HGBD ジェガンブラストマスターのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD 1/144 ジェガンブラストマスターのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はツインサテライトキャノン発射体制のジェガンブラストマスターと、ガンダムダブルオースカイが掲載。ツインサテライトキャノンが大きいのとダブルオースカイをあわせて掲載しているからか、本命のジェガンブラストマスターは端に小さめに描かれたイラストになっています。箱絵は少し物足りなくも感じますが、今後の劇中での活躍に期待です。

箱の大きさはHGとしては大きめ。通常のHGパッケージに比べ、縦横、高さ共に1cm程度大きいサイズになっています。このサイズのパッケージはHGBDとしては初。HGBDシリーズの箱を積んだ場合は、1個だけボコッとはみ出るようになります。ですがシリーズ後半に向けて重厚感のあるボリューミーなキットが登場するのは大歓迎です^_^

横絵はバンダイのホームページ掲載画像をそのまま流用したような構成。ちょっとさみしい気も・・・。

では開封。ジェガン用の流用ランナーが多く、余剰パーツもまずまず多めなので、このパッケージサイズでもいっぱいに入っています。

全部で5袋分のランナー。

説明書です。パケ絵と機体解説、ダイバー解説、ビルドダイバーズ語録といういつもの構成。ビルドダイバーズ語録、今回は『ダイバー達の想い』。いつもの特定ワードではなく、一つの偶発的とも言える可能性について記載されています。

ジェガンブラストマスターについては、ダブルゼータのハイメガキャノンにセラヴィーのGNキャノン、サテライトキャノン、カリドゥス複相ビーム砲といったガンダムシリーズ主要キットの大型武装を各部に取り付けた構成。ジェガンという地味めで奥ゆかしい機体でありながらも、後方支援機として少しでも破壊力が増強されるような、ユッキーの魂が感じられる機体になっています。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てはHGUCジェガンに新規外装パーツを組み合わせるような構成なので、ジェガンバリエーションを多く組んでいれば馴染みの構造かと。説明書はページ数こそ多いですが、モノクロ面に集約されているのでカラー面は比較的組み立てが少なめです。武器類も少ないので、組み立てにそれほど面倒さは感じませんでした。

カラーガイドはほとんど基本色ベースで調色してありますが、複数色を混ぜ合わせるガイドになっているので、その点は少し手間がかかります。パーツすべてを塗装し終える前に塗料がなくなると、同じ色が作れず、また調色して一から塗装ということにもなりかねないので、調色する量には余裕をもたせておきましょう。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。グレー、濃いオレンジ、クリアーグリーン、ホワイトのイロプラランナー。スイッチの切り替えをせず、金型のすべてのパーツをプレスしているからか、HGUCジェガン系統のパーツがすべて含まれたランナーになっています。以下、HGUCジェガン系からの流用です。

↑Cランナー。淡いオレンジのランナーです。ジェガンブラストマスターの外装パーツ類。

↑Dランナー。グレーのランナーで、関節パーツ類。Dランナーは2枚あります。

↑L1、L2ランナー。レッドの成型色で、ジェガンブラストマスター用の新規ランナー。各部外装パーツ類です。

↑M1、M2ランナー。ホワイトのツインサテライトキャノンパーツやブラストマスター本体の腰部パーツなど。

↑N1、N2ランナー。グレー成型色で、足裏やツインサテライトキャノン、バックパックなど各部パーツがまとめられたランナーです。

↑Oランナー、ポリキャップPC-132A、PC-7、ホイルシールです。Oランナーはクリアーブルーの胸部パーツ。

以上です。キットは量産機ながらも派手な主役機級の武装を装備した面白い造形になっていますが、このジェガンブラストマスター発売時現在、まだ劇中に登場しておらず、どんな活躍をしてくれるのか未知数なところがあります。

なので、このジェガンブラストマスターがより活躍できる舞台での迫力ある戦闘シーンを期待したいですし、それによってこのキットの良さが高まるような、そして強さが認識できるようなストーリー展開も期待したいですね。

⇒楽天でHGBD ジェガンブラストマスターを探す
⇒駿河屋でHGBD ジェガンブラストマスターを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD ジェガンブラストマスターを探す

コメントを残す