HG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はプレバンHGおなじみの素立ちグスタフ・カールが掲載されたものになります。背景はプレバンホームページにも掲載されているポーズ画像を使った合成。ゲーム登場機なので映像などはないみたいですね。個人的にもやったことのないゲームなので、このグスタフ・カールがどの程度のものなのかはちょっとわからないかも。Youtubeでチラッと戦闘シーンを見ることができます。

パッケージサイズは縦横は一般的なHGと同じですが、倍近いくらいの高さがあります。肉厚で大柄なキットなのでボリューム感満載。パーツが少し入れ替わったくらいなので、一般発売のユニコーンVer.とは同じ大きさでした。

横面にはゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V』の詳細も記載されています。

開封。箱いっぱいにランナーが入っています。満タン過ぎて蓋が少し浮き気味;

全部で5袋分のランナー。

説明書は白黒ですが専用のものが付属。これこそユニコーンVer.の説明書にギレンの野望Ver.のペラ説明書で良いような気がしますが、きっちりと専用のものが作られています。基準がわからぬ;ただ、カラバリで肘や膝のマルイチモールドパーツやシールドは色が違っているので、その点はランナー番号等も少し違っています。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。シールドの位置がバックパックから肩部に変わっているので、組み立ての流れが若干ユニコーンVer.と異なります。その点が専用説明書にした理由かな?(あくまで推測です。)

カラーガイドはスカイブルーなどを使用した鮮やかな配色となっています。フィニッシャーズのスカイブルーなんかがちょうど良さそう。つや消しを吹くとより印象が変わってきそうですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。スカイブルー、イエロー、レッド、クリアーピンクのイロプラランナーです。脚部やバックパック他、各部の外装パーツ類。ユニコーンVer.と全く同じです。

↑B1ランナー。スカイブルー成型色で、腕部や脚部、頭部外装パーツ類。ユニコーンVer.に比べ、右下のバルカン2門頭部パーツが省かれ、右上の肩と1門バルカン頭部パーツ、そして左上のマルイチパーツが追加されています。

↑B2ランナー。スカイブルー成型色で、B1の一部と同じです。

↑C1ランナー。ブルー成型色で、胴体部や脚部、シールドパーツなど。ユニコーンVer.に比べ、右下のシールドパーツが省かれています。

↑C2、C3ランナー。C2はブルー成型色で、C1の一部と同じ。C3はスカイブルー成型色のシールドパーツ。

↑Dランナー。ダークグレー成型色で、関節や胸部、腰部などの各部内部パーツ類。ユニコーンVer.に比べ、左のシールド用アームパーツが省かれ、右下のギレンの野望Ver.用のシールド用アームパーツなどが追加されています。

↑Eランナー。ダークグレー成型色で、バーニアやサイドアーマー、脚部外装、内部パーツなど。ユニコーンVer.から右のマルイチパーツが省かれています。同じものが2枚あります。

↑ポリキャップ(PC-132)、SB-13(クリアーピンクのビームサーベル刃)、ホイルシールです。サーベル刃はブラックライトを当てても発光しませんでした。

以上です。ガンダムのゲームと言えば、昔ファミコンのSDガンダムガチャポン戦士からGジェネの初期のものとかはやりましたね。シュミレーションかつアクションバトルがとても面白かった記憶があります。νガンダムとかファンネル保有機で、攻撃を食らうことなく、相手MSをボコボコにするっていう(笑)

今のGジェネはアクションバトルがなくなっているようですが、映像がきれいなのでいつもやりたいなと思っています。新作のクロスレイズは宇宙世紀が省かれているみたいですが面白そうですね。その他、ガンダムVS系もやっていますが、現在途中でほったらかし中;ガンプラはもちろん楽しいですけど、ガンダムのゲームもいろいろと楽しみたいですね。(ナイトガンダムのロープレもあったなぁ。懐かしぃ)

icon

⇒楽天でHG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)を探す
⇒駿河屋でHG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)を探す

コメントを残す