HG MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL) レビュー

今回は、HG 1/144 MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL)のレビューをご紹介します!

HG MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL)は、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSDより、『シャア専用ザクI』のLIMITED MODEL1/144スケールモデルキットです。大河原邦男氏が描いたMS-05S シャア専用ザクIのイラストをもとに、オマージュデザインを用いた限定パッケージ仕様。『機動戦士ガンダム』登場時のシャアザクをイメージさせる淡いレッドカラーが成型色で再現されたキットになっています。価格は2,310円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

キットは2016年12月に発売されたオリジン版HGシャア専用ザクⅠ(一般発売)と同じMS-05S型。「スミス海の戦い」でシャア・アズナブルが搭乗した初期生産機(HGザクⅠシャア・アズナブル機)とは異なり、L字シールドやスパイクアーマーを装備したタイプになります。

成型色は『機動戦士ガンダム』登場時のような淡めのレッド(ピンク)とワインレッド。リミテッドモデル限定のカラーリングになっています。関節のグレー、胴体部や膝装甲、ソールなどは一般発売のものと同じ成型色。

ポリキャップPC-001を使用したオリジン版ザク定番の構造で、肘や膝はKPSパーツによる組み合わせ。関節強度はまずまず高めですが、経年などによって各部が徐々にヘタれて弱くなってくる場合も。

以前レビューしたHGシャア専用ザクⅠと同じなので、各部は簡単に見ていきます。

頭部。動力パイプのないシンプルでスリムな旧ザクタイプ。モノアイはシールでの色分けで、縁が黒いものとそうでないものとでチョイスが可能です。(今回は縁がないものを貼っています。)

下部のレバーによってモノアイを左右に可動させることができます。

胸部から腰部。ワインレッドは一般発売のものと少し異なり、若干ですが淡めになっているようです。腰回りに動力パイプはなく、胸部中央の装甲が特徴的な旧ザクタイプ。

腕部は左肩にL字シールド、右肩にスパイクアーマーを装備。全体が淡いレッドなのが印象的。

二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。肘から分離できないので、後ハメ加工が必要です。(ちょっとわかりにくいですが、もしかすると段落ちモールドかも?)

スパイクアーマーは挟み込みタイプで上部から側面にかけて合わせ目ができます。

脚部。こちらも全体が淡いレッドで、一般発売のものに比べて柔らかい印象を感じます。

このザクⅠはザクⅡ(MS-06型)とは異なり、できるだけ脚部の合わせ目ができないような構造になっています。(スネや膝裏に一部合わせ目ができます。)

足裏はモールドやバーニアなどが造形されています。

バックパックも一般発売のものとは異なり、成型色が少しオレンジがかったものになっています。

下部のバーニアはボールジョイント型ポリキャップでフレキシブルに可動します。

一般発売のHGシャア専用ザクⅠと並べて。外装や胴体部、バックパックなど各部の成型色が違っています。この限定版のほうがよりシャアザクらしいと思う方もいるのではないでしょうか。

HGシャア専用ザクⅡ(MS-06S)とも並べてみました。ザクⅡの脚部には縦に合わせ目が入っています。

かなり前の記事ですが、各部可動域や詳細については一般発売のHGシャア専用ザクⅠのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG シャア専用ザクⅠ レビュー

ドラムマガジン式MS用マシンガン、ベルト給弾式MS用マシンガン、ヒート・ホーク(展開型、収納型)、ベルト給弾式MS用マシンガン用マガジンと給弾ベルト、平手(左)、武器持ち手(右)、予備ドラムマガジン、アクションベースマウントパーツが付属。

余剰パーツが多数付属します。組み換えて好みのカラーリング、形状に変化させることも可能。

専用のマーキングシールと水転写デカールが付属。素組みと塗装どちらにも対応できるようになっています。モノアイや「08」マークなどが若干違いますが、マーキングはだいたい同じ。

ドラムマガジン式MS用マシンガン。オリジン版ザク各種に付属しているものと同じです。グリップやセンサーは適度に可動します。ドラムマガジンは予備と交換が可能。一般発売のHGシャア専用ザクⅠには付属していませんでしたが、この限定版には追加で付属しています。

予備マガジンはリアアーマーにマウント可能です。

ベルト給弾式MS用マシンガン。こちらもHGシャア専用ザクⅡ(赤い彗星Ver.)などに付属しているものと同じです。グリップやセンサーは可動式で、給弾ベルトはグリップに取り付けます。

マガジンは挟み込みタイプですが、合わせ目は端にくるようになっています。

バック下部に2ダボで固定。取り付けてもバックパックとの違和感がないような造形になっています。

ヒート・ホーク(展開型、収納型)。こちらもオリジン版ザク定番の武装です。共に1個パーツ構成です。

ヒート・ホーク(収納型)はサイドアーマーにマウント可能です。説明書に記載はありませんが、リアアーマーにもマウント可能でした。

ヒート・ホークやベルト給弾式MS用マシンガンなど適度に武装して。

グリップのダボと持ち手のダボ穴で固定できるので、しっかりとした保持が可能です。後部ストックと前腕が干渉しやすいですが、手首に角度がついているのである程度ラクに保持できます。がそれでも多少保持角度に違和感があったりしますね。

成型色がいいのでザクⅠが映えます。馴染み深いカラーリングでポージングが楽しくなってきますね。

両手持ちも難なく可能。関節は若干緩さを感じますが、可動域は広めです。

ベルトがそんなに長くないので、腕をワイドに展開させるとベルトに引っ張られたりするところもあります。それでもある程度は構えることができるので問題はないかと。

ドラムマガジン式MS用マシンガンはベルトがないので取り回しがしやすいです。これが一番しっくりくる武器な気もします。

ヒート・ホークはグリップにダボがないので、ハンドパーツからスルッと抜け落ちることがあります。ポージング時の腕の角度には注意が必要です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。一般発売のオリジン版HGシャア専用ザクⅠに比べて全体的に柔らかい優しい印象がありますし、昔ながらのシャアザクのようなカラーリングでとても好感が持てます。近年のキットなので作りもよく、遊びがいもありますね。

マーキングシールだけでなく水転写デカールが付属しているので、塗装派や簡単フィニッシュ派にも嬉しいところです。特別不具合や気になる点も無いですね。ヒート・ホークがハンドパーツから抜けやすいということくらいかな?

パッケージや説明書が特別仕様なのも見どころですし、ドラムマガジン式MS用マシンガンが付属しているのでポージングにも幅が出ます。限定仕様として魅力的なアイテムとして楽しめそうですね。ザクⅡもこのカラー、この仕様でキット化されると嬉しいかも。

限定仕様のパッケージは次回レビューします。

icon

⇒楽天でHG MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL)を探す
⇒駿河屋でHG MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG MS-05S シャア専用ザクI(LIMITED MODEL)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 名無しのガンダム好き

    on 2019年9月17日 at 00:43 - 返信

    シャアカラーの旧ザクにスパイクアーマーとL字シールドが付いた。
    見れば見るほど気持ち悪い、旧ザクは大好きなデザインなのにな。

  2. 流浪のG

    on 2019年9月17日 at 01:52 - 返信

    ザクⅠ(旧ザク)は好きなモビルスーツの一つです。ザクⅠはシンプルでスマートなのがカッコいいと思ってます。だから、ザクⅡに寄せた形のスパイクアーマーとシールド装備のこのザクは違和感あり過ぎて好きになれないです。無理してこんな中途半端に見える中間モデルを出さなくてもいいのに。

コメントを残す