HGUC ザクⅢ改 (Twilight AXIS Ver.)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ザクⅢ改 (Twilight AXIS Ver.)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

000

パッケージはザクⅢ改(Twilight AXIS Ver.)カラーに合わせた赤色。背景のイラストはザクⅢ改とトリスタンが交戦中の画像が使用されています。このイラストは塗装済みキット画像を加工したものっぽいです。全身画像はザクⅢ改(Twilight AXIS Ver.)の塗装済みキット。

001

パッケージサイズは通常のHGと比べてもかなり厚みがありますね。サイズの大きいキットで外装パーツもボリューミー。なのでこの大きさになっちゃってます。

003

側面に商品の記載はなし。英語文字のみのシンプルデザインです。

004

箱いっぱいのランナー入り。

005

006

全部で5袋分のランナーです。HGUCザクⅢ改とザクⅢの共通ランナーとHGUCギラ・ドーガのランナーで構成されています。新規造形部分はマーキングシールくらいかな?・・・・ってことは、塗装する場合、シールは水転写のガンダムデカールDXで対応出来ますし、ほぼ市販のものをミックスすればこれを買う必要もないってこと・・・・?^_^;

まぁ市販のものをミックスする場合、HGUCザクⅢ改とHGUCギラ・ドーガ、そしてHGUCギラ・ドーガレズン機を合わせて買わないといけません。その場合余計に高くついてしまうので、どちらがいいかは・・・・ですね。成型色が赤色のザクⅢ改が必要なら迷わずポチるべき一品です。

007

では説明書を見ていきます。説明書は流用ではなく新規で作られたものです。表紙や塗装済み設定写真などは一切なし。注意事項や部品注文、カラーガイドとランナー解説、組み立て解説のみです。多少読み物としての要素も欲しいところですが、あまりバカ売れを見込めないプレバンアイテムなのでこれが限界かな?

では一通り説明書をどうぞ。

008

009

010

以上、説明書でした。組立工程のみなのでページ数はかなり少ないです。組立工程はほぼザクⅢ改そのもの。ですが配置や枠組み、組み立て順のナンバリングなどはより細かくなっていてわかりやすくなっていますね。余分な説明も省いてあるので全体的にスッキリとしています。

では各ランナーを見ていきます。

011

↑Aランナー。レッドのランナーです。『1/144ザクⅢ改』、『1/144HGザクⅢ』と印字してあります。もちろん流用。腰部、脚部、胴体部分などのパーツがあります。

012

↑Bランナー。ダークグレーのランナーです。パーツ数はたったの2個。こちらも『1/144ザクⅢ改』、『1/144HGザクⅢ』と印字。まぁ流用なので殆どのランナーにこう印字されてますよね、当然^_^;

013

↑Cランナー。ダークグレーのランナーです。関節部分やハンドパーツ、膝パーツといったものが並んでいます。ダボ付きの膝パーツや右下の短い動力パイプなどは余剰パーツです。

015

↑D1ランナー。ピンクのランナーです。脚部や腹部などのパーツ類。この淡色成型色はHGUCギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)と同じっぽいですがどうなんでしょう?

016

↑D2ランナー。これもピンクのランナーです。脚部、頭部、腕部、バックパック、そして余剰パーツのザクⅢ頭部パーツ。

017

↑Eランナー。レッドのランナーです。リアスカートや肩部など。

018

↑Fランナー。ダークグレーのランナーです。ザクⅢ改用のバックパックやビーム・ライフルのパーツ類があります。バックパックは余剰パーツ。

019

↑Hランナー。ダークグレーのランナーです。銃剣付きビーム・ライフルやバックパックなどのパーツ類です。

014

↑Dランナー。ダークグレーのランナーです。『HGUC1/144ギラ・ドーガ』と印字。手前の2基のビーム・マシンガン用パーツ以外は全て余剰パーツとなります。これだけあるとミキシングや改修などいろんな用途に使えそうです。

ちなみに通常のHGUCギラ・ドーガには右のビーム・マシンガンがなく、HGUCギラ・ドーガレズン機には左のビーム・マシンガンがありません。もちろん一般発売のHGUCザクⅢ改にもないので、両方とも付属するのはこのHGUCザクⅢ改(Twilight AXIS Ver.)だけかもです。ちょっとお得感を感じますねぇ。

020

↑ポリキャップ、ジオン軍のマーキングシール、ホイルシールが付属。ポリキャップはPC-111です。ポリキャップも余りが多いので、他の用途に使用したり、このザクⅢ改に付属しているパーツでザクⅢ改用のバックパックやザクⅢの頭部を組んだりすることができます。

以上です。素組みレビューでもご紹介したとおり、脚部などの関節はほとんど動かず、ポージングにおける表現には乏しさがあります。ですがザクⅢ改の頭部やリアスカート、武器類などはなかなかデザインが良くて、ちょっとした萌えポイントでもあります。まぁ一般販売されているザクⅢ改を買えばこのあたりも拝めるんですけど^_^;

ですが実際にキットを見た限り、そこまで悪いとは思いませんし、やっぱりトリスタンとの交戦シーンを再現すると良さが増しますね。こちらもアニメの戦闘シーンを見るとまた違った良さが確認できると思いますし、ザクⅢ改自体ジェガンやギラ・ドーガのように数多く販売されているわけでもないので手元で楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す