HGBF チニャッガイのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 チニャッガイのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージはチニャッガイの白黒ネコカラーと同じホワイト&ブラック。塗装済みのキットを使った合成ですが、尻尾やリボン、フェイスアップ、そして全身の画像を使用した可愛らしいパケ絵になっています。もうじきハロウィンですが、まさかこのコスプレをする人はいないのでしょうなぁ。(ちょっと期待。)

箱のサイズは通常のHGと縦横は同じ。高さが1cm程度高いパッケージです。プレバン発売のHGすーぱーふみなティターンズメイドVer.と同じサイズで、パッケージ右上には『HHイメージングビルダーズ』ロゴが入ったものになっています。HH(HOBBY HOBBY)イメージングビルダーズはHGBF系キットの塗装済み完成品が多数掲載されているのでとても参考になるサイトです。同じように仕上げてみるのもいいですね。⇒HHイメージングビルダーズ

では開封。まずまずしっかりとランナーが入っていますね。ランナー数的にはチナッガイとほとんど変わらない感じですが、スカートが大きめだったりする分だけ箱の大きさに違いが出ているようです。

全部で5袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。HGBFチニャッガイの説明書は塗装済みキットを使った合成画像。コウサカ・チナの解説も今回はありませんでした。

説明書に記載があるとおり、チニャッガイにアッガイ成分と呼べるものはもはやランドセル以外ありません。全てネコ型の新規コスチュームをまとった特別仕様になっています。名前だけかいっ!ってツッコミたくもなりますが、やはりカワイければ全てOK!・・・・なの?

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立て構成はほぼチナッガイと同じで、形状が変わっている箇所だけ変化しています。キットサイズもリカちゃん人形に近いものがありますし、難しくないので女の子も楽しんで作れ、可愛く飾っておけるガンプラになっていると思います。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、ブラック、ブラウン、クリアーのイロプラランナーです。

チナッガイに付属しているものとほぼ同じで、色と下部のひげぶくろ(ウィスカーパッド)部分が変更されています。ちょうど開いているところがチナッガイ用のひげぶくろと尻尾パーツになっていて、はじめから流用ありきで作られたランナーであることがよくわかります。なので『チナッガイ』ではなく、『BFG-1』と印字されています。チナッガイと同時にチニャッガイも構想に入っていたんですね。

↑Bランナー。ブラックのランナーです。こちらもチナッガイのランナーとほぼ同じで、左下のネコ耳カチューシャ部分が追加されています。かぼちゃパンツは余剰パーツです。

↑C1ランナー。ベージュ、ホワイト、ブラックのイロプラランナーです。頭部や腹部、ネコ手、メイド靴などのパーツ類です。一部はチナッガイ用パーツで一部はチニャッガイ用パーツというように、巧妙に分類できるようになっているランナーです。

それにしても、これだけ分類が細かくてパーツ類が多いにもかかわらず、説明書の番号などを間違えることなく製造するのはさすが大手バンダイと敬意を感じずにはいられません。

↑C2ランナー。ホワイト、ブラック、レッドのイロプラランナーです。こちらはC1ランナーの一部に赤いパーツ類が加えられ、C2ランナーとして製造されています。ネコ手やメイド靴、リボンに台座支柱などのパーツ類です。

↑Dランナー。ベージュのランナーです。肌や内部のパーツ類で、チナッガイと全く同じものが用意されています。『BFG-2』と印字。

↑E1、E2ランナー。ホワイトとブラックの合成ゴムランナーです。前掛けやフリル、スカートに尻尾のパーツ類。

↑ランナーレススタンド、ホイルシールです。

以上です。チニャッガイとしてだけでなく、チナッガイ用パーツも含まれているので着せ替えとしても楽しめると思います。今のところフミナが連邦(ガンダム)系、ギャン子がジオン系、チナが動物系のコスチュームをまとってきているので、少しずつ方向性が定まってきているのかなーという印象です。(あっ、でもティターンズメイドVer.・・・・^_^;)

新キャラが登場するかもしれませんし、また異色のコスプレヒロインが登場するかもしれません。特徴的なキットなだけにガンプラファンの好みや評価もいろいろですが、今後もどのように展開されるのか楽しみでもあるガンプラコスヒロインシリーズなのでした。

55

⇒楽天でHGBFチニャッガイを探す
⇒駿河屋でHGBFチニャッガイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFチニャッガイを探す

コメントを残す