HG グレイズリッター(マクギリス隊所属機)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 グレイズリッター(マクギリス隊所属機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

背景も青いのでちょっとわかりにくいですが、パケ絵はSAUとアーブラウ防衛軍との武力紛争にてグレイズリッター(マクギリス隊所属機)が戦闘に加わる姿が掲載されています。背景には地味にマクギリス機やゲイレール・シャルフリヒターも掲載されています。

箱のサイズは一般的なHGよりも薄型。HGバルバトスやHGイオフレーム獅電などと同じです。パッケージの内容は同時発売のHGグレイズリッター(カルタ隊所属機)のパッケージとあまり変わらないため、簡単な記事内容でご紹介したいと思います。

では開封。薄型のパッケージに見合ったボリューム。ですが意外と組みごたえのあるパーツ数です。

全部で3袋分のランナー。

説明書はHGグレイズリッター(マクギリス隊所属機)用のペラモノクロ説明書と一般発売のHGグレイズリッター(カルタ機)のものが入っています。これも同時発売のHGグレイズリッター(カルタ隊所属機)と同じ形。カルタ機の説明書はHGグレイズリッター(カルタ隊所属機)のパッケージレビューをご覧ください。

HGグレイズリッター(マクギリス隊所属機)用説明書。胸部、頭部、ショルダーアーマーがカルタ機と異なります。

カラーガイドはマクギリス隊所属機用のライトブルー。ですが何気に外装以外はカルタ隊所属機と全く同じ調色です。もしかして雑?

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A、Cランナー。Aはライトブルーの外装パーツ類。Cはライトグレーのリアクターや動力パイプ。

↑D1ランナー。グレーの内部パーツや武装パーツ類。グレイズフレームと印字してあります。

↑D2ランナー。グレーの内部パーツ類。こちらもグレイズフレームです。

↑Eランナー。ダークグレーの外装やナイトブレードなど。グレイズリッター用のランナーです。

↑F、L、Mランナー。F、L共にライトブルーの外装パーツ類です。Mはダークグレーの内部パーツや胸部、頭部アンテナパーツなど。LやMランナーのパーツ類は、HGガンダムバルバトス第6形態専用のランナーに含まれていましたが、別ランナーとして新造したためにホームページには新規造形と記載されているのかもしれません。

↑ポリキャップPC-002、ホイルシールです。ホイルシールもカルタ隊所属機に付属のものと同じです。

以上です。カルタ隊所属機を組んだ後だったので、流石に同じものを組むのはちょっと億劫でした。ですがカラバリですし、完成度の高いグレイズフレームキットということもあって、出来上がったものはやはり良さを感じますね。勝手知ったる2個めの組み立ては超スピードでした(笑)

比較的地味なキットではあるものの、素組みレビューでご紹介したように、HGグレイズ系のバリエ機を並べるとそれぞれの良さや違いが際立ちますし、隊として複数機並べることで良さを引き立てることもできます。そういった意味では、量産機ならではの楽しみ方ができるのもこれらのキットの醍醐味なのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHG グレイズリッター(マクギリス隊所属機)を探す
⇒駿河屋でHG グレイズリッター(マクギリス隊所属機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG グレイズリッター(マクギリス隊所属機)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す