HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はビームライフルでスイングするライオンズカラーのRX-78-2が掲載。どのコラボガンダムも同じパケ絵で、カラーリングと球団名が違うだけになっています。

ライオンズバージョンは埼玉西武ライオンズオンラインショップで予約販売された商品です。注文時は普通に買えましたが、数時間で完売したようですね。ヤフオクだと6~7千円くらいっぽいです。高い~;

パッケージサイズは一般的なHGよりも薄型。REVIVE版 HG RX-78-2ガンダムとは同じ大きさ・・・かな?っぽいですね。

以前カープVer.をパッケージのみレビューしましたが、横絵はほぼ同じものが記載されています。球団によって違うカラーリングのフル装備ガンダム画像が掲載されているくらいです。

開封。一番売れるであろうRX-78-2がベースなので、誰もが組み立てやすいよう、パーツ数も少なくて完成度が高いものをという意識が感じられるボリューム。

全部で2袋分のランナーです。

説明書はHG RX-78-2ガンダムのものに、ライオンズバージョンのマーキングシールガイドが記載されたペラ説明書が付属しています。

HG RX-78-2ガンダムの説明書ですが一通りどうぞ。

以上、説明書でした。陸ジムやブルーディスティニー系、オリジン版キットなど、後のガンプラのベースになっているフォーマットです。その中でこのキット特有なのは、関節の駆動パーツが別パーツ化されて色分けされているところかなと思います。フォーマットに関しては、後にプレバンから発売されたHGヘビーガンダムから、若干関節可動の幅が広がっています。

カラーガイドはRX-78-2のものはありますが、ライオンズバージョンのガイドはありません。素組みにライオンズロゴシールを貼ってお楽しみくださいって感じみたいです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。レッド、ダークブルー、ホワイト、クリアーイエローのイロプラランナーで、頭部、胴体部、脚部、シールドパーツなど。

↑Bランナー。ダークブルー成型色で、各部外装パーツ類やシールドパーツなど。

↑Cランナー。ホワイト成型色で、各部関節やバックパック、武器類など。

↑ポリキャップPC-002、SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)、マーキングシール、ホイルシールです。

以上です。ライオンズバージョンとは全く関係ないんですけど、昨日はNHK-FMにて『今日は一日”ガンダム”三昧』が放送されていました。作業をしながら一通りすべて聴かせてもらいましたが、流れがとにかく秀逸。冒頭から1stの主題歌やBGM、めぐりあいに加え、各声優さんの裏話、インタビューなど、ファンにはたまらない内容でした。

中でも『ガンダム姉さん(森口博子さん)のZ・F91の曲→辻谷さん→バーニィのビデオレター→ポケ戦主題歌』という流れは絶妙で、明らかにガンダムファンを泣かせにきているというのが感じられ、まんまとその餌食に(笑)

そしてギレン・ザビやシャアの演説など、どれだけガンダムファンの心を揺さぶれば済むのかという、過ぎゆく時間が惜しいくらいの三昧でした。後半は時間がなくて詰め込んだ感もありましたが、とても充実した時間だったので、ぜひ続編を放送してもらいたいですね。(録音したので、2周めを視聴中^_^)

⇒ヤフオクでHG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンを探す

コメントを残す