スカスカした感じがありますね。小型キットなのでそれほどパーツが大きくないというのも少なく見える要因かと。

全部で4袋分のランナー。

説明書はHGUCフォーマットで、黒背景に塗装済みキットの画像が表紙になります。英語表記横の■は水色。Sガンダムやゼクアインなどのセンチネル系は水色ですが、クロスボーン系も水色に分類されているようです。一般発売のHGUCクロスボーン系っていうと、このX1とハリソン・マディン機くらいかな?ちなみに■の分類については、ゼクアインのパッケージ・ランナーレビューをご参考くださいm(_ _)m

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。キット構造にはかなり完成された感がありますね。大腿部も分割されて回転可動しますし、各部可動域も広くてポージングにもぎこちなさはない安定したキットだと思います。小さいパーツがあるので紛失に注意なのと、組み立てで細々した部分もあるので、少しの難しさはあるかもです。

カラーガイドは色種はまずまず多めですが、全体的にはホワイト、ネイビー、グレー、レッド、イエローがメイン。単純な基本色のみ使用されているので、無駄に塗料を購入する必要はなさそうです。手元にある似た塗料を使っても良さそう。キャノピーを塗装する場合はスモークグレーだけ用意です。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部、腹部などの各部外装パーツ類とザンバスター用パーツ。

↑Bランナー。グレー成型色で、腕部や脚部関節パーツやヒート・ダガーパーツなど。

↑C、D1、Eランナー。Cはネイビー成型色で、胸部や肩部パーツなど。D1はイエロー成型色で、頭部アンテナや胸部エアインテークパーツなど。Eはレッド成型色で、顎パーツや手首、脚部パーツなど。

↑Fランナー。クリアーピンク成型色で、ビームサーベル、ビームザンバーなどの各種ビーム刃。

↑G1、G2ランナー。共にホワイト成型色で、腕部や脚部、可動式スラスターパーツなど。

↑H1、H2ランナー。グレー成型色で、腕部内部パーツや可動式スラスターパーツなど。

↑ポリキャップ(PC-002)、ホイルシールです。

以上です。HGUCのクロスボーン系は一通りキット化されつつあって、まだキット化されていないのはクロスボーン・ガンダムX1フルアーマー(非公式)やクロスボーン・ガンダムX-0フルクロスなど。X-0フルクロスはX1のフルクロスが発売されているのですぐにキット化できそうですね。

個人的にクロスボーンは読んでいないのでどれほど種類があるのかよくわからないのですが、キットはどれもかっこいいので好感が持てますし、豊富な武器種にも圧倒されます。作品も映像化されると嬉しいです。

X1は5月にRGで発売されるので、おそらくそれをベースにしてX2やX3などがバリエ展開されていくのだと思います。HGでも十分な完成度ですが、METAL BUILDのX1は究極の完成度なので、より繊細なRGでも取り扱いやすいキットになっているといいですね。

⇒楽天でHGUC クロスボーン・ガンダムX1を探す
⇒駿河屋でHGUC クロスボーン・ガンダムX1を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC クロスボーン・ガンダムX1を探す

5 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年3月5日 at 21:52 - 返信

    超カッコいい厨ニ丸出しガンダムだよね。
    まず買わないだろうな。

    • nori

      on 2019年3月8日 at 02:13 - 返信

      コメントありがとうございます!
      好き嫌いがありそうな造形ではありますよね;個人的には好きな部類です。
      なのでぜひクロスボーン・ガンダムの映像化を!

    • 匿名

      on 2019年3月11日 at 11:12 - 返信

      カッコいいとか言っときながら買わないのか…
      曖昧なヤツだな(笑)

  2. 名無しのガンダム好き

    on 2019年3月12日 at 03:42 - 返信

    アニメ化するにしてもキンケドゥの声優さん亡くなったから別の人がやるのも違和感がある。キンケドゥはやっぱり辻谷さんじゃないとな。

    • nori

      on 2019年3月12日 at 23:30 - 返信

      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね。
      作品は映像化してほしいですけど、辻谷さんの声質が素晴らしいだけに、どうしてもシーブック(キンケドゥ)はあの声でないと・・・。

コメントを残す