HGBF 忍パルスガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUBF 1/144 忍パルスガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

バトルフィールド『スペース』で戦闘を繰り広げる忍パルスガンダムの姿が掲載されています。忍者なのに宇宙用なんですかね―^_^; まだ本編では登場していないガンプラなので、今後どういったバトルが繰り広げられるのか楽しみです♪

箱の大きさはだいたい通常のHGと同じサイズ。

ですが横が5mm程度長めになっています。HGBF アメイジングストライクフリーダムガンダムやHGBF ガンダムシュバルツリッターなんかは一般的なHGと同じ大きさ(縦横のみ)ですが、これだけ僅かに長いです。なぜ!?

横絵はおなじみのアクションポーズや機体解説など。今回は忍パルスガンダム用のHGBC 忍パルスビームの紹介もしてあります。大型手裏剣の天空十字剣やバックパックをまとったマントスタイルなども掲載。なかなか購買意欲を掻き立てられます♪

箱にはしっかりとランナーが入っています。

全部で4袋分のランナー。ランナーの彩りも豊かです。

ガンダムビルドファイターズのオリジナルストーリーやトワイライトアクシズのチラシもいつも通り同梱されていますが、今回の紹介は省略で^_^;

ではここから説明書を見ていきます。表紙は忍パルスガンダムと所有者のニルス・ニールセンの詳細が掲載。ガンダムビルドファイターズでは、ニルスもなかなかの強者でした。トライで大人の彼が見られたのも良かったです。相変わらず真面目そうでなにより^_^; 今回新たに配信されるオリジナルストーリーでも彼の雄姿が見られそうです。

説明書は大判で組立工程が大きめに掲載されているので見やすくしてあります。先週発売されたHGブルーディスティニー1号機はかなり小判だったので、対象年齢も考えてのことかもしれません。では説明書を一通りどうぞ。

 

以上、説明書でした。HGインパルスガンダムがベースなので、キットの組み合わせ構成はほぼそれと同じになっています。頭部などの形状が少し違っている程度。キット本体にそれほどボリュームがあるというわけでもありません。

なので説明書の半分くらいはバックパックの組み立てや変形の紹介となっています。一番特徴的なディテールで、このキットの目玉的なアイテムなので当然ちゃあ当然ですね。

ではここから各ランナーを見ていきます。

↑A2ランナー。ワインレッドのランナーです。HGインパルスガンダムからの流用。A1はなく、A2からのスタートとなっています。腕部や脚部といった左右対称部分のパーツが並んでいます。

↑B1ランナー。グレーのランナーです。こちらもインパルスガンダムからの流用。内部パーツ類やハンドパーツなど。ビームライフルもオマケっぽく付いているのでありがたいです。

↑B2ランナー。グレーのランナーです。B1ランナーの一部と同じ。

↑C1ランナーレッドのランナーです。こちらもインパルスガンダムからの流用。胸部や肩部などのパーツが並んでいます。赤いのでかなり特徴的。トリコロールではないので、あまりガンダムっぽくないカラーリングです。

↑D2ランナー。クリーム色のランナーです。足首から下の部分や腹部、フェイスのパーツなど。こちらも流用です。流用パーツ、多いっすね^_^;

↑I1ランナー。レッド、グレー、ゴールドのイロプラランナーです。ここからHGBF 忍パルスガンダム専用のランナーになります。ランナーナンバーは『D』から一気に飛んで『I』です^_^;

↑I2ランナー。レッド、グレー、ゴールドのイロプラランナーです。I1の一部と形状が同じです。バックパック用の翼がかなり大柄で特徴的。

↑J2ランナー。クリアーグリーンのランナーです。幻影胡蝶剣の刃先や剛力圧塵(パワーアックス)用のクリアーパーツなど。

↑ポリキャップのPC-002、ランナーレスのクリアースタンド、ホイルシールが付属。

以上です。キットとは全く関係ない(でもないか^_^;)話ですが、これだけ多くのガンプラやキットが存在するので、流用ランナーなどの構成を全て間違えることなく製造するのは至難の業だと思います。やっぱりコンピューター制御がなせる技なのかな?

ちょっと設定を間違えただけでも大量に無駄なランナーができそうなものですが、このようなことを毎週発売されるガンプラで行っているということを考えると、バンダイはホントにスゴイですね、さすが大手企業^_^;

なんてちょっと製造元のことを考えて見たりもしてみましたが、作る側にとってはありがたかったり面白かったりするところです。

この忍パルスガンダムもインパルスガンダムからの流用こそ多いですが、バンダイの技術によって色を変えてありますし、バックパックなど楽しめる要素も多いのでいいですね。最近のガンプラはどれを買ってもハズレがなく、ほぼ楽しめるように開発されていると思います。なので買う側も安心して期待通りに楽しめるのでいいですね。

⇒楽天でHGBF 忍パルスガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBF 忍パルスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF 忍パルスガンダムを探す


コメントを残す