HGAW ガンダムエアマスター レビュー

今回は、2014年7月に発売されたHG 1/144 GW-9800 ガンダムエアマスターのレビューをご紹介します!

HGAW ガンダムエアマスターは、『機動新世紀ガンダムX』に登場するMS『ガンダムエアマスター』の1/144スケールモデルキットです。近年のHGシリーズフォーマットにより、スタイリッシュなプロポーションを実現。一部パーツの差し替えにより、ファイターモードも再現可能なキットになっています。バスターライフル、ショルダーミサイルも付属。価格は1,870円(税込み)です。

第7次宇宙戦争において旧地球連邦軍が投入した決戦兵器の1機『ガンダムエアマスター』がHGでキット化。軽量化されたフォルムと高機動仕様ならではの機体デザインが印象的なキットになっています。劇中ではバルチャー艦「フリーデン」の主力であり、フリーのMS乗り『ウィッツ・スー』が搭乗。

成型色はホワイトをベースに、レッドやイエローを配色。ヒロイックですが、ガンダムタイプ特有のトリコロールカラーではなく、若干個性的なカラーリングになっています。シールは頭部センサーや肩ラインモールドを補うくらいと少なめ。エアインテーク内部やショルダーミサイルの先端、ウイング、バスターライフルなど、塗装が必要な箇所は多いです。

関節や内部パーツにはKPSパーツが使用されています。

ポリキャップはPC-002をすべて使用し、各部の関節強度は高めです。背部にウイングやファイターモードの機首を装備していますが、後方にそれほど比重がかかることはなく、自立は安定しています。

肩のウイングユニットを外した状態。

頭部。メット部全体が赤、アンテナの中央や顎がグレーに色分けされるなど、他のガンダムタイプとは異なる個性的なカラーリングになっています。ツインアイや前後のセンサーはグリーンのシールでの色分けで、左右のヘッドバルカンやダクトはグレーに塗り分けが必要です。

メット部は左右挟み込みタイプなので、頭頂部から後頭部にかけて合わせ目ができます。

胸部。形状はガンダムタイプに近いですが、装甲がホワイトに配色されています。左右のエアインテーク内部はグレーに塗り分けが必要。

胸部は変形ギミックとして大きく跳ね上げることができます。(頭部を外しています。)

腰部。縦長な各部装甲など、スリムでスタイリッシュに造形されています。フロントアーマー各部のモールドはグレーに、サイドアーマーの一部は白く塗り分けが必要。

腰アーマー裏にモールドは造形されていません。

腕部。比較的シンプルですが、前腕が赤く色分けされるなどヒロイックさも併せ持つなデザインになっています。

腕部は簡単な内部フレームが造形されています。

二の腕は筒型で合わせ目はありません。前腕は左右挟み込みタイプですが、パーツで色分けされ、合わせ目も段落ちモールド化されているのでそのままで問題ないようです。ハンドパーツはトリガーに指をかけるタイプ(武器持ち手)しか付属していません。

ショルダーアーマーはプレーンな造形の挟み込みタイプ。一部は段落ちモールド化されていますが、上部に合わせ目ができます。

脚部もスラッとしたスリムでスタイリッシュな造形に。膝のモールドや側面下部の三角型ダクト、後部の小型ダクトはグレーに塗り分けが必要です。

大腿部は筒型で合わせ目はなし。膝から下は左右挟み込みタイプでスネの合わせ目は段落ちモールド化されています。後部は形状に沿った形にはなっているものの、部分的に合わせ目ができる作りになっています。

ソール部。シンプルな作り。脚甲の角型ダクトはグレーに塗り分けが必要です。足裏はつま先側に肉抜き穴があります。

つま先は変形用に可動させることができます。

背部にはファイターモード用の機首部分を装備。裏面は一応カバーパーツがありますが、上下の簡単な組み合わせで側面に合わせ目ができます。

機首は付け根のアームによって上部に展開することができます。

背部には3.0mm穴が空いていますが、特に用途は確認できませんでした。下部の角型スラスターはグレーに塗り分けが必要。

肩に装備するウイングユニット。肩全体を覆うなど、個性的な作りになっています。

前面の装甲は赤と白のパーツで色分けし、ラインは黒いシールでの色分けです。付け根はヒンジ型で見栄えはあまり良くないですが、上下に可動します。

上部にはショルダーミサイルを装備。ショルダーミサイルは前側を赤く塗り分ける必要があります。

後部のウイングも白と赤パーツでの色分け。部分的に合わせ目ができる作りになっています。

ユニット裏面。

ウイングは付け根のアームによって左右や回転などフレキシブルに可動します。ユニットの肩接続部も少し向きを変えることができます。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。ガンダムXの登場機ということで、全体的に小型のキットになっています。ガンダムエアマスターの全高は17.2m。

同シリーズ(機動新世紀ガンダムX)のHGAWガンダムダブルエックスと並べて。(ガンダムエックスは手元にないので比較できませんでしたm(_ _)m)

頭部の可動は、顎を引く動きはあまりできませんが、見上げる動きはある程度可能です。左右へも干渉なく真横にまで可動しました。

腕は肩のウイングユニットが干渉するため水平程度まで。肘は二重関節なので、深くまで曲げることができます。

肩はボールジョイント接続によって広めに前後スイングさせることができます。前方へはポリキャップが引き出せるぶん、さらに広くスイングが可能。ウイングユニットを装備していても可動域は同じです。

腰のボールジョイントにより、上半身をある程度前後スイングさせることができます。

腰は360度回転が可能。背部の機首部分を少し展開すれば干渉が避けられます。アクションベースやスタンドへは、通常通り、3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は、前方へは広めに展開が可能。後方はリアアーマーが可動しないのであまり広い展開は出来ないようです。

膝は二重関節で深くまで曲げることができます。膝関節パーツは合わせ目が段落ちモールド化。膝装甲裏はくり抜き状態です。

足首は、前後へはそれなりに可動しますが、左右へはあまり可動させることができないようです。

左右への開脚は水平にまで広く展開が可能。サイドアーマーは後方に交わしておきます。

大腿部と股間部が干渉するため、内股はわずかです。がに股は干渉なく、水平以上に展開が可能。

立膝は多少傾く感じですが、それなりに再現が可能でした。

可動域の総括としては、肩にウイングユニットがあるため、腕の動きがある程度制限されますが、脚部などは柔軟。近年のフォーマットらしく、全体的に見ても、柔軟なポーズが再現できそうです。

バスターライフル(左右)が付属。

バスターライフルはモナカ割で合わせ目ができます。

2本とも形状はほとんど同じですが、側面の縦長ダボの位置が左右で異なります。

なのでサイドアーマー左右にそれぞれマウントさせることができます。

ハンドパーツがバスターライフル専用のものなので、隙間なくしっかりと保持できています。トリガーに指が添えられているので見栄えもいいですね。

造形バランスが良く羽根物キットらしさもあるので、簡単なポーズでもかっこよく決まります。

もちろんウイングを展開した状態でのポージングも可能です。

ショルダーミサイルを取り外して後部に3.0mm軸を差し込むことで、ミサイル単体でのディスプレイも可能。発射シーンが再現できます。

ファイターモードへの変形は、頭部と胸部パーツを外して左右の装甲やウイングを展開。

つま先は伸ばして膝を逆S字に。

胸部を上げて機首を展開。下半身は腰を360度回転させて前後の向きを変えておきます。腕は肘の角度を少し変えておきます。

外しておいた胸部パーツを機首裏に取り付け、前腕にバスターライフルを取り付けたら、ファイターモードへの変形完了です。リアアーマーのカバーパーツを外すことで3.0mm穴が露出。ファイターモードディスプレイ用に使用可能です。

ファイターモードをいろんな角度から。

各部が固定されていないですが、関節強度が高いうちは形状を維持することができます。

適当に何枚かどうぞ。

設定にはないかもですが、バスターライフルは前腕にもマウントが可能です。

以上です。メット部が赤成型色になっていたりと、一見すると特殊な印象もありますが、全体的にヒロイックさが強く、かっこよさが前面に出ています。肩のウイングユニットが邪魔になりそうですがそうでもなく、ポーズが決まりやすいキットになっているのもいいですね。

気になる点としては、多少手首が弱いのでクネッとなりやすいのと、股間部の3.0mm穴が緩めでキットがクルッと回転したりすることがあるので、ポージング時は少し気にかける必要があるかもです。あと、各部の色分けが不十分なので、塗装で完全な色分けを再現したい場合は少し手間がかかりそうです。

ファイターモードも個性的でいいですし、ディスプレイも安定しています。シリーズ放送からHGのキット化までには20年近く要しましたが、おかげか、プロポーションバランスもよく、満足度の高いキットに仕上がっているのが嬉しいですね。

icon

⇒楽天でHGAW ガンダムエアマスターを探す
⇒駿河屋でHGAW ガンダムエアマスターを探す
⇒ヤフーショッピングでHGAW ガンダムエアマスターを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す