HGBF ヴァイスシナンジュの製作⑬ 細かい塗装、スミ入れなど

今回は、HGBF ヴァイスシナンジュの製作⑬をご紹介します!

MGユーマゲルググと交互にご紹介しているヴァイスシナンジュ製作。かなり長丁場になっていますけど、ガンプラ新作発売がない今のうちに、畳み掛けるように(笑)製作記事を更新しておきたいと思います。前回エングレービングの塗装をご紹介したのでその続きですね。細かい塗装やスミ入れなどなど。この辺りは派手さのない作業をコツコツとって感じですが、縁の下の力持ち的な部分なので地道に手を加えて行きたいと思いまっす。(何っ!意味がわからんって!?)

まずはプロペラントタンクのスラスター部分を塗り分けておきます。細かい作業になりますけど、ダクト部分をマスキングし、バーチャロンカラーのフレームメタリック1で塗装します。タンク全体をマスキングするのはテープがもったいないので、いらないカレンダーやA4用紙をカットしたりしてタンク本体を隠してしまうほうが手間もなくていいです。

塗装後にマスキングを剥がし、コピックモデラーでダクト内部や縁などにスミ入れをしておきます。これで塗り分けの境目もごまかせます^^

シールドや脚部、肩部アーマーなどは、エナメルのフラットホワイトを筆塗りして、縁などの境目をキレイに塗り分けておきます。

白い外装パーツはタミヤのスミ入れブラックでスミ入れすると、画像のようにかなり滲んでしまいました。これはフラットホワイトのつや消し塗料で塗装したことが原因です。白なので余計目立っちゃってますね。

つや消し系で塗装すると塗料に含まれている細かい粒子が表面に付くことで光が乱反射し、光の屈折がバラバラになってつや消し状態になるのですが、スミ入れ塗料がその粒子の間に流れ込むため、このような滲みが生まれます。

滲んでしまってもエナメルの溶剤と綿棒でキレイに落とすことはできるので問題ないですが、もし気になるなら、艶ありのホワイトで塗装したほうが、キレイにスミ入れができると思います。

スミ入れ塗料が入りにくいような部分はコピックモデラーを使い、モールドが深い部分はスミ入れ塗料を使うといいですね。(毎度ご紹介しているような気がしますな・・・・^_^; エディオン288円・・・)

武器類などのグレー系で塗装したパーツ類は、タミヤのスミ入れ塗料ダークブラウンでスミ入れしておきます。少しサビっぽくなって味が出ます。(多分。)

脚部外装パーツのアポジモーター部分はエナメルのジャーマングレイで適当に筆塗りしておきました。そして画像左上に写っているプラ板を切り出した肩裏内部パーツですが、塗装するのを忘れていたので、外装パーツ裏面を塗装した色『ガンメタル+ジャーマングレー+ホワイトなどを適当に混ぜたもの』で塗装しておきました。

そして塗装した肩裏パーツを、肩外装パーツに接着しておきます。それなりのかっこうにはなったのかなって気がします。

以上、今回はここまでです。他のビルダーさんが作ったシナンジュを見つつ、みんなすげ~の作るな~と思いながらため息を吐く今日このごろ。性格上どうしても早く完成させようと思って早足、各部が雑になっちゃいますけど、そういった細かいところを細かく突き詰めていくことが大切なのかなと思いつつもなかなかですね^_^;

いい作品を見るだけでも学べることはあると思うので、そこに追いつける様にもっと質を高めていければと思いつつガムバリマス!

では良いガンプラライフを。ではでは~。

icon

⇒楽天でHGBF ヴァイスシナンジュを探す
⇒駿河屋でHGBF ヴァイスシナンジュを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ヴァイスシナンジュを探す

コメントを残す