HGBD ダブルオーダイバーエースを作る④ 塗装、スミ入れ、デカール貼りなど

今回は、HGBD ダブルオーダイバーエースを作る④をご紹介します!

前回ガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってパーツ塗装を済ませましたが、あと少し塗装が残っているのでそちらを済ませ、スミ入れやデカール貼りをして仕上げていきます。過去キットのレビューも交えつつ更新しているのあまり制作時間が取れていないですけど、とりあえず出来ているところまでって感じですね。

サーベル刃は1本は前回、ガンダムマーカーSEEDホワイトでグラデ塗装しましたが、ちょうどガンダムマーカーが尽きてしまったので、フラットホワイトを薄めてエアブラシでグラデ塗装しておきました。

関節パーツ類はサフを吹き、艶ありブラックで下地塗装してからスターブライトアイアンで塗装しています。ガンダムマーカーのガンメタリックがあればそれで塗装していましたが、ガンメタリックはガンダムマーカーベーシックセットなど、セットにしか付属していないので、今回は通常通りにエアブラシ塗装をしました。

これで一通りパーツ塗装が済んだので、続いてスミ入れをしていきます。

まずは白い外装パーツですが、最近お気に入りのMr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れをしていきました。通常通りにスミ入れしていきましたが、溶剤と綿棒ではみ出た部分を落とすとき、どうも色が落ちにくく、かなり汚れて滲んだ感じになってしまいます。

これは塗装に使用したガンダムマーカーのSEEDホワイトにつや消しの粒子が含まれているため、ザラザラの表面にスミが入り込んでしまうので落ちにくくなっているのだと思います。なので汚れ感を出したいならそのままでもいいですが、シンプルにスミ入れだけを施したいなら、コピックモデラーなどのペン系を使ってスミ入れしたほうがきれいに仕上がると思います。

続いてSEEDグレーで塗装したパーツにスミ入れをしていきます。こちらもMr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れ。同系色だからか、こちらはそこまで滲むことなくスミ入れできました。滲み(にじみ)が気にならないといったほうがいいかも。

青いパーツはタミヤエナメルのロイヤルブルーとジャーマングレイを半々ぐらいに混ぜ、溶剤で薄めてスミ入れをしておきました。エナメル溶剤だと特に落ちにくいなどもなかったです。

ダイバーエースユニットのバーニア部分はエナメルのジャーマングレイで筆塗りしておきました。

ダブルオーダイバーエース用の水転写デカールは発売されていないので、いつものようにハイキューパーツのRB01コーションデカール(レッド&グレー、ホワイト)を使います。それと、ナンバーを入れたいので、ガンダムデカールDX04のナンバーデカールを少し使いました。

デカールはそれほど多くは貼らず、全体的に余白が出来ないよう、バランスよく配置していきました。(つもりです;)

デカールを貼ったら仕上げにつや消しです。ガンダムマーカーエアブラシシステムが手軽に塗装できるということで、つや消しコートもスプレー缶で簡単に施せるようにしました。使うのはプレミアムトップコート。水性で、白化現象を極限まで抑え、塗装面の色の質感を大事にしながらツヤを消すことができるつや消しコート剤になります。

白化を抑えられますが完全ではなく、吹くときに近づきすぎたり垂れそうなくらい吹いてしまったり、容量がなくなりつつあるときに吹いたりすると白化しやすいので注意が必要です。それと、ガンダムマーカーのSEEDレッドで塗装したパーツに吹くとオレンジっぽく色が変わったりしたので、少し相性などもありそうなのでご注意を。

ガンダムマーカーエアブラシシステムは室内で使っても汚れや匂いなどがあまり気にならないですが、つや消しスプレーはかなり匂いが強いので外で吹きました。マスクも必須です。HGBDダブルオーダイバーエースをコートする場合、パーツをバラした状態でコートする場合は1本では足りないので、2,3本用意しておいたほうがいいかと。

以上です。今つや消し缶を発注中なので、コートを済ませたら各部を簡単にディテールアップして組み上げて完成させたいと思います。今回は時間がなかったのでちょっと殴り書きっぽい感じになりましたがご了承くださいませm(_ _)m

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGBDガンダムダブルオーダイバーエースを探す
⇒駿河屋でHGBDガンダムダブルオーダイバーエースを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBDガンダムダブルオーダイバーエースを探す

コメントを残す