HG ティエレン 地上型のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ティエレン 地上型のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は複数機で攻防を繰り広げるティエレン地上型の姿が掲載。劇中だとのセイロン島での民族紛争シーンっぽいですね。エクシアに木っ端にされた場面;ソレスタルビーングの機体と比べてどうしても圧倒的性能差を感じますが、この土臭さはたまらないです^_^ それにしても、アンフってキット化されないんですかね。

パッケージサイズは一般的なHGと縦横は同じで、2/3くらいの高さ。量産機や主役機の初期型などによくあるサイズです。

横絵はティエレンのギミックや詳細など。ティエレン地上型がグリーン成型色ということもあってか、全体的にグリーンを使ったデザインになっています。掲載されているスネのシールドから滑腔砲を突き出すポーズを再現するのは意外と難しかったです。

開封。ティエレンの初期型ということもあり、長方形のきれいなランナーが多いです。ティエレンは種類が多いので、このランナーもいろいろと使いまわしが多くなっているっぽいですね。ティエレンの派生機を上げると、長距離射撃型、対空型、宇宙型、宇宙指揮官型、高機動型、ティエレン超兵型(ティエレンタオツー)などなど。いくつかはキット化済みです。

全部で2袋分のランナー。

説明書はHG00のフォーマットですが、以前レビューしたHG00ガンダムスローネアインの説明書(B4サイズ)よりも小さいA5サイズ。同シリーズでも機体によって説明書の大きさが違うのはなんでなんでしょうね。ただ単に、組み立てボリュームの量かな?

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。構造は一般的な人型ガンプラと少し異なりますが、特別組み立てにくい箇所はありません。破損しやすいとか、パーツが小さいといったこともなく組み立てやすいので、初心者が主役機と合わせて購入するにも適したキットかと。それにしても人革連の国旗、ダサい・・・・。

カラーガイドは基本色が多く使用してありますが、グリーンが強いのでもう少しブラウンなどを混ぜてミリタリー感を出してもいいのかも。両胸のオレンジ部分は形状が複雑なので、マスキング塗装は難しそうですね。でも塗り分け箇所は少ないので、全体的に塗装しやすそうです。そして最後には是非、ドロドロの汚しを加えたいですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グリーン成型色で、腕部や脚部、胴体部など、各部外装パーツ。

↑ダークグレー成型色で、各部関節や内部パーツ、200mm×25口径長滑腔砲などのパーツ類。

↑Cランナー。グリーン成型色で、スネのシールドや脚部、肩のシールド、リアアーマー、頭部パーツなど。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、ホイルシールです。

以上です。もしリアルにモビルスーツが製造されるなら、はじめはこんな感じのスタイルで工事現場用の作業ロボットっぽいのかなというのが想像できます。つまりそれだけ工事用の車両や機材に似たところがあるデザインなんですよね。この表現力は素晴らしいと思います。

ただ、あえて比較するなら、同じ初期量産機としてはザクのデザインというのは本当に秀逸なんだなと思います。元々ザクは大河原氏の初期デザインから大きく修正されることなく決定したとのことですし、サンダーボルトの太田垣氏はそのザクに魅了され、主役機として登場させました。

もはやザクは神格化レベルで比較するのが間違いかもしれませんが、今後のシリーズでもザクのような伝説になり得るMSが登場するといいですね。

⇒楽天でHG ティエレン 地上型を探す
⇒駿河屋でHG ティエレン 地上型を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ティエレン 地上型を探す

コメントを残す