HG ラファエルガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ラファエルガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は片側のビッグキャノンを展開し、片側のビッグキャノンは装備したままビームを発射するラファエルガンダムの姿が掲載されています。デザインは劇場版 機動戦士ガンダム00フォーマットで色鮮やか。

背景にはダブルオークアンタも掲載されていますが、ラファエルガンダム自体はダブルオーライザーに搭乗の刹那を助けるため、自ら犠牲になりました。なのでクアンタとの共闘シーンは無いんですよね。

パッケージは一般的なHGに比べ、横幅と高さが1cm程度大きめになっています。

横絵はラファエルガンダムのギミック各種や機体の詳細、ティエリア・アーデの詳細などが記載されています。ギミックの記載方法は説明書と同じで、アルファベットを用いて解説してあるのでわかりやすくなっています。

開封。箱いっぱいにランナーが入っています。

全部で5袋分のランナー。

説明書表紙はパケ絵がそのまま採用され、ラファエルガンダムやティエリア・アーデに関する解説が記載されたものになります。解説はパケ絵に記載の内容に若干補足が加えられたもの。劇場版ガンダム00では、ラファエルガンダムは登場してすぐにELSに取り込まれ、ティエリアの肉体自体もそのときに自爆して消滅してしまったので、ファンとしては残念な部分もあったかも。その分ロックオンのサバーニャとアレルヤのハルートが活躍してくれました。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。構造的には、ポリキャップの使い位置が他のキットと違うのが特徴かと。まぁたまにこういう構造のキットもあるので、それほど新鮮味があるというわけでもないですね。それと、セラヴィーガンダムⅡ(セラヴィーユニット)は変形しそうでしないというのはちょと飼い殺し的(笑)ここまで作ったのなら、ついでに完全変形を・・・という気はしないでもないですね;

カラーガイドは外装ホワイトの中にパープルが混じっていたり、ガンダムタイプの機体としては青い箇所がパープル系になっていたりで、さすがにティエリア機らしい妖艶なところを感じる部分があります。そのあたりを意識すると、さらにラファエルガンダムの良さを引き出せるかも。ただ、外装ホワイトがブラックライトで発光するので、それを塗装で潰してしまうのは惜しいところです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレー、イエロー、パープル、レッドのイロプラランナーで、頭部、胴体部、セラヴィーユニット、GNビームライフルなどの各部パーツ類。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、頭部、胴体部、腕部、脚部などの各部パーツ類。ブラックライトで照らすと発光します。

↑Cランナー。クリアー成型色で、GNビッグキャノン用の台座やジョイントパーツ。

↑Dランナー。グレーグリーン成型色で、GNビッグキャノンやセラヴィーユニットパーツ。

↑Eランナー。こちらもグレーグリーン成型色で、GNビッグキャノンやセラヴィーユニットパーツ。同じものが2枚あります。

↑Fランナー。グレー成型色で、GNビッグキャノンパーツ。同じものが2枚あります。

↑ポリキャップ(PC-001A、PC-7)、ホイルシールです。

以上です。ナドレといいセラフィムといい、何気に隠し事の多いティエリア搭乗機として、このラファエルガンダムも例外ではなくセラビーガンダムⅡが内蔵(隠)されています。ただ、このキットはHGサイズということで変形機構がないですし、結局セラヴィーガンダムⅡもキット化されていないようなので、そのあたりはMGでキット化されるなら、ぜひ再現していただきたいですね。とりあえずデュナメスがMG化されたので、キュリオス、ヴァーチェと一つずつ・・・・。(そうなるとラファエルガンダムは一番最後っか。)

⇒楽天でHG ラファエルガンダムを探す
⇒駿河屋でHG ラファエルガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ラファエルガンダムを探す

コメントを残す