HG ガンダムバルバトスの組立工程 腕部の組み立て

こんにちは!今回は、HG ガンダムバルバトスの組立工程 腕部の組み立てをご紹介します!

HGバルバトスの腕部は、細身でありながらそこそこの可動域は確保している部分です。ショルダーアーマーは第1形態でお馴染みのアタッチメントがついているので、グレイズのアーマーも取り付けることができる汎用性が高いものになっています。

ただ、今後ショルダーアーマーに取り付けるパーツが他に発売されるのかどうかは微妙なところです。形状からしてグシオンやマンロディーなどの肩パーツは適合していないっぽいので、組み換えを楽しむということはなくなる可能性もあるかと。

まあその分クタン参型などの大規模はユニットが発売されているので、今後も鉄血のオルフェンズ系キットは期待できると思います。

さて、ではHGバルバトスの組立工程に参りましょう。

HG ガンダムバルバトスの組立工程 腕部の組み立て

DSC_0029

DSC_0030

まずは腕部のパーツ一覧です。ちなみにパーツ一覧の中には写っていないパーツもあるかもしれませんので、もし写っていないものがあればそこはご少々いただければと思います。

HGガンダムバルバトスの腕部は第1形態のガントレット装着型と第4形態などの左右対称の腕部とがあります。

今回の組立工程では説明書通り、右腕を組んだ後、第1形態用のガントレット付き腕部をご紹介していきます。

DSC_0031

DSC_0032

DSC_0033

DSC_0034

DSC_0035

DSC_0036

DSC_0037

DSC_0038

DSC_0039

特に何も語ることなく組み上げましたが、問題無いですね。関節の保持力や強度もしっかりとしていますし、可動域もそこそこあります。

ビジュアル的にも内部パーツのチューブラインなどが適度に露出していていいですね。スジボリさえも必要ないくらい良いデザインに仕上がっていると思います。

まあ細かく言うなら、白い外装パーツを挟んで組み合わせた時、真ん中に合わせ目ができるので、合わせ目が出ないような仕様になっていると合せ目消しや後ハメ処理などをする必要がないので良かったかなあと。レベルの高い完成度を目指す場合はですけどね。

続いてガントレット装着型の左腕を組み立てていきます。

DSC_0040

ここは右腕と同じなので工程は省略しました^_^

DSC_0041

ここの突起部分は切り取ってしまわないよう注意です。ランナーのゲートが突起部分に付いているわけですが、こういうのは突起ではなく別のところにゲートがくるようにできないもんなんですかね~。

ランナーからパーツを切り取るときに、間違って突起部分を切ってしまうことはよくあるので、できればそういったことがないような金型にしていただけるとさらに安心なんですけどね。

DSC_0042

DSC_0043

もうだいぶ右腕とは形状が違ってきていますね。

DSC_0044

DSC_0045

DSC_0047 DSC_0048

第1形態の左腕はガントレットなどが装着してあるのでかなりゴツゴツ感がありますね。接近戦では第4形態よりも第1形態の方が実用性がありそうです。

DSC_0049

では最後に胸部と頭部、腕部を組み合わせます。毎回各部の組み合わせ時にはテンションが上ります!

DSC_0050 DSC_0051

以上で上半身の完成です。第1形態でもだいぶ見栄えがいいですね。バックパックを背負っていないバルバトスもとてもいいデザインをしています。

ブレードアンテナは画像をご覧のとおり、裏側を肉抜き埋めしています。埋めなくても見栄えは悪く無いと思うので、その辺はお好みでどうぞ。

では次回、HGガンダムバルバトスの脚部を組み立てていきます。お楽しみに!

ではよいガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムバルバトスを探す
⇒駿河屋でHGガンダムバルバトスを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムバルバトスを探す

icon


コメントを残す