HG ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備) レビュー

今回は、HG 1/144 ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備)のレビューをご紹介します!

HG ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備)は、機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSD(Mobile Suit Discovery)より『ジム・ガードカスタム』のE-2ビーム・スプレーガン装備仕様1/144スケールモデルキットです。新規造形のE-2ビーム・スプレーガンが2丁付属するほか、胸部、バックパック、肩部、腰部など全身の各所にわたる変更点が新規造形で再現されたキットになっています。価格は2,530円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

2018年7月に一般発売されたHGジム・ガードカスタム(以下、ノーマル版)をベースに、各部にマイナーチェンジが施された『ジム・ガードカスタム (E-2ビーム・スプレーガン装備)』がキット化。各部が新造された他、全体的な成型色も変更された強化タイプのジム・ガードカスタムです。

成型色は、腹部以外、基本的な配色はノーマル版とあまり変わりませんが、外装のホワイトに少し青みが加えられ、ブルーもやや明るめになっています。関節などのダークグレーはノーマル版と同じ。胸部エアインテークや膝周りをシールで補いますが、全体的にシールは少なめです。バックパックのスラスターなどは塗装する必要があります。

ポリキャップはPC-001を肘、膝関節以外の各部に使用。関節強度も程よく、前後に比重がかかる背負ものもないので自立は安定しています。

頭部はノーマル版と同じ独特の形状。クリアーグリーンパーツのゴーグルは内部にモールドが造形されています。

メット部は前後挟み込みタイプで、上部から側面にかけて合わせ目ができます。とさか前後のセンサーは赤いシールでの色分け。青いバイザー(複合センサー)は左右挟み込みタイプですが、後頭部の合わせ目は段落ちモールド化されています。

バイザー(複合センサー)は上下に可動し、ゴーグルを覆うようなスタイルが再現可能です。

胴体部をノーマル版と並べて比較。肩にバルカン砲が新造され、胴体部中央、胸部エアインテーク周り、腹部などが形状、成型色共に変化しています。わかりにくいですが、腰部フロントアーマー中央の装甲も肉厚なモールドが造形されています。

サイドアーマーも新造され、E-2ビーム・スプレーガンがマウントできるようになっています。リアアーマーの形状はノーマル版と変わらず。

腰アーマー裏にモールドは造形されておらず、股間部はスライドギミックによって脚部の可動域が広がります。

腕部をノーマル版と比較。大きく変化している箇所はありませんが、肩側面のスラスターが少し大きくなり、ハンドパーツが白成型色のものに変更されています。ハンドパーツの形状自体はノーマル版と同じ。

二の腕は左右挟み込みタイプ、前腕は前後挟み込みタイプですが、共に合わせ目は段落ちモールド化されています。

ビームダガー用のビーム刃とグリップパーツが付属し、前腕のパーツと組み換えることでビームダガーとして使用可能です。

ショルダーアーマーは挟み込みタイプですが、合わせ目は端でモールド化されています。少し大型化したスラスターは上下に可動。内部は塗り分けが必要です。

脚部。大部分はノーマル版と同じですが、大腿部後部が少し肉厚な装甲に変化しています。膝の青い装甲やダクト内外はシールでの色分けです。

大腿部、膝から下共に合わせ目はモールド化されています。

ソール部をノーマル版と比較して。形状自体は同じですが、後部の装甲が白いシールで色分けされています。

バックパックをノーマル版と比較して。全く異なる形状のものが新造されています。角型のスラスターは内部を塗り分ける必要があります。スラスターなど特に可動ギミックはありません。

バックパックは2ダボ接続なのでノーマル版と交換は可能ですが、肩のバルカンと連結しているので見栄えは悪くなります。

ノーマル版と並べて全身を比較。カラーリングや部分的な形状と配色が違うので、少し印象が違って見えます。

可動域についてはノーマル版とほぼ同じなので、以下のリンクからノーマル版のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG ジム・ガードカスタム レビュー

ガーディアン・シールド、E-2ビーム・スプレーガン(左右)、ビーム・スプレーガン、平手(左右)、武器用持ち手(左右)、ビーム・ダガー刃☓2、ビーム・ダガー用グリップ☓2が付属。

その他ノーマル版やORIGIN版ジム系キット用のパーツが余剰で付属します。サイドアーマーが付属しませんが、それ以外の部分はノーマル版として組めそうです。

専用のマーキングシールが付属します。

ガーディアン・シールドをノーマル版のものと並べて比較。形状に違いはないようです。

裏面のグリップは上下に可動します。

E-2ビーム・スプレーガン。モナカ割の簡易的な作りですが、上下などにできる合わせ目は段落ちモールド化されているようです。

ビーム・スプレーガン。ノーマル版に付属しているものと同じです。モナカ割で上下に合わせ目ができます。

一通り武装して。E-2ビーム・スプレーガンは左右にダボがあるので、どちらのサイドアーマーにもマウント可能です。

強化型のORIGIN版ジム各種と並べて。後はジム・キャノン・・・・。

手甲パーツが相変わらずバラけやすいのでシールド保持には注意が必要ですが、平手が新規で付属したことで、シールドを支えるようなポーズがとれるようになったのはいいですね。

サイドアーマーにマウントしているE-2ビーム・スプレーガンはポロリしやすいので注意です。付け根が回転するなど、干渉が避けられる構造になっていると良かったですね。

E-2ビーム・スプレーガンもシンプルな武装なので、簡単に保持、取り回しが可能です。両手用の武器持ち手が付属したことで、2丁両手持ちも再現できるようになったのがいいですね。

ビームダガーも軽装なのでサクッと保持が可能です。ただ、刃、柄、グリップの3個パーツの組み合わせなので、ヘタれてくるとバラけやすくなってくるかも。グリップもハンドパーツからたまにスルッと抜けたりするので注意です。

他のORIGIN版ジム各種と合わせて、ア・バオア・クー攻防戦っぽく演出。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。ジム・ガードカスタムはORIGINのジム系フォーマットなので、可動や作りなどは変わらずよく出来ています。ですがそれだけでなく、成型色に少し変化を加えて各部が新造されたことで、全体的な印象が違って見えるようになりました。

欠点的には、ノーマル版と変わらず手甲パーツが分解しやすいのと、サイドアーマーに取り付けたE-2ビーム・スプレーガンが干渉によってポロリしやすいので、ポージング時にちょっとしたストレスとなりそうです。ガシガシ動かしたい場合はどうしても補強が必要となってきそうです。

E-2ビーム・スプレーガンやバックパックといった新造箇所に加え、左右の平手や武器持ち手が付属していることで、2丁持ちやシールドを手で支えるポーズなど、ノーマル版ジム・ガードカスタムの物足りなさを補うように、ポージングの幅が出て楽しめるキットになったのがいいですね。

icon

⇒楽天でHG ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備)を探す
⇒駿河屋でHG ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジム・ガードカスタム(E-2ビーム・スプレーガン装備)を探す

コメントを残す