HGBF スクランブルガンダムのレビューです。

こんにちは!今回は、HGBG 1/144 スクランブルガンダムのレビューをご紹介します!

hakoe_800

HGBF 1/144 スクランブルガンダムは、ガンダムビルドファイターズトライの特別編『ガンダムビルドファイターズトライ アイランドウォーズ』に登場するガンダムタイプのキットです。ニルス研究所で開発された新粒子『プラフスキー粒子』対応のガンプラ。劇中では謎の少女の手に渡りますが、スクランブルガンダムもまた、謎に包まれたZガンダムベースの機体です。発売日は2016年9月10日。

1

頭部をはじめ、腕部、腰部、脚部など、かなりZガンダム色の強いキットです。オレンジと白が基本となり、ところどころにクリアーブルーのパーツでストーリー状の粒子対応型である印象を強めてあります。

2

背中には特徴的なウイングを装備。SEED系キットの雰囲気も組み合わせたようなスタイルになっています。ウイングは少し重さがあり、広げ方によっては直立がやや難しくなることもあります。

3

4

形状はシンメトリーな左右対称。両腕にビームライフルを装備しているため、文字通りの完全左右対称キットです。

5

6

頭部はほぼZガンダムにそっくり。少し彫りを深くした形状で、頬と顎が長めに。アンテナもZガンダムそっくり。

7

バストアップ。胸部前面にもブルークリアーパーツが取り付けられています。胸部ダクトは別パーツによって色分けされています。シールはほとんどありません。

8

腰部はシンプルにほとんど白カラーで形成されています。モールドなどのディティールもそれほど細かく掘られていないようです。

9

腕部の内側に合わせ目がありますが、肘部パーツは差し込みタイプなので、合せ目消しは比較的ラクです。

10

脚部は外側にあるひし形パーツを付け替えるだけで、左右の脚部を組み替えることができます。ひし形パーツのダクトは黒いシールでの色分けです。脚部は複数のパーツが組み合わさり、合わせ目が出ないような仕様になっています。

11

脚部もZガンダムとよく見ています。足裏は少し肉抜き穴があります。モールドはまずまず。

12

首の上げ下げは、顎や頬のパーツがあることでそれほど柔軟性はありません。後ろにも襟パーツがあるので見上げる動きも小さいです。

13

左右への首振りも襟パーツや顎、頬のパーツで制限されます。

14

腕部にビームライフルを装備している割に、腕上げはそこそこ上がります。水平以上に可動。

15

肘曲げも思いの外柔軟。肘部2箇所が可動するため、深い曲げ方をすることができます。

16

腰の回転はほぼ無いに等しいです。これでも腰をひねっている状態。

17

ビームライフルは腕部のブルークリアーパーツに取付可能。

18

ビームライフルの根元を回転させ、前方、後方に先端を向けることができます。ビームライフルの砲塔には合せ目あり。

19

背中のウイングを真横にした状態。この場合、直立がかなり安定しています。ウイングは基本最中割なので、中央に合わせ目があります。

20

ウイングを閉じた状態。この状態だと、直立が少し不安定になりますが、なんとか維持してくれます。

21

22

その他、様々な動きでワイルドさや華麗さを演出してくれます。

23

股下の穴にアクションベースを設置可能。

24

ウイングを持つキットなので、飛行状態がかなりよく似合っています。

25

脚部前後への開きは、前方へは水平程度に可動しますが、後方へはリアアーマーがモロに干渉するためほとんど可動しません。膝を上げると画像のようになる程度。膝の可動はまずまず。

26

足首の前後への可動域は広くありません。気持ち程度です。飛行形態になるため、足の甲がそれに対応した動きをします。

27

腰部のサイドアーマーが干渉するため、開脚はそれほど広げることはできません。足首の左右への曲げもほぼないです。

28

内股は太ももが干渉して適度。がに股は全開です。

29

立膝は少し不格好ですが、まずまずなスタイル。

ではここから、飛行形態に変形させていきます。変形方法は以下のとおりです。

30

①腰部から上半身と下半身を分離させます。

31

②背中のウイングを画像のように開きます。腕部のビームライフルを取り外しておきます。

32

③脚部の膝をS字型に曲げ、脚の甲を折りたたみます。アンクルガードも閉じておきます。

33

④下半身の前面を上側にし、上半身と組み合わせます。

34

⑤取り外しておいたビームライフル(前向き)を、ウイングの付け根と胸部(後ろ向き)に取り付けます。胸部への設置には、専用のアタッチメントを使います。

35

⑥以上で飛行形態完成です。

35_2

ビームサーベルの刃が2本付属します。ビームサーベルの柄は腰部に設置可能です。

65

キットのサイズはHGとしてはやや大きめ。

では適当に何枚かどうぞ。

36

37

38

39

40

41

42

44

46

48

49

50

53

54

55

57

58

60

62

63

64

組み立てているときにそれほど感動はありませんでしたが、ポージングで大きなウイングを広げた時にはテンションが上がりました♪ シンプルなカラーリングでモールドも少なく、デカールも少ないキットですが、ウイングを使ったポージングにはかなりかっこよさがあって楽しめます。

関節部はポリキャップがしっかりと効いていてやや固め。ポロリ箇所もなく、しっかりとポージングしてくれるのがいいですね。

ウイングの表現が豊かなので、それだけでも十分楽しめますし、飛行形態というおまけも付いているので、Zガンダムファンやビルドファイターズファンにはかなり楽しく、期待が持てるキットなのではないでしょうか。

⇒楽天でHGBFスクランブルガンダムを探す

⇒駿河屋でHGBFスクランブルガンダムを探す


コメントを残す