HGBD インパルスガンダムランシエのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD 1/144 インパルスガンダムランシエのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はランシエジャベリンやシールドを装備したインパルスガンダムランシエがアップで掲載。背景はアルクと同じく宇宙を飛行するチェストコアフライヤーとレッグフライヤーが掲載されています。さすがに兄弟機なだけあって、パケ絵のポーズも武器が違うだけでアルクとランシエで似てますね^_^

箱サイズはアルクと同じで、一般の箱サイズと同じ大きさ。

横絵もアクション、セパレーティング/コンビニングと、アルクと同じような並びで掲載されています。ちなみにセパレーティングは『分離する』、コンビニング(カンビニング)は『結合する』という意味です。

では開封。開封時の見た目はアルクとは異なり、一番上に大判ランナーが被さった形になっています。ちょっと意外ですが、もしかしてガンプラって、一個一個入れ方が違うんですかね。

全部で4袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。表紙はHGBDおなじみのランシエと所有者のカルナ、そしてダイバーズ語録が掲載されています。ランシエに関してはアルクと記載されていることはほとんど変わりません。ぶっちゃけ言うと、コピペして違う部分だけ書き換えた感じ^_^; 安易な・・・。

カルナに関しては、多少軽そうなところはありますが、腕は確かなようですしイヤリングをプレゼントしたりみねうちしたりと優しいところもある親しみやすいキャラクターですね。どことなくコーラサワーに似てなくもないかな。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。構造がアルクと同じ為、アルクを組み立てた直後だとかなり短時間で組み上げることができました。サイドアーマーやリアのタンクなどの作りは多少違いますが、四肢の組み立てはほぼ同じなので説明書を見なくてもなんとかなりそう。正直脚部がインパルスガンダムと全く同じ造形なのはお世辞にも嬉しいとは言えないので、できれば側面にミサイルポッドなどでも追加されていると面白かったのかな~とも思います。

カラーガイドはベースこそ青とピンクで違いますが、それ以外はアルクと同じでなかなか細かい調色になります。外装はピンクの中に少しインディブルーを混ぜ、若干派手さを落とした重みのある色にしてあります。(それでも明るいですけど;)普通のピンクだとおもちゃっぽさが出てしまいがちなので、何気にこのブルーが重要だったりします。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ピンクのランナーで、各部外装パーツなど。

↑B1ランナー。グレーのランナーです。内部パーツ類。

↑A2、B2ランナー。A2がピンクでA1の一部と同じ。B2はグレーでB1の一部と同じ。

↑C1、D2、F2ランナー。C1がレッドの外装パーツ。D2がダークイエローの脚部や腹部パーツなど。F2がクリアーグリーンのツインアイパーツ。ここまでアルクに付属しているランナーと全く同じ形状です。(成型色は異なります。)

↑I2ランナー。ピンク、ホワイト、グレー、ダークイエローのイロプラランナーです。アルクではI1が付属していましたが、ランシエではI2が付属しています。

↑J1、J3ランナー。共にレッドのランナーで、各部外装パーツ類。J1は部分的にアルクに付属のものと同じですが、アルクにはJ2ランナーがあってJ3ランナーがありませんでした。

↑K2ランナー、ポリキャップ(PC-002)、ホイルシール。K2はライトグレーのシールドパーツ。

以上です。エミリアとカルナの二人は、どちらかというとクランシェの印象が強いですね。プロローグやロータスチャレンジではこの機体で活躍していました。ですがガンダムタイプに乗り換えたことで機体性能はアップしていると思いますし、二人のコンビネーションはより高まっているようなので(コンビネーションシーン、ラスト話の1回だけですけど;)、そういった部分でも分離合体できるインパルスガンダムは最適なベースキットなのかもしれませんね。

⇒楽天でHGBD インパルスガンダムランシエを探す
⇒駿河屋でHGBD インパルスガンダムランシエを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD インパルスガンダムランシエを探す

コメントを残す