HG RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョン レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンのレビューをご紹介します!

HG RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンは、ガンダム40周年を記念してプロ野球12球団とのコラボによって商品化された読売ジャイアンツ仕様のRX-78-2 ガンダムです。ホワイトをベースにブラックとオレンジをあしらったジャイアンツカラーに、読売ジャイアンツロゴの入ったマーキングシールが付属。価格は3,000円(税込み)。読売ジャイアンツ オフィシャルオンラインストアにて予約販売された商品です。

2015年7月に発売されたREVIVE版 HG RX-78-2ガンダムが読売巨人軍カラーでキット化。ブラックとオレンジのカラーリングはMLBのニューヨーク・ジャイアンツとほぼ同じものとのことです。

成型色は四肢や頭部がホワイト、胸部にブラックとオレンジがあしらわれています。プロ野球コラボガンダムの中では一番通常のRX-78-2に近いカラーリングかも。

ポリキャップPC-002。細身ですが関節強度が高めで、自立はそこそこ安定しています。プロ野球12球団とのコラボガンダムレビューはライオンズVer.バファローズVer.スワローズVer.ファイターズVer.に次いでこれで5体目。配色が違うだけなので各部は簡単に見ていきます。

頭部。通常のガンダムだと赤い部分がオレンジ成型色になっています。その他は同じ。画像は用意していないですが、ツインアイもクリアーイエロー成型色で変わらずで、他のキットと同じくクリアーパーツを活かすためのシールも付属しています。

とさか前後のセンサーのシールの色はオレンジ。

胸部から腰部。胸部全体はブラックで、エアインテークやヘリウムコアなどはオレンジ成型色。腰中央のV字はシールでの色分けで、辺りと同じくオレンジです。シールを貼らなくてもオレンジ成型色であまり変わりません。

腰裏や後部ヘリウムコアなどもホワイトとオレンジで。

腕部。外装は白一色で通常のガンダムと同じですが、関節類がブラック成型色になっています。二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで合わせ目はモールド化。

脚部。こちらも外装がホワイトで関節がブラック成型色です。オーソドックスはカラーリング。大腿部は筒型で、膝から下は左右挟み込みタイプで後部に合わせ目ができます。

ソール部は脚底がオレンジ成型色になっています。

バックパックはサーベルがホワイト、バックパックがブラックです。

各部可動域やキット細部に関しては、HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョン レビュー

シールド、ハイパー・バズーカ用マウントパーツ、ハイパー・バズーカ、ビームライフル、ビームサーベル刃(クリアーピンク)☓2、武器持ち手(右)、平手(左右)が付属。

読売ジャイアンツロゴの入ったマーキングシールが付属します。

シールド。表面だけでなくV字もオレンジなので、比較的V字の存在感が薄め。グリップは可動します。

ハイパー・バズーカはブラック一色です。グリップは可動式。

ビーム・ライフルもブラック一色ですが、センサー部分はオレンジ成型色パーツでの色分け。センサーとフォアグリップは可動します。

リアアーマーにマウントパーツを取り付けることで、ハイパー・バズーカが懸架可能です。

一通り武装して。武装類も含め、他のプロ野球コラボに比べて一番通常のRX-78-2に近い配色なので違和感が少なめです。

一番カラーリングが近いスワローズVer.と並べて。武器類の色だけでなく外装のホワイトも色が違うので、カラーリングが近くてもまた別ものっぽい印象が強いです。

手持ちのコラボガンダムを一通り並べて。どれも配色が異なり、集めて並べるとバラエティに富んだガンダムが楽しめます。(ファイターズVer.だけマーキングシールを貼っています。)

武器類も比較的標準のRX-78-2と近いカラーリングなので、ポージングに違和感や気になる点などはないですね。良い配色だと思います。

武器の保持や可動は相変わらず良質。ポージングでもグリグリ動かして楽しむことができます。

ジャイアンツのマーキングシールを貼って。マーキングがそれほど大きくなく少なめなので、貼るまえとそんなに大きくは変わりません。肩とシールドのロゴだけ主張された感じです。

胸の『GIANTS』シールは黒いパーツに貼るので縁の白い部分が目立ちやすく、形状からもはみ出しやすいので少し考えたほうがいいかも。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。キットはREVIVE版ガンダムなのでもちろん良好。ポージングも自在に楽しむことができます。カラーリングは他のコラボガンダムに比べて標準的で、奇抜感は少ないですね。

シールは胸のロゴは黒いパーツに貼るため文字がわかりにくいのと、縁の白い部分がはみ出したり白く見えたりするので、お好みで貼る、貼らないを選択しても良いかも。それ以外は肩ジャイアンツロゴもいいですし、二の腕のラインもなかなか様になっていると思います。

通常のRX-78-2に近い配色で全体的にうまくまとまっている印象があるので、シールを貼らずに通常のガンダムタイプとしても楽しめそうなコラボガンダムでした。

⇒ヤフオクでHG RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンを探す

コメントを残す