HG 局地型ガンダム (ロールアウトカラー)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 局地型ガンダム (ロールアウトカラー)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は塗装済みキットを使った合成だと思いますが、最近は合成でもあまりイラストか塗装済みキットか識別が難しくなってます^_^; 実験施設で戦闘データを収集しているような様子が伺えるデザインですね。ツインアイが光っているのがこのパケ絵の特徴かと。カラーは成型色と同じかなり明るめの黄色です。

箱のサイズは一般的なHGと同じサイズ。もちろんHG局地型ガンダム(北米戦仕様)と同じ大きさです。

では開封。両端には程よいスペースがあります。北米戦仕様と差別化するためにも、なにか追加武装などが欲しかったところです。

全部で4袋分のランナー。

説明書はHG局地型ガンダム(北米戦仕様)用のものと、ロールアウトカラーバージョン用のマーキングガイドが付属します。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。マーキングガイドも表面だけのモノクロでシンプルなものです。組み立てはもちろん北米戦仕様と全く同じ。カラーリングに魅力を感じない場合はそのまま触れられずに消えていきそうですが、自由な設定ができるMSDだけに、局地型ガンダムのフルアーマー仕様とかもう少しファンの心を引きつける付加価値が欲しかったところです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。ダークグレー、イエロー、パープルのイロプラランナーです。

↑B1ランナー。イエローのランナーです。シールドや各部外装パーツ類。

↑C1、C2ランナー。C1がイエローで、C2がレッドのランナーです。

↑D1、D2ランナー。D1がダークグレー、D2がクリアーレッドのランナーです。

↑G2、Hランナー。G2がグレー、Hがダークグレーのランナーです。

↑クリアーピンクのビームサーベル刃、ポリキャップPC-001、ホイルシール、マーキングシールです。

以上です。北米戦仕様と同じランナーのカラバリなので文字も少なめにサクサクとご紹介していきました。今回素組みレビューではシールを貼らずにご紹介しましたが、マーキングシールを貼ることでこのキットの良さはもっと上がると思います。

色はかなり明るめの黄色なので、プレバン販売ページの印象とは少し異なります。マーキングシールを貼った後につや消しスプレーを吹くと似たような感じになりそうなので、簡単にでも手をかけるだけで良さが引き立つかもしれませんね。

icon

⇒楽天でHG局地型ガンダム (ロールアウトカラー)を探す
⇒駿河屋でHG局地型ガンダム (ロールアウトカラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG局地型ガンダム (ロールアウトカラー)を探す

コメントを残す