icon
icon
icon

HGUC ガンキャノン量産型のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 RX-77D ガンキャノン量産型のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は240mmキャノンを射撃する、ガンキャノン量産型の上半身のアニメ画風イラストが掲載。背景はリボーコロニーの町並みで、ケンプファーの進撃を防ぐ1コマをイメージしたものかと。結局グレイファントムから投下後、何の対応もなく数秒で撃破されたわけですが・・・・;

パッケージサイズは縦横が一般的なHGと同じ。高さは0.5cmほど薄型になっています。キット自体は肉厚ですが、パーツ数が少ないシンプルな構造なのでこのサイズに収まっているようです。

横絵はガンキャノン量産型の解説やキットの各部形状や武装などについて掲載。

開封。

全部で2袋分のランナーです。

説明書はA5版の小型サイズ。組立工程はあまり多くなく、白黒の裏面のみで完結しています。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。各部に合わせ目は多く、パーツも大味なものが多いという、悪く言えば大雑把な作り。ですが何気に背部240mmキャノンやバックパックのパーツ分割は細かく、要所は抑えてあるといった感じです。「ガンキャノン量産型ってこういうもんだよね・・・。』という言葉を体現したようなキット。

カラーガイド。ガンキャノン特有のレッドカラーです。外装のレッドはHGUCガンキャノン(旧キット)と同じ。ガンキャノンといえば赤が定番ですが、グレーに塗装してリド・ウォルフ機カラーにしてみても良いかと。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑ダークグレー、レッド、ホワイト、イエローのイロプラランナーで、頭部や胴体部、脚部といったガンキャノン量産型の各部パーツ、240mmキャノン、マシンガンなどの武装パーツなど。

↑Bランナー。ダークブラウン成型色で、頭部バイザーや胴体部、腕部、脚部などの各部外装、内部パーツ類。

↑Cランナー。レッド成型色で、胴体部や腕部、脚部などの各部外装パーツ類。

↑ポリキャップPC-123プラス、ホイルシールです。

以上です。ガンキャノンといえば、サンボル版のガンキャノン・アクアのキット化は無いんですかね。というか、話はガンキャノン量産型から逸れますが、サンボル登場機のキット化が途中で止まっているのは残念。DECEMBER SKYの機体は多くがキット化されたものの、BANDIT FLOWER登場機がわずか2体なのは勿体ないですね。ガンキャノン・アクア、アッガイ、ダーレなど、個性的な機体が多いので、それらもいずれはキット化してもらいたいものです。

⇒あみあみでHGUC ガンキャノン量産型を探す
⇒楽天でHGUC ガンキャノン量産型を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンキャノン量産型を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンキャノン量産型を探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2021年3月15日 at 18:03 - 返信

    隠れた名キットですね。
    一部の合わせ目は段落ちもあり、接地性も良いです。
    今の目で見ると、黒いラインに塗装が必要なことと、肘が90度しか動かないのは難点かもしれませんが、発売当時は弱点らしい弱点が無かった印象です。

コメントを残す