HG RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージはビームサーベルでスイングする40周年コラボ用デザイン。楽天のえんじ色で描かれています。素組みレビューでもご紹介しましたが、この色は三木谷氏が卒業したハーバード大学のスクールカラーとのこと。ただ、えんじ色(赤色)は太陽や火の熱く活発なイメージがあり、エネルギーを感じさせるアクティブ色として気持ちを高揚させる効果もあるみたいです。

横絵も今更説明の必要もないですが、40周年のキービジュアルなどが掲載されています。左上には赤いイーグルスバージョンのガンダム。

開封。ベイスターズバージョンを思うと、カラーリングはずいぶん落ち着いた感じにまとまっています。

全部で2袋分のランナーです。ひと目でRX-78-2と分かる感じ。

説明書は他のコラボガンダムと同じ。イーグルスバージョンのマーキングガイドが記載されたペラ説明書と、HGUC RX-78-2ガンダム用の説明書が付属しています。

HG RX-78-2ガンダムの説明書はライオンズバージョンのページに掲載しているのでそちらをご参考くださいm(_ _)m⇒HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのパッケージ・ランナー レビュー

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。えんじ色、ゴールド、クリアーイエローのイロプラランナーで、頭部、胴体部、脚部、シールドパーツなど。通常のRX-78-2に比べ、胸部パーツが赤く染められています。えんじ色やゴールドは通常のガンダムに近い色合い。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、各部外装パーツ類やシールドパーツなど。

↑Cランナー。ブラック(ダークグレー)成型色で、各部関節やバックパック、武器類など。

↑ポリキャップPC-002、SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)、マーキングシール、ホイルシールです。

以上です。40周年としてはいろんな商品とのコラボこそありますが、シリーズなど作品の主だった公開はないですね。鉄血のオルフェンズ外伝(アプリ)も情報公開はないですし、今の所THE ORIGINのTV放送くらい。さすがに映像化には時間がかかり、一筋縄ではいかないといったところでしょうか。ガンダムNTも40周年に入るのかな?

今冬は閃光のハサウェイが公開される予定で、2020年には横浜に動くガンダムを展示するというプロジェクトもあります。Gレコの劇場版公開も。ペーネロペー(10月発売)のキット化も公開に合わせてのことでしょうし、今後のその他の展開にも注目したいですね。

⇒ヤフオクでHG RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンを探す

コメントを残す