HG ジンクスIV(量産機) レビュー

今回は、HG 1/144 ジンクスIV(量産機)のレビューをご紹介します!

HG ジンクスIV(量産機)は、『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』に登場する地球連邦軍主力MS『ジンクスIV』の量産型仕様1/144スケールモデルキットです。ジンクスIV(量産機)のグリーンを基調とした機体色を成形色で再現。NGNバズーカをはじめGNビームライフル(ショート/ロング組換可)などの豊富な武装が付属するジンクスになっています。価格は2,420円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

内容は2018年12月に発売されたHGジンクスIV (指揮官機)のカラバリになります。2018年2月にプレバンから発売されたHGBF ジンクスⅣ TYPE.GBFにNGNバズーカが2本追加された仕様。量産機のグリーンカラーでキット化されました。

成型色はミリタリー調な深めのグリーン、ライトなグリーン、関節類のブラウンなど。全体的に渋めなカラーリングです。シールが適度に付属し、背部のGNドライブや腕部、脚部にある丸モールドなど、これまでのジンクス系と同じ箇所を色分けするようになっています。

ポリキャップは(PC-123プラス)を使用。前腕、肩、膝、足首など主要関節各部に内蔵されています。関節強度は高めで自立も安定。

俯瞰。

以前レビューしたHGジンクスIV (指揮官機)と全く同じ形状なので、各部は簡単に見ていきます。

頭部。比較的シンプルな造形。頬の外装でわかりにくいですが、四つ目が再現されています。四つ目はツインアイと左右の頬にシールを貼っての色分け。額はパープルシールの上からクリアーパーツを被せるようになっています。

メット部は左右挟み込みタイプで上部から後部にかけて合わせ目ができます。左右の丸モールドはブラウンのシールでの色分け。

胴体部。ジンクスの胴体をベースに、ジンクスⅣの肉厚な腰部などが造形されています。胸中央のGNドライブはパープルシールの上からクリアーのドーム状パーツを被せるようになっています。サイドアーマーの丸モールドはシールでの色分け。

リアアーマー下部や背部のGNドライブも一部がブラウンシールでの色分けです。腰裏はリアアーマーに簡単なラインモールドが入っています。

腕部。二の腕、前腕はジンクスと同じで左右挟み込みタイプ。前後に合わせ目ができますが、肘から分離可能なので合わせ目消しはラクそうです。前腕にはポリキャップを挟み込むので、かみ合わせをうまくしないと少し浮いた状態になったりするので注意です。手甲の丸モールドはシールでの色分け。

肩にはジンクスⅣ特有の大きめの装甲が造形されています。

脚部。こちらも膝から下はジンクスと同じで左右挟み込みタイプ。前後に合わせ目ができますが、膝から分離できるので合わせ目消しはラクそうです。アンクルアーマーや足首左右の丸モールドはシールでの色分けです。

大腿部はジンクスⅣの肉厚な装甲を再現。後部のアーマーは展開が可能です。足裏は網状の肉抜き穴。

HG ジンクスIV (指揮官機)、HGBF ジンクスIV TYPE.GBFと並べて。それぞれカラーリングが異なりますが、どれもミリタリー調の渋めなカラーリングで再現されています。HGのジンクスIVは劇場作品の公開からなかなかキット化に恵まれていませんでしたが、HGBFでキット化されてからはあっという間でした。

各部可動域やキットの詳細はHGBF ジンクスIV TYPE.GBFと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGBF ジンクスIV TYPE.GBF レビュー

NGNバズーカ×2、GNシールド×2が付属。

GNライフル(ロングバレル・ショートバレル)、GNバスターソード、増加粒子タンク×2、クリアーオレンジのGNビームサーベル×2、平手(左)が付属します。ビーム・サーベル刃はブラックライトで照らしても発光しませんでした。

HGジンクス、HGBFアクセルレイトジンクス用の余剰パーツ類が付属します。クラビカルアンテナパーツなどがないので、ジンクスやアクセルレイトジンクスとして組むことはできません。ジンクス用のGNビームライフルやGNシールドが付属するので、ポージングの幅が広がっていいですね。

NGNバズーカ。HGガンダムアストレアタイプ-Fに付属していたものと同じです。中間部は伸縮が可能。

前後とも左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。

左右にあるフォアグリップは展開が可能。

GNシールド。肩に組み換えることで迫力のある演出が可能な装備です。3個パーツの簡単な組み合わせ。裏面には2基のGNハンドグレネードを装備しています。

表面の装甲は組み換えることで浮かせた状態(GN粒子放出状態)を再現できます。

GNバスターソード。グリップ周りを組み合わせる2個パーツ構成の簡易的な作りで、一部に合わせ目が出来ます。グリップ周りをグレーに塗り分ける必要があります。

GNシールド、GNバスターソードそれぞれ、肩に装備可能です。様々な組み合わせが演出できるのがいいですね。

バレルを組み換えることでGNロングライフルとGNショートライフルが演出できるGNビーム・ライフル。バレルなどの一部をグレーに塗り分ける必要があります。

ロングバレルは上下挟み込みタイプで合わせ目は段落ちなどでモールド化されています。ショートバレルとライフル本体は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。フォアグリップは可動式。

リアアーマーにマウント可能ですが、GNロングライフルだと肩に取り付けたGNシールドとバレルが干渉しやすいので注意が必要そうです。

増加粒子タンク。上下2個パーツの簡単な組み合わせになっています。濃いグリーン一色なので、青く塗り分けが必要です。

スラスター口などが細かく造形されています。側面には合わせ目ができます。

ショルダーアーマーに装着することで、重装備感のあるスタイルが再現可能です。

簡単に装備を織り交ぜて。(GNシールド、GNバスターソード、GNショートライフル)

武装が豊富なので、自由な組み合わせで遊べるのがいいですね。

両手持ちはギリギリでぎこちなさはありますが、不自然にならない程度には保持してくれます。

GNビーム・ライフルは前腕に固定できるので保持しやすく、ポージングもとてもスムーズにできます。

NGNバズーカは脇に抱えたり、肩に担いだりと演出力は高いです。肩に担ぐ場合はギリギリで保持できる感じなので、あまり柔軟なポーズは取れないかも。

GNビーム・サーベルは多少スルスルしますが、ハンドパーツから抜け落ちることは特になかったです。

適当に数枚どうぞ。

以上です。このグリーンカラーがジンクスⅣととても合っているというか、ミリタリー調で配色も良く、違和感なく仕上がっていると思います。指揮官機もいいですが、量産機としての味が感じられるのがいいですね。

あえて欠点を上げるなら、だいぶ前に発売されたキットベースによる各部の合わせ目でしょうか。前腕や肘から下の部分の合わせ目が目立ちやすいので、合わせ目消しの技術があるなら対処しておきたいところです。

ジンクスは現代のキットに比べると可動域がやや狭い感じがありますが、うまくポージングさせればとてもかっこよく決まります。武装類もありすぎるくらい豊富ですし、自由な組み合わせによって飽きることなく楽しませてくれるキットですね。

icon

⇒楽天でHG ジンクスIV(量産機)を探す
⇒駿河屋でHG ジンクスIV(量産機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジンクスIV(量産機)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す