HG リーオー(フルウェポンセット) レビュー

今回は、HG 1/144 リーオー(フルウェポンセット)のレビューをご紹介します!

HG リーオー(フルウェポンセット)は、『新機動戦記ガンダムW』より、量産型MS『リーオー』のフルウェポンセット1/144スケールモデルキットです。各種武装、オプションユニットをひとつにまとめた『フルウェポンセット』で、多方面で運用する各種装備類に加え、新規パーツのパラシュート・パックや表情付きハンドパーツを収録。価格は2,310円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

2018年5月に発売されたHGACリーオー(以下、通常版)をベースに、プレバンから発売されたHGACリーオー(宇宙仕様)の宇宙用オプションユニット、HG リーオー(飛行ユニット仕様)の飛行ユニット、そして新規造形の平手(左右)とパラシュート・パックといった各種装備をひとまとめにしたフルウェポンセットです。※HGACリーオー(宇宙仕様)は2018年10月、HG リーオー(飛行ユニット仕様)は2019年1月に発売。

ブラウン成型色のパラシュートパックとグリーン成型色の平手(左右)が余剰で付属します。

リーオー各部を簡単に。まずは全身から。成型色は通常版と同じ深めのグリーンやブラウン、グレーなど。ミリタリー調のカラーリングになっています。頭部もクリアーパーツなどを使用し、シールでの色分け箇所はありません。塗装もほとんど必要なく、細部を少し塗り分ける程度です。

ポリキャップはボールジョイント型のもの(PC-7)のみ使用。関節強度は、組んだ直後はそこそこの強度がありますが、パーツによる組み合わせ箇所が多く、徐々にヘタれてくる場合があるので注意です。

上半身。頭部は中央センサーや左右のスリット入り装甲がパーツで色分けされています。センサーはクリアーイエローパーツでの再現。胸部に埋まるような造形になっているので、頭部を左右に可動させることはできません。

胴体部も少ないパーツ構成になっていますが、リアルなモールドも造形されています。腕部は前腕が前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。肘から分離できるので合わせ目消しは容易。

頭部センサーはブラックライトで照らすと発光します。背部はカバーパーツを外すことで武装類がジョイント可能。

下半身も少ないパーツ構成ながら、良いプロポーションで造形されています。大腿部、膝から下共に前後挟み込みタイプですが、大腿部の外側面や膝から下にできる合わせ目は段落ちモールド化されています。大腿部内側には合わせ目ができます。

腰前後のバーニア内部は共にモールドが造形。

大腿部側面のカバーを外すことで、武装類がジョイント可能です。足裏もモールドが造形され、合わせ目は目立ちません。

リーオー本体各種を並べて。バリエーションが豊かです。好みのカラー、仕様を入手して楽しむのもいいですね。

リーオーの各部詳細や可動域については、下記のリンクから通常版のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGAC リーオー レビュー

続いてユニット各種です。

通常版に付属している105mmライフル(ドラムガン)、シールド、ビームサーベル刃☓2。

シールドは表面のモールドがパーツで色分けされ、裏面にはサーベル柄を2本装備。

105mmライフル(ドラムガン)はドラムマガジンのグリップが可動します。本体部分やドラムマガジンは左右の組み合わせで共に合わせ目ができます。

105mmライフル(ドラムガン)とシールドを装備して。通常版と同じ仕様のリーオーを楽しむことができます。

シールドは肩アーマーを外して取り付けます。

105mmライフル(ドラムガン)はハンドパーツに差し込むだけで保持が可能。グリップを掴んだ両手持ちも容易です。

平手が追加されたことで、ポージングに表情がつけられるようになりました。

続いて宇宙用オプションユニットです。肩装甲パーツやプロペラントタンクを装備した宇宙用のバックパックの他、メガビーム砲、ロング型ビームライフル、ショート型ビームライフル、コロニー用ビームライフル用ロングバレル、コロニー用ビームライフル基部(ショートバレル装備)といった多彩な武装が付属します。

肩装甲パーツを組み換え、背部に宇宙用のバックパックを装着。

プロペラントタンクを装備した宇宙用のバックパックは2個パーツの簡単な組み合わせで上下に合わせ目ができます。

宇宙仕様のリーオーと並べて。グリーンの宇宙仕様リーオーは渋いです。

メガビーム砲。4個パーツ構成で、フォアグリップを挟んでの組み合わせ。上下などに合わせ目ができます。

フォアグリップは左右に可動します。

ロング型ビームライフル。本体部分はモナカ割で上下などに合わせ目ができます。

ショート型ビームライフル。バレルが短いだけで、本体構造などはロング型ビームライフルと同じです。こちらも上下に合わせ目あり。

コロニー用ビームライフルとロングバレル。

バレルは組み換えが可能です。これも本体部分はモナカ割で一部に合わせ目があります。

メガビーム砲を装備して。ハンドパーツに差し込むだけで保持が可能です。腕が重量で垂れたりすることもないですね。

こちらも平手を使うとポーズに表情が付きます。

武装類が多数付属するので、ポージングの演出はよりどりみどり。迷ってしまうくらい多彩なポーズが再現できます。

飛行ユニットです。背部飛行ユニットの他、ショルダーカノン(左右)、ショルダーカノン用ジョイントパーツ×2、バズーカ、ドーバーガン、ドーバーガン用ジョイントパーツ、脚部ブースター×2が付属。

飛行ユニット。中央部は2個パーツ構成ですが、左右にウイング、下部ハードポイントに丸ダボ接続のタンクが増設されています。

ウイングは付け根がボールジョイント型ポリキャップで上下などに可動します。タンクはモナカ割で合わせ目ができる仕様。

飛行ユニットと大腿部に脚部ブースターを装着して。飛行ユニットならではの造形と、グリーンカラーのリーオー、相性は良さそうですね。

HG リーオー(飛行ユニット仕様)と並べて。

背部飛行ユニットは上下に可動します。

脚部ブースターは組み換えることで向きを変更することができます。

バズーカ。砲身部分はモナカ割で上下に合わせ目ができます。

ドーバーガン。こちらも本体部分はモナカ割の簡単な作りで上下に合わせ目ができます。

フォアグリップは付け根がボールジョイント接続でフレキシブルに可動します。

ドーバーガンは肩にジョイントパーツを取り付けて装備させます。基部パーツはボールジョイント接続でフレキシブルに可動。

ドーバーガンを装備して。干渉しやすく、融通性は高くはないですが、地味なリーオーにあってなかなか派手さのある装備になっています。

肩にジョイントパーツをかませることで、ショルダーカノンが装着可能。ショルダーカノン上部の砲口は左右に可動します。

ショルダーカノンを装備したリーオー。要塞のようなスタイルになっています。

最後にパラシュートパックです。背中に差し込むだけの1個パーツ構成。そんなに表現力は高くないですが、ちょっとしたシーン演出にはいいアイテムです。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。多彩な武装類でバリエーション豊かな演出ができるのがいいですね。遊びの幅が広く、どの装備をさせるか迷うくらい楽しめる要素が多いです。グリーン成型色なので、宇宙ユニットや飛行ユニットを背負わせたときにミリタリー調の渋さがでているのも嬉しいところです。

欠点的には、新規付属がパラシュートパックと平手のみというのは、これまで宇宙仕様と飛行ユニット仕様を入手してきた方とっては新鮮味という部分でちょっと物足りないかも。

ただ、平手が付属したことでポージングの演出力が高まり、自然なポーズが再現できるようになったのは嬉しい限りです。これ一つでユニットや武装が一通り揃うので、複数入手して軍隊的なリーオーを演出させるなど、劇中で何気なく登場するリーオーを再現したりして楽しみたいですね。

icon

⇒楽天でHG リーオー(フルウェポンセット)を探す
⇒駿河屋でHG リーオー(フルウェポンセット)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG リーオー(フルウェポンセット)を探す

コメントを残す