HG ガンダムレギルス レビュー

今回は、2012年10月に発売されたHG 1/144 ガンダムレギルスのレビューをご紹介します!

HG ガンダムレギルスは、『機動戦士ガンダムAGE』に登場するヴェイガン所属MS『ガンダムレギルス』の1/144スケールモデルキットです。ヴェイガン所属機らしい獣感ある造形を持ちつつ、ガンダムタイプ特有のトリコロールカラーを再現。ツインアイと通常のカメラアイが組み換えでチョイス可能な他、手のひらにはマニピュレータ内蔵ビームバルカン、尾にはレギルスキャノンが造形され、ビームバスターやレギルスシールドといった特徴的な武装も付属します。価格は1,620円(税込み)です。

ヴェイガン最高指導者『フェザール・イゼルカント』や後の総司令『ゼハート・ガレット』が搭乗するMSがキット化されています。ヴェイガンが作り上げたガンダムということで、歴代のガンダムタイプとは異なる動物的な印象を持ったガンダムになっています。

ピュアなホワイトを含め、ガンダムタイプ特有のトリコロールカラー成型色で再現。各部に造形されているスリット型ダクトはイエローパーツで細かく色分けされています。頭部や胸部センサー、腰部アーマーのモールドなど、部分的にシールで補います。

ポリキャップはPC-001Aを使用。各部に多数使用し、関節強度は高めに仕上がっています。足細で足底も小さいので、安定性は高くないですが自立は可能です。背部ユニットに造形された尾を自立の支えにすることもできます。

頭部。複数パーツの組み合わせで特徴的な造形、色分けが再現されています。カメラアイと額のセンサーはシールでの色分け。クリアーパーツは使用されていません。後頭部メットは左右挟み込みタイプなので後部に合わせ目ができます。

カメラアイはツインアイと通常スリットタイプがチョイス可能。ただし額のシールは貼り替えが必要です。こめかみのバルカンはグリーンに塗り分けが必要です。

通常のスリットタイプカメラアイに組み替えて。ツインアイとはひと味違った印象になります。

胸部から腰部。造形は曲型ですが、カラーリングはガンダムタイプらしいものになっています。胸部中央のビームバスターはシールでの色分けで、エアインテークや襟などはパーツでの色分けです。

腰部フロントアーマー、リアアーマーのモールドはシールでの色分けです。

胸部は内部パーツが脱着出来るようになっています。

腰部アーマーはフロントとリアのみの2枚構造。裏面にモールドなどはありません。股間部はボールジョイント接続です。リアアーマーはボールジョイント型のポリキャップ接続でフレキシブルに可動します。

腕部はギラーガのような細身タイプ。

二の腕は筒型ですが、前腕は左右挟み込みタイプで前後に合わせ目ができますが、若干段落ちっぽく造形されているみたいですね。消すにしても、肘が分離可能なので合わせ消しはしやすそう。肘のモールドは黄色いシールでの色分けで、ハンドパーツは動物的な4指造形です。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプで、上部に合わせ目ができます。黄色いダクトパーツは挟み込むタイプなので、合わせ目消しをする場合は後ハメ加工が必要です。合わせ目が角ばった位置にあるので、ムリに消さなくてもいいかもです。

脚部。細身で肉質感のある造形になっています。部分的にあるスリット入りダクトはイエローパーツでの色分けです。

大腿部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。膝から下は左右挟み込みタイプで、スネや後部全体に合わせ目ができますが、こちらも段落ちモールドっぽく造形されています。後部のスリット入ダクトは挟み込みパーツなので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要です。

足首から下の部分。若干ヒールっぽい造形ですが、かかとや足裏はスリット入りの特徴的な造形になっています。足裏に肉抜き穴はありません。

背部ユニット。2枚羽や尾といった動物的な造形が再現されています。

背部ユニットは角型と丸型の4ダボ接続。固定強度は高めです。背中左右には2ダボ穴が造形されていますが、HGUCやHG鉄血のオルフェンズなどのバックパックダボとは間隔が違うので取り付けることができませんでした。ただの飾りかも。

羽パーツは展開が可能。内側は別パーツで色分けされています。可動部の雫型モールドはシールでの色分けです。

羽の中間部も自由に回転可動します。

羽の付け根はボールジョイント型ポリキャップでフレキシブルに可動します。固定強度はまずまずありますが、かぶせハメのようなタイプなので少し抜けやすいかも。

尾部は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。

尾部も自由に角度変更が可能です。

AGE系キットが手元にないので、ギラーガベースのHGBD煌・ギラーガと並べて。獣感という部分では造形的に似た感じはありますが、カラーリングや細かい造形などはだいぶ違っています。

頭部の可動は、顎引きはあまりできませんが、見上げる動きはかなり高い位置まで上げることが可能です。左右へも全く干渉なくスムーズに可動します。

腕は水平くらいにまで上げることができ、肘も深めに曲げることができます。

肩は付け根がボールジョイント接続で、後方に適度にスイングします。前方には肩のポリキャップが引き出せるので更に広くスイング可能です。

胸部、腹部共に可動箇所がないので、上半身の前後スイングはほとんどできませんが、腰は360度ラクに回転が可能です。股間部のパーツを外すと3.0mm穴が露出。アクションベースマウントパーツを差し込んでディスプレイさせます。ただ、穴が少し浅めなようで、破損修正したダボ軸などを差し込むと落下しやすかったりする場合もあるので注意です。

腰アーマーが特別広く展開すると言うわけでもないですが、アーマーの裾が広かったり複雑な構造ではなかったりで広く前後開脚が可能です。

膝はかなり深くまで折り曲げることができます。

足首は、前後へはまずまず広めに可動しますが、左右へはそれほど広以下どうではありません。

左右への開脚はハの字程度まで。

内股はほとんど表現できず。がに股は45度程度まで可動します。

立膝はまずまずきれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、腕上げや左右開脚、足首の左右可動など、部分的に物足りない箇所はありますが、全体的にはなかなか優秀な可動域になっていると思います。首もしっかりと見上げることができますし、膝や腕なども割と柔軟に可動するのでポージングはしやすいかと。

レギルスライフル、レギルスシールド、平手ハンドパーツ(左右)、武器持ち手(左右共通)ビームサーベル刃×2、レギルスコア用マウントパーツが付属。

レギルスライフル。モナカ割なので上下に合わせ目ができます。グレー単色なので、部分的に白く塗り分けが必要です。

砲口とセンサーはシールでの色分けです。

レギルスシールド。特別派手さや主張などもない造形ですが、適度に色分けされています。

ただ、裏面のダボを押して表面パーツを外し、

パーツを組み替えることで、キラリと輝くオシャレなデザインに変えることができます。

シールドは前腕側面のダボに取り付け。サクッとハマり、外れるほど弱くもないのでポージングはしやすいです。

レギルスライフルとレギルスシールドを装備して。レギルスライフルは付属の武器持ち手を使って保持しますが、持ち手のボールジョイントが緩め。手首強度が弱めでフラフラだったので、接着剤でボールジョイントを太らせて補強しました。

股間部のアクションベースマウント穴が浅いので、やはりポージング時は落下しやすいですね。固定されず乗せているだけのような感じになるので、クルッと回転しないようにも注意です。

平手にはビームバルカンがあるので、平手パーツ単体での射撃ポーズも演出が可能です。獣感のある独特の表現になります。

先端にビームサーベル刃と取り付けて、より機械的な武器演出も可能。

背中のレギルスキャノンを前方に向けた射撃ポーズも演出が可能です。

胸部から背面ユニットを外してレギルスコアに。鳥のような独特の造形になっています。付属のマウントパーツを使ってディスプレイ。

こちらは軽装ですし、マウントパーツがしっかりと固定できているのでポージングはすごくラクです。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。ヴェイガン製のガンダムということで、ややクセのある造形で好みが分かれる部分もあるかと思います。ですが実際にキットを手にすると、ガンダムタイプのカラーリングには清潔感があって美しささえ感じますし、造形の印象を払拭するくらいの良さ、取り扱いやすさを感じます。ポロリもほぼないので、ポージングもラクですね。

気になるのは股間部のアクションベースでの取り付け穴で、少し浅めでディスプレイしていても落下しやすかったりするので、その点は落下して破損しないよう注意が必要です。合わせ目が多いですが、消さなくてもいいような配置や段落ちモールドっぽくなっているので、ムリに消さなくてもいいかも。合わせ目を消してきれいに仕上げるにも、部位が分離可能なのでラクに楽しみながら制作できそうです。

ヴェイガンの主要機なので、地球連邦VSヴェイガンという構図を楽しんだり、ダークハウンドとバトルシーン演出など、AGEの劇中シーンを楽しむには不可欠なキットと言えるのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHG ガンダムレギルスを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムレギルスを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムレギルスを探す

コメントを残す