HG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の塗装レシピと写真レビュー

今回は、HG 1/144 シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

HGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.が完成しましたので、塗装レシピと完成後の写真レビューをご紹介していきます。

今回製作したHGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.は、各部合わせ目消しの他、マガジンのネオジム固定、メタルパーツやルミドームを使ったディテールアップなどを施しつつ仕上げてみました。

塗装に関しては、外装はやや深めのピンクやえんじ色に仕上げ、ショルダーアーマーやL字シールド、腰アーマー類、脚部などにドット迷彩を入れています。それではまず塗装後と塗装前の画像からどうぞ。

■塗装後(アフター)

■塗装前(ビフォー)

もっと明るめに仕上げようと思っていましたが、ドット迷彩で重ね塗りしているうちにだんだん濃くなってしまってこうなりました^^; 結果渋めになって良かったと思いますが狙い通りではないので、塗装時は前もって試し塗りしておくなど、仕上がりを考えてからのほうが良かったですね;

細部を見るとまだまだ甘いなと思うところは多いですが、それなりには仕上がっていると思うのでご参考いただければと思います。

まずは全身から。デカールはガンダムデカールTHE ORIGIN汎用のHGシャア専用ザクⅡのものと、ハイキューパーツのRB01、RB02コーションデカール(ホワイト)を使用。全体的に少なめに仕上げています。

モノアイは改修し、ハイキューパーツのSPプレートルミドームピンクに変更しています。動力パイプは真鍮にスプリングを通し、ハイキューパーツのMZパイプに変更。

モノアイはブラックライトで照らすと発光します。

腰の動力パイプも真鍮にスプリングを通し、ハイキューパーツのMZパイプに変更。フロントアーマー、サイドアーマー、リアアーマーはそれぞれにドット迷彩を施しています。ドット迷彩は3色。マスキングによって段差ができてしまっているので、コンパウンドで磨くなりして段差を消せば良かったですね;

L字シールドもドット迷彩を施しています。マガジンはネオジム磁石を埋め込むことで、磁力によって固定されるようにしています。シールド表面のマガジンジョイント穴はパテ埋めしておきました。

前腕は合わせ目消しと後ハメ加工をしています。スパイクアーマーもドット迷彩を施し。本当は側面に迷彩とデカールをしたつもりなんですけど、位置を間違えて上部になってしまいました_| ̄|◯ まぁこれでもそんなに悪くないみたいなので良かったです。

脚部は右脚部にドット迷彩を施しています。側面の動力パイプも真鍮、スプリング、MZパイプに変更。付け根はただ接着するだけにしていますが、柔軟ではないので脚部をゴリゴリ動かす場合は違う方法を考えたほうがいいかも。

一部モールドや足裏のバーニアは、ハイキューパーツのツインパイプやマルイチのメタルパーツに変更しています。足甲にもドット迷彩を施しています。

バックパックの小型バーニアはハイキューパーツのツインパイプを埋め込み。バーニアはハイキューパーツのSTDスラスターに変更しています。

俯瞰、全身から。

ザク・バズーカ。エナメルのチタンシルバーでドライブラシをし、使い古したような金属の擦れ感を加えてみました。以下、武器類はすべてドライブラシを施しています。

センサーはスターブライトシルバーで塗装したSPプレートに、クリアーピンクに塗装したGEMドームを接着。ピンクに塗り分けつつ、GEMドームの虹色を活かすようにしています。

対艦ライフル。

こちらもGEMドームをクリアーピンクで塗装。プレートはウェーブのUバーニア1にある凹面モールドを接着しています。

ドラムマガジン式のザク・マシンガン。

こちらもクリアーピンクに塗装したGEMドームを埋め込んで接着。GEMドームはすべて、塗装前に裏面からハセガワのミラーフィニッシュを貼って発色を良くしています。

ベルト給弾式のマシンガン。ドライブラシ、GEMドームともにドラムマガジン式のザク・マシンガンと同じ加工をしています。

ベルト給弾式のマシンガンのマガジン。側面のモールドは、パーティングラインとともに削り取り、プラ棒を接着して新造しています。

ザク・バズーカの予備マガジン。内部にネオジムを接着し、シールドに固定できるようにしています。ネオジムを組み込むときは、磁石のSN極の向きに注意が必要です。マガジンは合わせ目消しをし、弾頭部分には塗装したリベットを接着。

ヒートホークは展開型、収納型ともに塗装後のドライブラシのみです。動力パイプや刃を塗り分けようかとも思いましたが、シンプルな単色にしています。

それではHGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の塗装レシピです。

■HGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の塗装レシピ
外装ピンク:(下地:白サフ)
(最下)ローズブライトレッド50%+セミグロスホワイト25%+ニュートラルグレーⅢ13%+サンシャインイエロー12%(ガイアカラー)
(2層目)最下+オキサイトレッド少々(ガイアカラー)
(3層目)2層目+ジャーマングレー少々+オキサイトレッド少々+サンシャインイエロー少々(ガイアカラー)
外装えんじ色:(下地:白サフ)
(最下)オキサイトレッド40%+ローズディープレッド40%+ジャーマングレー10%+サンシャインイエロー10%(ガイアカラー)
(2層目)最下+ジャーマングレー少々(ガイアカラー)
(3層目)2層目+ローズディープレッド少々+サンシャインイエロー少々+ジャーマングレー少々(ガイアカラー)
バックパック:(下地:白サフ)外装えんじ色(3層目)+アルティメットホワイト少々(ガイアカラー)
内部・関節パーツ類(下地:サフ)(下地塗装:EX-02ブラック)ジャーマングレー50%+フレームメタリック1 50%
外装ダークグレー:(下地:サフ)ジャーマングレー70%+ガンメタル15%+ストームグレーブルー15%(ガイアカラー)
武器:(下地:サフ)ジャーマングレー40%+ニュートラルグレー30%+オキサイトレッド10%+ガンメタル20%(ガイアカラー)
バーニア:内側:スターブライトシルバー 外側:スターブライトアイアン(ガイアカラー)※ともにマルチプライマーを吹いています。
武器ドライブラシ:チタンシルバー(タミヤエナメル)
スミ入れフラットブラウン+フラットレッド、フラットブラウン+ジャーマングレイ(タミヤエナメル)、Mr・ウェザリングカラーマルチブラック
細部の塗装ジャーマングレイ(タミヤエナメル)
コーティング:Mr.スムースクリアー50%+クリアー50%、Mr.スムースクリアーつや消し(C182)
※アイアン部分の希釈にはメタリックマスターを使用しています。

動力パイプも外装パーツ類と同じような質感にするため、マルチプライマーを吹いて食いつきを良くしてからサフを吹いて塗装しています。

内部パーツや関節パーツは金属感を出すため、メタリック調の塗料を加えて塗装しています。武器類はメタリック調の塗料に加え、オキサイトレッドを混ぜて少しメタリックブラウンなカラーリングに仕上げています。

引き続きHGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の画像をどうぞ。

一通り武装して。ザクマガジンが前腕と干渉しやすいので、擦れて塗装剥げなどがおきないよう注意が必要です。バックパックの武器マウント部などは、脱着を頻繁に繰り返す場合はグリスを塗っておいたほうがいいかもです。

適当に何枚かどうぞ。

各武装類の両手持ちは、オリジン版ザクの可動域が広めなので窮屈さはありませんでした。フォアグリップも若干の隙間があるので、擦れなどは心配なかったです。

ベルト給弾式のマシンガンは、ベルトがどうしても腕可動の妨げになりやすいので、ベルトに折り目がつかない程度に曲げて、腕に余裕が出るようにしたほうがいいかも。

対艦ライフルを片手で保持する場合、手首がたれやすいので、少し強度アップしておくといいですね。

それではPC版・スマホ版壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければ壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法:(①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存

■壁紙(PC版)

1920×1200サイズ

1920×1080サイズ 1600×1200サイズ

■壁紙(スマホ版)

750×1334サイズ 640×1138サイズ

 

以上です。合わせ目消しや動力パイプのメタルパーツ化、モノアイなど、今回手を加えた箇所は、ザクの制作としては結構基本的なことなのかなと思います。だいたい多くの方が行う改修なようですね。それに加えて今回はドット迷彩も施してみましたが、全体的な出来としてはまだまだだなという印象でした;

ただ、大幅に成形するわけではないので、改修自体は比較的しやすかったです。ちょっと手を加えるだけでグッと良くなるのはいいですね。オリジン版ザクは造形、プロポーションともにいいですし種類も豊富なので、黒い三連星、ザクキャノン、C型/C-5型など好みのキットに手を加えて、改修、塗装を楽しんでみてはいかがでしょうか。

⇒楽天でHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す
⇒駿河屋でHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す
⇒ヤフーショッピングでHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す

コメントを残す