HGCE ストライクフリーダムガンダム 光の翼DXエディションのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGCE 1/144 ストライクフリーダムガンダム 光の翼DXエディションのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージカラーはストライクフリーダムのドラグーンや腹部などに使われている青色。ドラグーンが目立つので全体的に青の印象もわからなくはないですね。どの色にするかと言われるとやっぱり青かも。

パケ絵はHGCEストライクフリーダムガンダムに光の翼をデコったキットの合成になっています。背景イラストもちょっとキラキラを追加しただけのキットそのままの画像です。光の翼自体が華やかなだけに、特に目立った演出はいらんというわけですな。

箱の大きさは縦横とも一般のHGより1cm程度大きく、高さも3cm程度厚みのあるものになっています。HGストフリの箱は通常のHGに近いものだったので、光の翼があることでだいぶ大きめの箱に変更されているようです。

では開封。この箱一杯にランナーが入っています。枚数も多そうですね。

全部で8袋分のランナー。光の翼用ランナーは2袋分と、画像では確認できませんが、左下の黒いランナーパッケージに台座用ランナーが含まれています。

では説明書を見ていきます。説明書は通常のHGCEストライクフリーダムガンダム用がそのまま付属し、光の翼用が白黒の別用紙で同梱されています。まぁストライクフリーダム自体は成型色が若干変更され、関節部分がゴールドメッキになっただけなので、特に組み立て解説の変更は必要ないわけですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。関節のEランナーは、通常のHGストフリだと『PS』素材になっていますが、光の翼用説明書には『ABS』と記載されています。メッキ加工する場合はABS素材を使用しなければいけないみたいですね。パーツの素材自体が変わっているので、若干関節がきつくなっているのも納得です。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトのランナーです。通常のHGCE(REVIVE)ストライクフリーダムガンダムよりも少しだけグレーが入ったホワイトになっています。このキットは若干全体的な成型色を濃くしてありますが、関節のゴールドと光の翼をより引き立たせるためのカラーリングにしてあるようです。

↑A2ランナー。ホワイトのランナーです。A1の一部と同じ外装パーツ類です。

↑B1ランナー。ダークグレーのランナーです。通常のHGCE(REVIVE)ストライクフリーダムガンダムではダークブルーっぽい成型色でしたが、こちらはほぼダークグレーと言っていいくらいの色合いになっています。個人的にもこの色合いの方が好みです^_^ ウイングやバックパック、胸部などのパーツ類です。

↑B2ランナー。ダークグレーのランナーです。B1の一部と同じ。

↑Cランナー。レッド、ライトグレー、ゴールド、クリアーブルーのイロプラランナーです。このランナーも全体的に色が濃くしてあり、レール砲がライトブルーグレーからライトグレーに変更、イエローがゴールドに変更など随所にカラーリング変更が見られます。ランナーはレール砲など、各部の色分けパーツなどが集められています。

↑D1ランナー。ブルーのランナーです。ドラグーンや胸部、腹部などのパーツ類です。

19

↑D2ランナー。こちらもブルーのランナーですが、D1とは違って脚部のパーツなどがドラグーンと一緒になっています。今回D2ランナーを撮影し忘れたので、通常のHGCE(REVIVE)ストライクフリーダムガンダムランナーの撮影画像を掲載しています。ご了承下さいm(_ _)m

↑E1、E2ランナー。ゴールドメッキが施されたランナーです。内部パーツや関節、ハンドパーツ類。通常のHGCEストライクフリーダムガンダムではPS素材になっていますが、こちらはABS素材です。

↑F1ランナー。クリアーブルー、クリアーグリーン、クリアーイエローのイロプラランナーです。光の翼用エフェクトパーツ類です。ビームサーベル刃などに使われているものと同じ軟式素材です。

↑F2ランナー。イロプラランナーです。こちらはF1のレール砲エフェクトパーツがないものになります。

↑BA1ランナー。クリアーブラックのベース用ランナーです。

↑ポリキャップ(PC-002)、クリアーピンクのビームサーベル刃、ホイルシールです。ポリキャップは通常のHGCE(REVIVE)ストライクフリーダムガンダムと同じゴールドカラー。

以上です。光の翼エフェクトパーツだけの別売り販売も望まれますが、このキットに含まれているHGストライクフリーダム本体も関節ゴールドメッキや成型色の違いでシックないい出来のキットになっていると思います。

通常のHGストライクフリーダムの場合はダークブルーなので、「比較的ライトな印象が強いので好みではない、グレーの方が上品でいい」と言う方もいらっしゃるでしょうし、そういった望みを叶えてくれる特別仕様のキットになっていると思いました。

実際に光の翼と組み合わせても違和感のないカラーリングに仕上がっていますし、金銭的な余裕があるならもう一体確保しておいても全く損はない一機になっていると思いますよ。

icon

⇒楽天でHGCE ストライクフリーダムガンダム 光の翼DXエディションを探す
⇒駿河屋でHGCE ストライクフリーダムガンダム 光の翼DXエディションを探す
⇒ヤフーショッピングでHGCE ストライクフリーダムガンダム 光の翼DXエディションを探す

コメントを残す