HGBD 煌・ギラーガ レビュー

今回は、HGBD 1/144 煌・ギラーガのレビューをご紹介します!

HGBD1/144 煌・ギラーガは、『ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ『煌・ギラーガ』の1/144スケールモデルキットです。ベースのHG ギラーガに比べ、成形色がブルーに変更。全身にはクリアパーツが追加され、HGBDならではのシルエットに変化したキットになっています。尻尾の節が約3倍の数に拡張され、取り外して鞭の様に使用することも可能です。価格は1,944円(税込み)。

人型竜のような造形が特徴的なHGBD煌(ギラ)・ギラーガ。ガンダムビルドダイバーズのフォース『百鬼』に所属するドージの所有ガンプラです。ベースのHGギラーガに比べて各部が細かい造形に変更され、ブルークリアーパーツなども新造。より情報量の多いキットになっています。「悪魔と契約したギラーガ」とのこと。

外装のブルーは2色の成型色で構成され、部分的にグレーのパーツも使用して色分けされています。AGEのHGギラーガは外装の赤が2色に分かれておらず、少しおもちゃっぽさ感じるものでしたが、煌・ギラーガは情報量が多くなっているので、ガンダムビルドダイバーズシリーズの他キットと比べても遜色ない仕上がりになっています。

ポリキャップはPC-001を使用。各部に多めにポリキャップが使われているので、各部の強度は高いです。バックパックやギラーガギラテイルが大きいのでやや後方に比重がかかりますが、関節強度の高さで自立できています。

頭部。なじみのあるガンダムやザクタイプではないモンスターのような特徴的な形状。一部HGギラーガの特徴を残しつつ、前後のアンテナなど新造パーツによってまとまったスタイルになっています。こめかみのダクトは黄色いシールによる色分け。頭部は左右挟み込みタイプですが、口元に合わせ目が少しできる程度です。

内部はセンサータイプの造形で、グリーンのシールを貼るようになっています。首はおなじみの形のポリキャップですが、通常とは逆向きに差し込むようになっています。

胸部。こちらの形状はHGギラーガから変わらず。成型色が赤から青に変わったのと、中央のクリアーパーツがグリーンからブルーに変更されています。(画像では表面にブルーのシールを貼っています。)花のような部分はライトグリーンのシールを貼って色分けするようになっています。

腹部、腰部。アーマー類は鱗のような特徴的な造形。腰にはベルトのような造形がフロントからリアに流れています。リアアーマーもフロントアーマーと同じトゲトゲしい形状で、リア中央には尻尾のような造形がされています。

尻尾の先にはギラーガギラテイルを装備。ギラーガギラテイルはリード線に鱗のような形状のパーツを複数差し込んで再現。自由なフォームに曲げて楽しむことができます。

ギラーガギラテイルにはグリップが付いているので、本体から分離させて鞭(むち)のように武器として使用可能です。

腰部アーマー裏にモールド類はなし。シンプルな造形です。フロントアーマーの接続はボールジョイント型のポリキャップを使用。

腕部。複数パーツの組合せによって細かい色分けが再現されています。HGギラーガよりも情報量が多くなっていて、肘のクリアーパーツも大型化されたものになっています。二の腕、前腕共に左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。

平手は人型の5本指。手のひらにはヴェイガンモビルスーツの特徴的な武装であるビームバルカンを装備。ビームバルカンは付け根がボールジョイントになっているので左右に振ることが出来ます。

ショルダーアーマー。前後挟み込みタイプなので上部に合わせ目ができます。HGギラーガよりもアーマーの形状が少し変化し、側面には黄色い3枚のフィンが露出した形になっています。フィンは少しだけ上下可動します。

脚部。こちらも腕部と同様に、複数パーツの組合せによって情報量が多くなっています。大腿部は前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができ、膝から下は左右挟み込みタイプなので後部に合わせ目ができます。

膝から下は複数パーツの組合せで洗練された形状に。ふくらはぎ下部には3枚のフィンが造形されています。こちらのフィンは可動せず。

足首から下の部分。全体的な形状はHGギラーガと大きく変わらずですが、かかと部分が新規に加えられたパーツによって長めに造形されています。こちらも3枚フィンの造形。足裏はつま先側にモールドと肉抜き穴がある造形です。

バックパック。ギラーガと同じ造形に、新造のクリアーパーツを組合せた形状。ウイングのようなスタイルで、ギラーガギラビットを2基装備しています。ギラーガギラビットを広げた状態で差し込んでいるクリアーパーツが悪魔の翼のような造形で特徴的。

ギラーガギラビットの付け根はポリキャップのボールジョイント式でしっかりと固定されますが、動かすと浮いて外れやすいので注意が必要です。

ギラーガギラビットを外していろんな角度から。ビットは下側は被せるタイプですが、上側は左右挟み込みタイプなので合わせ目ができます。

クリアーパーツは脱着可能。取り外すことでビットを折りたたむことができます。

バックパックは形状が異なる3箇所のダボ接続。固定強度は高いです。

いつものように、HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと比較してみました。かなりの長身キットで、設定での全高は20.3m。設定的に、ルプスレクスの全高19mよりもさらに大型の機体に設定されています。

HGBDダブルオーダイバーと。劇中ではあまり差を感じませんでしたが、キットだとだいぶサイズ差があります。

首の上下可動はまずまず広め。しっかりと見上げることができます。左右への可動も干渉することなく水平以上に向けることができます。

腕はショルダーアーマーが干渉するので水平程度。肩の引き出しギミックなどはありません。肘はコの字に折り曲げることができます。

肩は多少前側に引き出せますが、前後ともそれほど広いスイング幅ではないようです。

腹部の前後可動は微動。腰の回転は、上半身の角度を少しひねるようになりますが、360度回転可能です。

股関節下部にはアクションベースマウント用の穴が空いていて、ディスプレイしない場合は蓋で塞ぐようになっています。

フロントアーマー、リアアーマー共に可動するので、前後開脚はかなり広く柔軟。

膝もふくらはぎ下部の3枚フィンが干渉しますが、しっかりと折りたたむことができます。膝内部パーツは左右挟み込みタイプで合わせ目が出来ます。部分的に取り外せない構造なので、合わせ目消しは少し大変そう。

足首も広めに前後可動します。かかとはふくらはぎ裏のフィンに干渉するまで上げることができます。

左右へも適度に角度をつける事ができます。つま先とかかとが独立可動するようになっています。

股関節がボールジョイントなので、左右への開脚はあまり広く可動できず、ハの字程度に。

内股、ガニ股も股関節のボールジョイントの影響であまり広く角度をつけることが出来ませんでした。

立膝はとてもキレイな状態でこなしてくれます。

バックパックのギラーガギラビットは、付け根がボールジョイント型のポリキャップで柔軟に可動します。ですが比較的外れやすい部分でもあるので注意が必要です。

ギラーガギラスピア☓2、握り手ハンドパーツ(左右)、武器用ハンドパーツ(左右:手甲パーツ組み換え)が付属。武装類は少なめ。

その他、HGギラーガのパーツやHGBD煌・ギラーガの余剰パーツなどが付属します。HGギラーガ用のアンテナがあるので、こちらを取り付けて変化を加えてみても面白そうですね。

ギラーガギラスピア。細身のシンプルな造形武器です。先端のグリーンはシールによる色分け。

ギラーガギラスピアは下部の凹型部分を武器用ハンドパーツに差し込むだけで固定できます。しっかりと差し込めているのでポージングしやすかったです。

反対側にも差し込むことで、ナギナタのようなスタイルも再現可能。

では適当に何枚かどうぞ。

平手のビームバルカンには、HGBDリーオーNPDに付属しているビーム・サーベル刃を取り付けることができました。

以上です。モンスターや悪魔のような造形で、まったくガンダムらしくないところが逆にいいですし面白いですね。HGギラーガに比べ各部にクリアーパーツが加えられ、凸型部分が増えたことでポージングのかっこよさが増しているようです。

手首が多少緩め、股関節の可動域が狭い、背中のギラーガギラビットのボールジョイントが動かすと外れやすいというところはありますが、ポージングに大きく影響することもないですし、特にストレスを感じるものでもないので問題ないかと。

脇役的な存在で比較的後回しにしてしまいがちなキットかもしれませんが、実物の出来やポージングのかっこよさなどは高いものがあるので、気分転換や少し違ったタイプのガンプラを楽しみたいという場合にもとてもいいキットだと思いますよ。

⇒楽天でHGBD 煌・ギラーガを探す
⇒駿河屋でHGBD 煌・ギラーガを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD 煌・ギラーガを探す

コメントを残す