HG デスアーミー レビュー

今回は、HG 1/144 デスアーミーのレビューをご紹介します!

HG デスアーミーは、『機動武闘伝Gガンダム』に登場する増殖型MS『デスアーミー』の1/144スケールモデルキットです。巨大な一つ目と一本角を持つ独特の機体形状を新規造形で再現。チョイス可能な2種類の目、パーツ差し替えによる脚部折りたたみギミック、金棒型ビームライフルなど、劇中シーンの演出もしやすいキットになっています。価格は1,320円(税込み)。

DG細胞により、無限に生み出される人型機動兵器『デスアーミー』がキット化。

成型色は黄みの強いライトブラウン、ブラウン、グレーなど。シールは1つ目のみで、細部までパーツで色分けされています。塗り分けが必要な箇所は一部。

HGリーオーやHGマグアナックと同じく、ポリキャップはボールジョイント型のPC-7を使用するのみ。『Fine Build』カテゴリで組み立てやすさが追求されたキットになっています。関節強度はまずまず高めですが、リーオーが経年でヘタれてきているので、これもそうなる可能性はありますね。

俯瞰。

頭部。一本角に1つ目が特徴的。各部ともパーツで色分けされ、合わせ目ができないようになっています。組み合わせるパーツ数も少なめ。

ダークグレーの輪型パーツには片面が半目、片面が1つ目のモールドが造形されていて、塗装する場合も細かく塗り分けられます。パーツをクルッと反転させることでいつでも変更できるのがいいですね。

裏面はリブ(レバー)のスライド枠が前後についているので、1つ目の向きを変えてもパーツを脱着することなく左右にスライドさせることができます。

胴体部。こちらもパーツで適度に色分けされていますが、胸左右の丸モールドは黒く塗り分ける必要があります。胸部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。フロントアーマーは左右に分離していないふんどし型で、パーツでの色分けです。

首パーツは左右が肉抜き穴っぽい造形になっています。

背部には2ダボ穴が造形されていますが、浅めなので他キットのバックパックをきっちりと装備するのは難しいかもです。(陸ジムのバックハックはスカスカで、マグアナックのバックパックは幅が僅かに合いませんでした。)腰アーマー裏は簡易的な作りになっています。股間部の軸も別パーツ化されておらず固定式です。

腰アーマーは前後とも展開可能。

腕部。色分け、造形共に良く、こだわりが感じられる作りになっています。

腕部は簡単な内部フレームが造形。

二の腕は筒型ですが、前腕は挟み込む箇所が多く、グリーンのスパイクバングルと共に合わせ目ができるようになっています。肘から分離できないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要そうです。

手首が可動式になっていて柔軟に可動します。バングルも可動式。

ショルダーアーマーは円筒状の特徴的なスタイル。左右挟み込みタイプで上部に合わせ目ができます。小さい丸モールドはブラウン成型色パーツでの色分け。外側の円形部分は別パーツ化され、合わせ目は段落ちモールド化されています。

脚部。モールド類は多くはないですが、肉厚な形状が適度にパーツ分けによって再現されています。裾の前後にある丸モールドは黒く塗り分けが必要です。

大腿部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。膝から下は左右挟み込みタイプで後部に合わせ目ができます。膝から分離できるので、合わせ目消しはしやすいかと。膝後部のバーニア?は別パーツ化されています。脚の付け根はマグアナックなどと似た構造。

脚部内部。

脚部裾の装甲は適度に可動します。

ソール部はシンプルですが、裏打ちパーツが造形されています。脚部も内部は塞がっています。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。陸ジムよりも小型です。デスアーミーの全高はUNKNOWN。

HGFC ゴッドガンダムと並べて。少しサイズ差がありますね。発売日がだいぶ離れていますが、造形的には並べてもそんなに違和感はない感じ・・・も。ゴッドガンダムはヒロイックさが出ています。

頭部は顎引きはほとんど出来ませんが、見上げる動きは適度に可能です。襟が干渉するので、左右への可動はわずかです。

腕は水平程度まで上げることができます。肘は90度程度まで。

肩は適度に前後スイングが可能。前方へは肩が引き出せるので、広めにスイングさせることができます。

腹部2箇所のボールジョイントによって、上半身を適度に反らせることできます。画像は用意していませんが、左右へも適度にスイングが可能です。

腰は干渉しやすいですが、強引に回せば360度回転させることができます。(少し浮くような形になります)アクションベースへは、通常通り、股間部にジョイントパーツを差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は、共に水平程度まで展開が可能です。

膝は「くの字」程度まで可動。膝内部のバーニア?も別パーツ化されています。膝装甲に裏打ちパーツはありません。

足首の可動は、前後左右ともそれほど広くはありません。

左右への開脚は水平程度までと広め。サイドアーマーが横に広がるので、干渉なく展開させることができます。

内股、がに股は共に45度程度までとなります。

立膝は思いの外きれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、全体的にそれほど広くはないですが、肩や腰、股間部などはある程度可動域が確保してあります。もともと躍動感あるポーズが求められる機体ではないですし、無機質に襲いかかってくる敵機としてはこの程度で十分なのかなぁと。

金棒型ビームライフル、武器持ち手(右)、変形時のソール部パーツ×2が付属。

変形機構を再現する場合は、まずソール部を変形用パーツに組み換えます。

リアアーマーを収納し、脚部裾の装甲を可動させます。

そして脚部を背部に折りたたむことで、変形機構の再現となります。脚部はダボ接続などはないですが、ある程度は形になります。ただ、劣化などで多少遊びやズレは出てくるかもです。

これだけだと特に表現力もないので、デスビーストやガンダムビルドダイバーズRe:RISE登場機を再現(キット化)するための布石かと。

金棒型ビームライフル。先端以外はモナカ割なので、中央に合わせ目ができます。先端は別パーツで、合わせ目は段落ちモールド化されています。

砲口は開口。左右にダボがありますが、デスアーミーの背部に取り付けることはできませんでした。グリップとしてはやや細身。

金棒型ビームライフルを保持させて。

後部ストックとバングルが干渉して浮きやすいので若干の持たせにくさはありますが、ポージングに大きな影響はなさそうです。

どの程度のポージングを求めるかにもよりますが、普通に増殖機らしい無機質なポーズを再現するのはラクです。関節がポリキャップではないので、肩などが多少抜けやすいかも。

金棒型ビームライフルは付属の持ち手を使うことで、金棒として使うこともできます。手のひらのダボで固定できます。保持力はまずます。

脚部が肉厚で強度もあり、バランスもいいので片足立ちもできました。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。部分的に合わせ目はできますが、肩や膝裏の造形、手首の可動など、細部がきっちりと作られていて、なかなか質の高いキットに仕上がっていると思います。組み立てもかなり簡単で、わずか1時間程度で組み立てることができました。逆に物足りなく、もう一体くらい作りたい気分になるかも。

群れをなしている場面をよく見るせいか、一体だと寂しい感じもありますね。やはり劇中シーンを演出するためにも、複数機入手して群れを再現すると、圧倒的な悍ましさやこのキットの本当の醍醐味が味わえるのではないでしょうか。

⇒楽天でHG デスアーミーを探す
⇒駿河屋でHG デスアーミーを探す
⇒ヤフーショッピングでHG デスアーミーを探す

コメントを残す