HGBF ハンブラビスバンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 ハンブラビスバンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージイラストはフェダーイン・ライフルを持ったハンブラビスバンの塗装済み完成品キット画像が掲載。アメイジングストライクフリーダムのキット?も一緒に掲載されていて、劇中のバトルシーンを再現したようなものになっています。他キットが一緒に掲載されているのはちょっとうれしいですね。迫力のあるワンシーンになっていて楽しめます。

パッケージは通常のHGサイズよりも少し大きめになっています。高さは約5.0mmくらい大きいですね。

横の長さも1cm程度長めです。横絵はおなじみの英語表記ですが、ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジングレディ)のロゴも合わせて掲載されています。(珍しい・・・・)

では開封。ランナー枠自体はそれほど大きいものではなく、少し端の隙間が目立つ状態です。箱が大きい意味があまりないような・・・・^_^;

ランナーは全部で4袋分。

では説明書を見ていきます。説明書は一般発売のHGガンダムビルドファイターズシリーズキットと同じくカラーになっています。表紙もパケ絵と機体解説、そしてキャラクター解説が掲載されています。説明書のパケ絵がカラーなんだったら、パッケージ自体もカラーにすればいいと思うんですけど、やっぱりコストや店頭に置かないネット通販の都合もあるんですかね~。でもカラーのほうが通販でも印象がいいので売上がアップしそうな・・・(素人考えなのかな?)

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。はじめの頭部、胸部辺りは新規の組み立て方が掲載されていますが、その後の腕部以降はだいたいHGUCハンブラビと同じような組み方になっています。武器類の組み立ても同じですし、変形機構もだいたい同じ。それだけに「海ヘビがほしかった~_| ̄|◯」

それでは各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。パープルのランナーです。脚部のパーツ類。HGUCハンブラビからの流用です。

↑A2ランナー。パープルのランナーです。ハンブラビからの流用ランナーで、バックパックや腕部などのパーツ類。ハンブラビ頭部や肩部は余剰パーツです。今思うと、ハンブラビの頭部はサイレントヒルの三角頭(ピラミッドヘッド)やバイオハザードの斧を持ったやつ(処刑マジニ)みたいな形をしてますね^_^;

↑B2ランナー。ブルーのランナーです。ハンブラビからの流用で、軟式素材になっています。ポリキャップほど柔らかくはなく、塗料の食いつきも良さそうですが、一応塗装時はマルチプライマーなどを吹いて食いつきを良くしておいたほうがいいかと。

↑Cランナー。濃いパープルのランナーです。これもハンブラビからの流用。バックパックや脚部、ウイングトマホーク用のパーツです。一部余剰パーツあり。

↑D1ランナー。ホワイトのランナーです。内部パーツやハンドパーツ、バックパックの背面ビームライフルパーツなどです。

↑D2ランナー。ホワイトのランナーです。D1ランナーの一部と同じ。

↑Fランナー。ダークグレーのランナーです。フェダーイン・ライフルのパーツです。いろんなところに流用できるよう、『HGUC 1/144 ウエポン01』と印字されています。実際にHGUCマラサイ(ユニコーンVer.)に付属しています。(HGUCガブスレイにもフェダーイン・ライフルが付属していますが、あちらはガブスレイのランナー内に含まれています。)

↑G1ランナー。グレー、濃いパープル、パープル、クリアーブルーのイロプラランナーです。ハンブラビスバン用新規ランナー。

↑G2ランナー。こちらもイロプラランナーで、G1の一部と同じです。

↑ポリキャップPC-001、クリアーイエローのビーム・サーベル刃、ホイルシールです。

以上です。ハンブラビと言えば、コミックボンボンで機動戦士Zガンダムのハンブラビ設定画を見た時は「カッコイイ(〃∇〃)」と思って感動したものです。ただし、エイのような形状にではなく、テールランス側を前にした形に魅了されました(笑)ちょうどZガンダムのウエイブライダーに少し似た形だったからカッコイイと思ったんですね^_^;

普通のエイ型はそれほどでもないんですけど、何故か魅了されるのがハンブラビなんですよね~。パイロットが強烈な個性のあるヤザンだったということもあるかもしれませんし、Zガンダムに真っ二つにされた時はとても気分が良かったです^_^ なのでなかなか懐かしさと昔の気持ちを思い返させてくれるキットだと思いました。(同じ世代の方で共感いただけると幸いですm(_ _)m って、ハンブラビの感想かよっ!)

スバンに関しては、フェダーイン・ライフルの保持や各関節部の低可動域など、多少微妙なところもありますが、新規造形部分には新鮮さを感じますし、値段相応には楽しめるキットになっていると思いますよ。

⇒プレミアムバンダイでハンブラビスバンを探す
⇒楽天でHGBFハンブラビスバンを探す
⇒駿河屋でHGBFハンブラビスバンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFハンブラビスバンを探す


コメントを残す