HGCE フリーダムガンダム レビュー

今回は、2015年8月に発売されたHGCE 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダムのレビューをご紹介します!

HGCE フリーダムガンダムは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場する主人公機『フリーダムガンダム』の1/144スケールモデルキットです。より洗練されたプロポーションを実現し、作りやすさを徹底追及。二重関節による腹部可動や柔軟な脚部関節などによって可動域の幅を広げるなど、劇中の様々な演出が可能なキットになっています。価格は1,980円(税込み)です。

主人公キラ・ヤマトが搭乗し、『自由』の名を冠されたニュートロンジャマーキャンセラー搭載機『フリーダムガンダム』がキット化。背部にウイングやバラエーナプラズマ収束ビーム砲、腰部にクスィフィアスレール砲を装備し、各部を展開することでハイマット、フルバーストモードなどが再現可能なキットになっています。ガンプラ35周年を記念して”新生-REVIVE-“されたキットになります。

成型色はホワイトやダークブルーをベースに、部分的にブルーやレッドなどを配色。全体的に落ち着きのあるデザイン性の高いカラーリングになっています。部分的にシールで補う箇所がありますが、全体的には素組みでも十分な色分けが再現されています。

ポリキャップはHGキット定番のPC-002をすべて使用。肘や膝関節はKPSパーツ構成で関節強度も高めです。背部に大型のウイングを背負っており、ウイングを後部に向けると自立は難しくなります。ですが左右に幅広く展開させることで後方への比重がかからなくなり、自立は安定します。

背部バックパック(ウイング)を外した状態で。

頭部。全体的にシャープさのある作りになっています。マスクやアンテナなどもパーツによって細かく色分け。メット部は前後挟み込みタイプで、上部から側面にかけて合わせ目ができます。ツインアイはクリアーイエローパーツにシールを貼っての色分け。

とさか前後のセンサーはブルーのシールでの色分けです。ツインアイの裏に貼ってクリアーパーツを活かすためのシールが付属します。

胴体部。襟や胸部中央、エアインテーク、腹部といった各部がパーツで細かく色分けされるなど、高い完成度で再現されています。胸部は前後挟み込みタイプですが、上部や側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

サイドアーマーにはクスィフィアスレール砲とラケルタ・ビームサーベル柄を装備。ビームサーベル柄は一部をグレーに塗り分けが必要で、手が当たるとポロリしやすいので注意です。

クスィフィアスレール砲は展開が可能。

砲身など各部とも左右挟み込みタイプで、上下に合わせ目ができます。

砲口と後部ダクトはふちを赤いシールで色分け。側面のグリップは展開が可能です。

リアアーマーは縦長な形状。腰アーマー裏にモールドは造形されていません。

腕部。細身でシンプルな形状が再現されています。膝裏が出っ張ったような特徴的な形状になっています。

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端でモールド化されています。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプですが、こちらも合わせ目はモールド化されています。上部の装甲は赤いパーツで、側面のスリット入りスラスターは青いパーツでの色分け。

脚部。こちらも細身で軽快さが感じられるスタイルになっています。膝の縦長ダクト内部は塗り分けが必要。

大腿部は筒型で合わせ目はなし。膝から下は左右挟み込みタイプですが、後部の合わせ目は段落ちモールド化されています。ふくらはぎ後部のモールド(赤◯)はグレーに塗り分けが必要です。

後部スラスターカバーの内側にはスラスターが造形されています。こちらも塗り分けが必要。

ソール部。シンプルながらもシャープな造形が再現されています。脚甲のスリット入りダクトはグレーに塗り分けが必要です。アンクルアーマーも左右挟み込みタイプですが、合わせ目はモールド化されています。足裏はつま先側に肉抜き穴があります。

つま先は上下に広く可動します。

背部にはバックパック、左右にはバラエーナプラズマ収束ビーム砲を内蔵したウイングを装備。

バックパックは小型な左右挟み込みタイプ。後部の一部装甲はシールでの色分けです。下部のスリット入りスラスターはふちを赤く塗り分ける必要があります。

バックパックは2ダボ接続。HGUC陸戦型ジムなどのバックパックとダボ幅は同じですが、フリーダムは背部に2基のダクトがあり、干渉するので取り付けるのは難しいようでした。

ウイングは各部ともパーツによる色分けで、合わせ目は出来ない組み合わせになっています。

ウイングはバラエーナプラズマ収束ビーム砲を挟むように組み合わさっていて、片側が独立して展開します。

さらにもう片側のウイングも独立して可動。基部には小型のウイング(赤◯)が造形されています。

バラエーナプラズマ収束ビーム砲も単独で可動し、キャノンのように前方への展開が可能となっています。

バラエーナプラズマ収束ビーム砲。左右挟み込みタイプですが、合わせ目は段差モールド化されています。赤いラインはシールでの色分け。ダークブルーの装甲はパーツでの色分けです。

付け根が回転可動するので、砲口を左右に降ることができます。

ウイングは基部が左右に可動し、付け根も回転可動します。

なので、後部に展開したり、広く展開したり様々な形に変化させることができます。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。サイズ的には標準サイズ。フリーダムガンダムの全高は18.03mです。

手持ちなところでHG SEEDのエールストライクガンダムやHGCEデスティニーガンダムと並べて。HGCEのプロポーションや完成度の高さには目を見張るものがあります。羽根物機体としての存在感もすごいですね。

頭部は適度に上下可動します。左右へは多少顎と襟が干渉しますが、可動はスムーズ。

腕は肩の引出しギミックにより、水平以上に上げることができます。肘も完全に曲げることができます。

肩は付け根ボールジョイントにより、同幅で適度に前後スイングします。

腹部は二重関節(腹部2箇所のボールジョイント)を謳っていますが、可動は腰のボールジョイントを中心に適度に前後スイングするくらいです。

腰は干渉しやすいですが、上半身が抜けない程度に引き出すことで360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは、通常通り、3.0mm軸を股間部に差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は、フロントアーマーが広く可動するので前方へは幅広く展開が可能。後方へは長いリアアーマーが干渉するのでそれなりとなります。

膝は完全に折り曲げることができます。膝装甲は合わせ目が段落ちモールド化され、膝裏も整った作りに。

足首は前方、左右共に干渉しやすく、それなりの可動となります。

左右への開脚は、水平程度に展開が可能ですが、サイドアーマーやサーベル柄が干渉して外れやすいので注意です。

大腿部と股間部が干渉するため、内股は45度程度までの可動となります。ガニ股もやや干渉するので、水平にまでいかないくらいの可動です。

可動が柔軟なため、立膝はきれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、腰のクスィフィアスレール砲の干渉ややサーベル柄のポロリは気になりますが、全体的に可動域の広いよく動くキットになっていると思います。ウイングの展開も合わせ、躍動感あるポーズが再現できそうですね。

対ビームシールド、MA-M01ラケルタビームサーベル刃×2、MA-M20ルプスビームライフルが付属。

対ビームシールド。適度にパーツで色分けされています。一部の赤い装甲はシールでの色分け。曲げるように貼るため、浮きやすいので注意です。裏面には肉抜き穴があります。

説明書に記載はありませんが、グリップは組み換えることで配置変更が可能。グリップの付け根は回転可動します。

MA-M20ルプスビームライフル。簡単なパーツ構成で、適度に色分けされています。青いラインはシールでの色分け。

グレーの基部は左右挟み込みタイプで下部に合わせ目ができます。

フォアグリップは左右に可動します。

ビームライフル側面のダボにより、リアアーマーにマウント可能です。

MA-M20ルプスビームライフルと対ビームシールドを装備して。

MA-M20ルプスビームライフルは武器持ち手はなく、トリガーに指を添えずそのまま保持するタイプになります。キットの完成度が高いだけにちょっともったいない感じも。グリップとハンドパーツとの隙間が少なく、遊びは少ないです。

対ビームシールドはグリップをハンドパーツに差し込むだけの保持となります。クルッと回転しそうですが、グリップをしっかりと差し込むことで固定されます。

関節の可動域が広いので、かなり柔軟に可動します。ポージングも自由度が高く、ストレスなくポージングできるのがいいですね。

背部ウイングを展開し、『舞い降りる剣』シーンっぽく演出。

ビームサーベルも隙間なく保持できるので、特に抜け落ちることはないようでした。

連結させることでナギナタっぽい演出も可能です。

バラエーナプラズマ収束ビーム砲やクスィフィアスレール砲を展開するなど、様々なポーズを演出。特殊な武装類でフリーダムガンダムならではのかっこよさを楽しむことができます。

ウイングやバラエーナプラズマ収束ビーム砲を展開し、ハイマット・フルバーストモードを再現。ド派手な攻撃スタイルになります。

ウイングを展開した状態だとバラエーナプラズマ収束ビーム砲の自由度が若干制限されるので、うまく配置するのが少しむずかしいかも。ですがきれいに展開させると超攻撃的な演出ができていいですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。洗練されたスタイリッシュなプロポーションや、短時間で組み立てられる簡単化された構造を実現するなど、主役機らしくあらゆる面で高い完成度が追求されたキットになっていると思います。ガンプラ初心者の方でも安心して組み立てられ、そして遊べるキットですね。

欠点的には、腰のラケルタ・ビームサーベル柄がややポロリしやすいのと、MA-M20ルプスビームライフルは武器持ち手での保持だと良かったかなぁと。それ以外は文句なく、かなり優秀だと思います。

劇中シーンの演出や再現性はかなり高いものがありますし、全体的な合わせ目などもできるだけ少なく仕上げてあります。SEEDファンならぜひ手にしておきたい定番のガンプラとして幅広く楽しめそうですね。

⇒楽天でHGCE フリーダムガンダムを探す
⇒駿河屋でHGCE フリーダムガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGCE フリーダムガンダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す