HGBF ハイモック レビュー

今回は、2015年1月に発売されたHGBF 1/144 ハイモックのレビューをご紹介します!

HGBF ハイモックは、『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するバトルシステムの練習機『ハイモック』の1/144スケールモデルキットです。全身各所に設けられた可動部により、迫力のあるバトルアクションが再現可能。肩や脚部などの装甲を取り外すと、様々なカスタムパーツが装着可能なジョイント穴を多数持つなど、カスタマイズ性の高いキットになっています。価格は880円(税込み)です。

ヤジマ商事がバトルシステム用のCPU機体として採用した機体がキット化。無機質な独特のフォルムを持つ量産型タイプ機になっています。デザインは大河原邦男氏。フラットなデザインが印象的なキットです。

成型色はグリーンとグレーのわずか2色。モノアイや肩左右のモールドをシールで色分けしますが、塗装が必要な箇所は少なめです。

関節各部にポリキャップPC-001を使用し、使用箇所は多数。あらゆる箇所がポリキャップ接続で柔軟に可動するようになっています。軽装なぶん可動域も広く、強度も高めで安定しています。

頭部はわずか1個パーツによる構成。シンプルな半球型にラインモールドとモノアイが造形された単調なスタイルになっています。モノアイはモールドに赤いシールを貼っての色分け。

頭部裏面は空洞で、胴体部側のレールによって左右への可動が一定になるよう制限されています。

胴体部。こちらものっぺりとしたシンプルな形状。パーツで簡単に色分けされています。胸左右の3丸モールドはグレーに塗り分けが必要です。腰に可動式のフロント、リアアーマーはありません。

サイドアーマーは通常のキットと同じくポリキャップ接続ですが、サイドアーマーを外すことで3.0mmジョイント穴として使用することが可能です。(別売りのHGBCガンプラバトルアームアームズやHGBCパワードアームズパワーダーなどと組み合わせます。)

腕部。形状自体はシンプルですが、胴体部に比べてサイズ感があり、力強さを感じる作りになっています。

二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプの組み合わせに大味な装甲を装備しています。前腕は前後に合わせ目ができますが、肘から分離可能なので合わせ目消しはラクそう。ハンドパーツも一回りほどビッグなものになっています。二の腕はライトグリーンに塗り分けが必要。

肩は前後挟み込みタイプで上部に合わせ目ができます。側面の丸モールドは赤いシールでの色分けです。

側面のカバーを外すことで3.0mmジョイント穴が露出。前腕も装甲を外せばジョイント穴として使用可能です。

脚部。こちらもシンプルではありますが、程よい肉付きで造形されています。大腿部はライトグリーンに塗り分ける必要があります。

膝から下は左右挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。脚の付け根や大腿部は前後挟み込みタイプで、側面に合わせ目ができます。脚の付け根、膝共に分離可能なので、各部の合わせ目消しはしやすいかと。

膝下は内外の六角形カバーパーツを外すことでジョイント穴が露出します。

ソール部。簡単なパーツの組み合わせで、モールドも少なくシンプルな形状になっています。脚甲はパーツで色分けされ、足裏は大部分に肉抜き穴があります。

バックパックを含めた背面。バックパックは2枚パーツを組み合わせる構造で上部や側面に合わせ目ができます。

上部、側面、表面各部にジョイント穴が造形されています。下部スラスター内部にスリットなどは入っていません。下部スラスターや側面の小型スラスターはふちをグリーンに、内部レッドに塗り分ける必要があります。

バックパックは2ダボ接続ですが、少し凹んだ位置にあるので他キットのバックパックが取り付けにくいのと、穴も少し広めでしっかりと固定することはできないようでした。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。無人量産機らしい小型サイズですが、厚みがあるのでサイズ感があります。

頭部は上下可動はありません。胴体内部のレール範囲内で左右に可動します。

腕は水平程度まで上げることができます。肘はV字程度まで曲げることができます。

肩は付け根ボールジョイントによる可動ですが、球状で干渉が少ないので広くスイングさせることができます。前方へは内部ポリキャップが引き出せます。

腹部は2箇所のボールジョイントで広く可動します。上半身を前後左右に広く反らせることができます。

腰は全く干渉なく、360度回転が可能です。アクションベースへは、通常どおり股間部に3.0mmジョイントを差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は水平程度まで展開可能。

膝は二重関節で深くまで折り曲げることができます。膝関節パーツは1個パーツ構成で、膝裏には蓋パーツが造形。中央に合わせ目があります。

足首は適度に前後スイングが可能。左右へは幅広く可動します。

股間部はボールジョイントではなく軸接続ですが、あまり広く可動する構造ではないのでハの字程度までの開脚となります。

脚の付け根が回転するので、内股、がに股は幅広く可動します。

立膝はあまり深くはないですが、きれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、特別広く可動する印象はないですが、程よく柔軟でどんなポーズでも適度にこなせるタイプになっていると思います。

ビームライフル、手首ジョイントパーツ×2が付属します。

ビームライフル。側面にモールドが入り、なかなかリアルな作りに。

簡単なモナカ割の組み合わせで、上下各部に合わせ目ができます。

通常はポリキャップによるボールジョイント接続ですが、手首パーツを取り付けることで1/100サイズキットのハンドパーツが取り付け可能です。(推奨キットは1/100エールストライクガンダム、1/100ガンダムエクシアなど)RGサザビーのハンドパーツも取付可能でした。

ただ、ハンドパーツによってはボールジョイントがキツキツで、破損につながる場合もあるので注意です。

ビームライフルを装備して。

ビームライフルはハンドパーツで挟むだけですが、ハンドパーツの幅やビームライフルのグリップ幅が同じなのでしっかりと保持できています。遊びもありません。

軽装で刺々しさもないので、引っかかる箇所もなく取り扱いは容易。ポージングがラクなキットです。

バックパックなど各部にカスタムパーツを装着することで、一味違ったハイモックが演出可能。HGBCバインダーガンを装備しています。

手首パーツを使えばMGフォースインパルスガンダムのハンドパーツも取り付けることができました。対艦刀を保持すれば、規格外の武装を手にすることができます。

HGBD HWS&SVカスタムウェポンセットを各部に装備して、重装甲仕様のハイモックに。

適当に数枚どうぞ。

以上です。簡易的な造形ながらも、各所にあるジョイント穴やサイズ変更用の手首パーツが付属することでカスタマイズ性が高まり、なかなか遊びごたえがあるキットに仕上がっていると思います。

部分的にある合わせ目はやや目立ちがちですが、肘や膝などが分離可能なので合わせ目消しはラクですし、ザクと同じ量産機カラーなので、塗装時の汚れやサビ演出も際立ちそう。

この無骨なところに個性を感じるキットで各部が主張しないので、装備したオプションセット自体が引き立ちます。またマスコット的にも、ヒール役としても重宝しそうな見た目で、改造、ポージング、ディスプレイなどの部分でも幅広く使えそうなのがいいですね。

⇒楽天でHGBF ハイモックを探す
⇒駿河屋でHGBF ハイモックを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ハイモックを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す