HGBC スピニングブラスター レビュー

今回は、HGBC スピニングブラスターのレビューをご紹介します!

HGBC 1/144 スピニングブラスターは、ギアを回転させることで武装が変形する特徴的な新感覚ビルドカスタムパーツです。様々な形態に変化し、ソードパーツなどは単品としても装備が可能。『ガンダムビルドダイバーズ』シリーズキットなどのガンプラに装備することで、バトルシーンをイメージした遊び方も楽しめます。価格は648円(税込み)です。

内部に組み込まれたギアとソードパーツ、キャノンパーツを組み合わせることで様々なスタイルに変形が可能な特殊武器のスピニングブラスター。特徴的な形状とボリューム感のある武装が印象的なキットになっています。

全部で5つのパーツで構成され、成形色はグレー単色。素組みだとシンプルな色合いになりますが、塗装してカラフルにしてみても面白いかも。

スピニングブラスター基部。くの字のような特徴的な形状。モールドが適度に入っていて、見た目の物足りなさは感じません。

本体部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。ですが一部は端に合わせ目がくるようになっているのでムリに消さなくてもいいのかも。上部は大きく空間が空いています。

基部は内部3箇所に回転軸がついていて、武器パーツ接続部とグリップの2箇所はギアによる組合せ。

側面各部にある円形パーツを回転させることで可動するようになっています。

グリップパーツと円形パーツは組み換えが可能。左右合計6箇所いずれの部分にも組み換えができます。差込口は楕円形になっているので、規格サイズの武器やパーツ類をマウントすることはできないようです。

後部のグリップも円形パーツを回転させることで展開します。

ソードパーツ。側面は左右対称で、こちらも適度にモールドが入っています。1個パーツなので刃先は合わせ目なし。付け根の太い部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。

基部の中間からマウント部が展開。ここに小型のソードパーツがマウント可能です。

装着した小型ソードパーツは円形パーツやグリップを回転させることで前後に収納可能。

スピニングブラスター基部にソードパーツをマウントさせることでライフルモードに。

ライフルの砲口は開口しています。

まずまず重量があるので手甲パーツが外れやすいキットだと多少保持しづらさがあるかもしれませんが、HGBDのキットだと可動域も広めなので保持はしやすかったです。

あまり柔軟ではないシェヘラザードでも問題なく保持できました。

ギアを回転させて各部を展開することでソードモードに。チェーンソーのような大型武器になります。

グリモアレッドベレーは手首が前後に広く可動するので、こういった大型武器の保持はかなりしやすいです。

ソードパーツはグリップが展開。単体でも保持が可能です。ライフルの砲口もポリキャップ接続で脱着可能。

グリップもしっかりとしているので保持はしやすいです。

キャノンパーツ。こちらも適度にモールドが入っていて良い造形。本体部分が左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。

キャノンパーツの先端は4基のガトリング砲口になっていてそれぞれ開口しています。上部のグリップは展開式で、後部のキャノン砲口は伸縮可能。

キャノンパーツを基部に取り付けるときは、小型ソードパーツではなく砲口パーツを取り付けます。

キャノンパーツを基部に取り付けた形態。このときは砲口を伸ばしておきます。かなり大型サイズの武器になるので、装備することでキットの重厚感が増します。

HGBDジムⅢビームマスターは手首が弱かったり武器用ハンドパーツでないと保持できなかったりしますが、形状的にも重厚感あるジムⅢとスピニングブラスターとの相性はバッチリです。

ヘビーガンダムとの相性も良さそうですが、スピニングブラスターの重量で上半身が前側に傾いたりするので、保持させるにはキットを補強してやる必要があるかもです。

各部のギアを回転させ、4基のバルカン(キャノン)、グリップ、上部の砲口を展開させることで形態を変化させることができます。

HGBDダブルオーダイバー(エース)は関節強度も高めなのでかなり保持がラク。重量のあるスピニングブラスターを保持してもキットの姿勢は安定しています。手甲パーツは外れやすいですが、あまり気にならずポージング出来ます。

グリップを展開させ、キャノンパーツのみで保持。グリップの付け根が曲がることもなく、ポージングしやすいです。

では続いてHGBCスピニングブラスターのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はスピニングブラスター各種を並べたイラストと、HGBDダブルオーダイバーエース、今月発売のHGBD煌・ギラーガやHGBDリーオーNPDにスピニングブラスターを装備させた画像が掲載。

箱の大きさは一般的はHGBCパッケージと同じ大きさです。

裏面にはHGCEフォースインパルスガンダムやHGUCイフリート・シュナイドに装備させた画像も掲載。HGBDだけでなく様々なガンプラに装備させても楽しめるアイテムになっています。

横絵も表面と同じ画像が掲載された簡単なものになっています。

では開封。ボリューム的にまずまずかと。

1袋分のランナーです。

説明書はおなじみのペラ説明書。ポリキャップ(PC-6)の使用箇所はあまり多くないのでかなり余ります。とっておいて自由に使ってもいいですね。

ポリキャップ以外はすべてのパーツを使用します。組み立てもそれほど複雑ではなく、小さいパーツも少なめなので組み立てやすいかと。

カラーガイドは少し濃い目のグレーを作って塗装せよとのことです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。グレーのランナーです。スピニングブラスター基部のパーツ類やソードパーツを基部に取り付ける際の小型ソードパーツ、キャノンパーツを基部に取り付ける再の砲口パーツなども入っています。

↑A2ランナーとポリキャップ(PE-6)。A2はグレーのランナーで、ソードパーツやキャノンパーツになります。

以上です。全体的にはそれほど多くないパーツ数でも、ギアを回転させて形態を変化させることで様々なスタイルで保持、ポージングさせられるのがいいですね。ソードパーツにもキャノンパーツにも後部に砲口があってアイデア性も高いですし、ともに単体で保持できるのもいろんな楽しみを感じさせてくれます。

欠点としてはそこそこ重量があるので、各部が弱いキットで保持する場合はキットの各部を補強してやる必要があるかも。ですが問題点はそれくらい。作りもしっかりとしていますし、装備することでド派手なポーズが可能なので、重武装として楽しみが広がるアイテムでした。

⇒楽天でHGBC スピニングブラスターを探す
⇒駿河屋でHGBC スピニングブラスターを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBC スピニングブラスターを探す

コメントを残す