HG ジム・スナイパーカスタム レビュー

今回は、HG 1/144 ジム・スナイパーカスタムのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ジム・スナイパーカスタムは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSDより、MSDのRGMシリーズ系譜に連なる機体『ジム・スナイパーカスタム』の1/144スケールモデルキットです。新造された専用火器のR4型ビーム・ライフルが付属し、最新のHGフォーマットによる高い可動性能を持ったキットになっています。価格は2,052円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

MSDならではの造形とデザインでキット化されたHGジム・スナイパーカスタム。HGヘビーガンダムやHGジム・ガードカスタムと同じ最新のフォーマットを使用し、柔軟な可動域を持つキットに仕上がっています。

プレバンホームページで見られるスネの色分けはシールでの再現となります。シールを貼らない場合は、アンクルガードの配色以外はMSVに近いデザインになっています。これはMSVファンへの配慮かも。

オリーブグリーンとグレーの成型色構成。

使用しているポリキャップはPC-001。関節強度も高めで特に一方向への負荷もかからず、自立は安定しています。

頭部。ジム・スナイパーカスタムらしい額や顎を装甲に覆われた形状。アンテナはとさか部分から伸び、先端は安全加工がされています。前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目が出るようになっています。アンテナを挟んでの2個パーツによる組み合わせなので、合わせ目消しはラクそうです。バイザーはクリアーレッドパーツ。

とさか前後のセンサーは赤いシールによる色分けで、後頭部にはパネルラインが入っています。内部はHGジム・ガードカスタムと同じような造形が再現されています。

外付けのバイザーは開閉式で降ろした状態が再現可能です。

胸部。造形自体はHGジム・ガードカスタムと同じ。ですがカラーリングが違っているのであまり流用感は感じません。中央のモールドはグレーのシールによる色分けです。

腹部、腰部。こちらもHGジム・ガードカスタムと同じ造形。色が違うことで印象も違うものになっています。

腕部。二の腕は左右、前腕は前後の挟み込みですが、どちらも合わせ目は段落ちモールド化されています。前腕には組立時に白いラインのマーキングシールを貼るようになっています。

右の前腕にはビーム・サーベルユニットを装備。左の前腕はダボ穴が露出していて、シールがやや浮き気味になります。ビーム・サーベルユニットは左にも取り付けが可能です。

ショルダーアーマー。HGジム・ガードカスタムと同じ形状です。前後挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。上部のダクトは可動式。

脚部。細身でシンプルな造形。大腿部はモールドが多めにデザインされています。スネはシールで色分けするようになっていますが、マーkングシールなので貼っていません。大腿部は前後、膝から下は左右挟み込みタイプですが、大腿部は段落ちモールド化、膝から下はモールド化されていたり複数パーツの組み合わせになっているので合わせ目は目立ちません。

ふくらはぎ後部のバーニアは内部が二重のモールド入り。内部は赤く塗り分ける必要があります。

足首から下の部分。HGジム・ガードカスタムと同じ薄型。アンクルガードの丸型パーツ(マグネットコーティング?)は外れやすいので注意です。(個体差があるかもです。)足裏はモールドの入った別パーツで蓋をするようになっていて、肉抜き穴などはありません。

バックパック。HGジム・スナイパーカスタム用に新造された部分です。バーニア周りのグレーはシールによる色分けで、上下にあるバーニアは特に可動しません。

バックパックは2箇所のダボ接続。

バーニアは上下で形状が異なります。

側面の蓋を外すとポリキャップ式の穴が露出。一般的な3.0mm穴で、HGガンダムFSDのキャノンなどもマウント可能です。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと。HGの中では比較的小型かと。

HGジム・ガードカスタムと。全体的な形状はほぼ同じですが、カラーリングや頭部、バックパック形状が違うのでかなり違った対照的とも言えるデザインになっています。

頭部はアーマーがあるので顎をあまり引けませんが、見上げる状態はまずまず可能。左右へも問題なく首を振ることができます。

最新フォーマットの構造で腕部を高く上に上げることができます。肘もしっかりと折り曲げられます。

肩は前側に広くスイング可能。後方へはボールジョイントの可動範囲程度。

腹部が引き出せるので、大きく上半身を倒すことができます。

後方へも上半身を浮かせるようにして倒すことができます。腰も360度回転可能。各部の可動域が広いです。

股関部にアクションベースをマウントしてディスプレイ。股が前後スイングするので、脚部の可動が柔軟になっています。

脚部は前後に広く可動させることができます。

肘もしっかりと折り曲げることができます。膝裏にはスリット入りの裏打ちパーツが造形されています。

膝アーマーも膝の可動に合わせてスライドします。腰部アーマー類は簡易的な造形。

足首は前後左右ともまずまず。

脚部は左右に水平にまで上げることができます。内股はそれなりですが、がに股は後方にまで回転させることができます。

最新フォーマットの広い可動域で、立膝は柔軟に自然な形でこなせます。

R4型ビーム・ライフル、ビーム・スプレーガン、ビームサーベル刃☓2、武器用ハンドパーツ(右)、R4型ビーム・ライフル用マウントパーツが付属。※ビームサーベル刃の1本は余剰です。

脚部パーツが余剰で付属。マーキングシールも付属します。

R4型ビーム・ライフル。複数パーツの組み合わせで細かく造形されています。本体部分は左右挟み込みタイプですが、上下にできる合わせ目は段落ちモールド化されています。

後方のストックは柔軟に可動し、砲口部分は脱着式。組み換え、ストックを折り曲げることでコンパクトな収納形態にすることができます。

付属のマウントパーツを使用することでリアアーマーに懸架可能です。少し保持にふらつきがありますが、外れるほどではないので安心してポージングができます。(個体差があるかもです。)

ビーム・スプレーガン。モナカ割の簡単な作りですが、モールドは多めに入っています。上下などに合わせ目ができます。

HGジム・ガードカスタムに付属しているものと形状は同じ。成型色が違っています。(画像左がHGジム・ガードカスタムのものです。)

ビーム・スプレーガンはふくらはぎに懸架可能です。しっかりと固定されるので、ポージング時も外れること無くラクにポージングできます。

武装状態。R4型ビーム・ライフルはストックがショルダーアーマーと干渉したりするので、ストックを脇に抱えるようにして保持したほうがいいかも。武器用ハンドパーツ(手甲側)にダボ穴があるので、しっかりと固定され、保持しやすくなっています。

スネのシールを貼った状態。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。最新フォーマットを使ったキットなので、可動域はかなり広く柔軟。どんなポージングでも様になるので文句のつけようは無いですね。ただ、可動が柔軟なだけに、腹部など頻繁に可動させているとヘタれてくる箇所も多いかもです。

プレバンホームページでは塗装済みのキットが紹介してあるためデザインに違和感を感じましたが、スネにシールを貼らない状態だとMSVに近いデザインが再現されているので良かったです。MSVファンでも受け入れやすいデザインになっていると思いますし、THE ORIGIN MSDとしてでも昔ながらのMSがこうやってキット化されるのは嬉しいですね。

icon

⇒楽天でHG ジム・スナイパーカスタムを探す
⇒駿河屋でHG ジム・スナイパーカスタムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジム・スナイパーカスタムを探す

コメントを残す