HGBD:R インジャスティスウェポンズ レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 インジャスティスウェポンズのレビューをご紹介します!

HGBD:R インジャスティスウェポンズは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンダムジャスティスナイトの武装『インジャスティスウェポンズ』のティターンズ風カラー1/144スケールモデルです。ショットランサー、円形シールド、マント風ウイングが付属。コアガンダムなどの同シリーズキットの他、既存のHG1/144スケールガンプラへの装備も可能。キットの強化や幅広いカスタマイズが楽しめます。価格は770円(税込み)。

HGBD:R ガンダムジャスティスナイト(以下、通常版)に付属する武装類と全く同じで、ブルーとダークグレーを基調としたティターンズカラー成型色で構成されています。内容物はKT-E03Rライテイ ショットランサー、CS-1202サークルシールド、マント風ウイング、ジョイントパーツ2種。

頭部パーツが余剰で付属します。

HGBD:Rガンダムジャスティスナイトに付属のものと並べつつ、各アイテムを簡単に見ていきます。まずはマント風ウイングから。成型色が若干暗めなので、装備するとグッと締まったような印象になるかと。白と赤成型色のものが通常版になります。

左右のウイングは展開が可能です。

続いてCS-1202サークルシールドです。通常版に比べるとメリハリというか、デザイン的な色味の変化が少ないですね。

裏面。このインジャスティスウェポンズは成型色がダークグレーなので、肉抜き穴がそこまで目立たないですね。

表面の小型ウイングは上下に可動し、裏面の収納可能なグリップやジョイントパーツは裏面のダボ穴各所に取り付けが可能です。

KT-E03Rライテイ ショットランサーを通常版のものと並べて。通常版とは対称的なカラーリングなので、装備させるとキットの印象もだいぶ違ってくると思います。

先端はモナカ割な組み合わせですが、合わせ目があまり目立ちません。

グリップ周りは左右挟み込みタイプですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

CS-1202サークルシールド、KT-E03Rライテイ ショットランサー、マント風ウイングをすべて連結させることで、特徴的な形状のナイトウイングが再現可能です。

ナイトウイングでフライトシーンを演出。簡易的なサポートメカではありますが、アイデアとしては面白いと思います。

通常版のナイトウイングと組み合わせて。

ウイングを閉じた状態の演出も可能です。

インジャスティスウェポンズをHGBD:Rガンダムジャスティスナイトに装備させて。

やっぱり武器類のカラーリング、印象が違うと、ガンダムジャスティスナイトの全体的な雰囲気も変わってきますね。

ジョイントパーツを使うことで、2ダボ接続のキットにもマント風ウイングが装備可能。通常版と同じ仕様になります。ジョイントパーツを噛ませる分、多少マントと背中との間に広がりが出てしまいます。

陸戦型ジムに装備させて。全く似合わないわけでもないですが、デザイン的にも相性はそんなに良くはないのかなと。サークルシールドのジョイントパーツは陸戦型ジムの前腕と合わないので、グリップのみの保持になり、どうしてもクルッと傾いてしまいます。サークルシールドを保持させたい場合は、ジョイントパーツが前腕に差し込めるキットでないと難しいかも。

ティターンズカラーなのでA.O.Zシリーズに装備させたかったですが、どれもバックパックのジョイント基部が違ったりして装備させるのが難しいようでした。(単体ごとなら保持が可能です。)

ティターンズカラーではないですが、HGUCガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴカラー)に装備して。ビルドシリーズの機体と考えれば、割と合っているような気もします。

HGBD:Rガンダムゼルトザームに装備させて。とってつけたような形になりますが、デザイン的には相性が良さそうですね。サークルシールドを保持するときは手甲パーツが外れやすいので注意です。ショットランサーは右腕のハンドに挟むように簡易的に持たせています。

最後にガンダムジャスティスナイトで何枚か。

マントは上部に展開が可能です。

以上、HGBD:R インジャスティスウェポンズのレビューでした。続いてHGBD:R インジャスティスウェポンズのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はこのインジャスティスウェポンズを、ティターンズカラーのガンダムMk-Ⅱに装備させた状態で掲載されています。同じカラーリングなので印象はいいですね。

HGBCなどのオプションアイテムと同じパッケージサイズ。

横絵ではHGCEストライクフリーダムガンダムに装備させています。

全部で2袋分のランナー。

説明書です。組み立ても通常版とほぼ同じです。

↑↑F1、F2ランナー。ダークブルー成型色で、マント風ウイングパーツやCS-1202サークルシールド、KT-E03Rライテイ ショットランサーなどの武装パーツ、カスタマイズパーツです。通常版のものと全く同じですが、ランナーが梱包用に中央でカットされています。

↑G1、G2ランナー。ダークグレー成型色で、CS-1202サークルシールドやKT-E03Rライテイ ショットランサーパーツなど。こちらもランナーの一部がカットされています。

以上です。キットのデザインやジョイント形状などに左右されますが、装備させることができれば、また一味違った良さや面白さを感じることができます。ガンダムMk-Ⅱのように意外と相性のいいものもあるでしょうし、そういった相性のいいキットを模索するというのでも楽しめそうですね。HGBD系もデザインが似ているので組み合わせると相性が良さそうです。ただ、同じHGBD:Rシリーズでもアースリィガンダムやコアガンダムなど、装備できないキットのほうが多いので、いろんなキットに対応できるジョイントパーツが付属していても良かったかも。

ガンダムジャスティスナイトに装備させると雰囲気が変わりますし、これ単体で組み合わせてナイトウイングを構成させるなど、正規の楽しみ方でも満足出来ますし、改造やカスタマイズ用のオプションアイテムとしても意外性などが出て、表現の幅が広がりますね。

⇒楽天でHGBD:R インジャスティスウェポンズを探す
⇒駿河屋でHGBD:R インジャスティスウェポンズを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R インジャスティスウェポンズを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年12月26日 at 05:54 - 返信

    マークⅢが出たら取り付けたいと思います
    それまで封印

コメントを残す