HG ガンダムハルート レビュー

今回は、2010年9月に発売されたHG 1/144 ガンダムハルートのレビューをご紹介します!

HG ガンダムハルートは、『劇場版 機動戦士ガンダム00 』に登場するMS『ガンダムハルート』の1/144スケールモデルキットです。大型バインダーを装備したガンダムハルートならではの形状を再現。飛行形態への変形ギミックを持つ特徴的なキットになっています。価格は1,944円(税込み)。

堕天使を意味するガンダムハルート。アレルヤ・ハプティズムとソーマ・ピーリスが同乗する機体です。変形機構を持つため、通常のガンダムタイプとは異なり、各部が飛行形態を意識した特徴的な造形になっています。

成型色は歴代アレルヤ機と同じオレンジベース。部分的に塗り分けが必要ですが、全体的にはパーツによって色分けされ、素組みでも十分な仕上がりになっています。

変形箇所等でポリキャップ(PC-001A)をすべて使っていて、各部の関節強度も高め。ですが、腰部に大型のGNキャノンやGNコンテナを装備しているので、よほど前のめりにさせない限り、自立はほぼ不可能です。なので、自立させる場合はアクリルキューブやアクションベースを使って自立をサポートさせてやる必要があります。

背中のユニットを外して各部を見ていきます。まずは頭部。特徴的な4本アンテナを装備。造形もシャープです。全体的に左右挟み込みタイプなので、上部から後頭部にかけて合わせ目ができます。額のセンサーはシールによる色分けです。

フェイスはツインアイをクリアーのゴーグルで覆うという特徴的な造形。一応ツインアイの上にモールドはありますが、劇中シーンのような赤く光る6つ目を再現するようにはなっていないようです。

胸部から腰部にかけて。胸部は前側に突き出た、変形を意識した造形になっています。奥ばったエアインテークもパーツによる色分け。腹部は細身の造形で、腰部フロントアーマーなどはパーツによって色分けされています。サイドアーマーはありません。

フロントアーマーの付け根はボールジョイント型ポリキャップで、リアアーマーもボールジョイント接続。共にフレキシブルに可動しますが、フロントアーマーは少しふらつくところがあります。腰アーマー裏は特に造形はされていません。股間部はボールジョイント型のポリキャップ接続になります。

腕部。全体的に細身でシンプルな造形。肘はHGダブルオーガンダムと同じ構造で、円形シールを貼ってクリアーパーツを被せるタイプです。

二の腕は筒型パーツ、前腕は左右挟み込みタイプですが、表面にある合わせ目は端にくるようになっています。裏面は別パーツのアーマーを装備。

手首は適度に可動します。肘のアーマーも少し可動。

ショルダーアーマーは白い部分は挟み込みタイプで一部に合わせ目ができますが、上部にオレンジパーツを被せるのである程度合わせ目が隠れるようになっています。肩はポリキャップによるボールジョイント接続ですが、通常のキットとは異なり、斜めに配置されています。変形機構があるため可動しますが、カチッとストッパーがかかっているので形が崩れることはありません。

脚部。鳥足のような細身形状で、膝にはウイングが造形されています。膝の角型モールドはグレーのシールによる色分けです。

全体的に左右挟み込みタイプですが、膝から下の白い部分は中央に、ふくらはぎのグレー部分は端に合わせ目ができるようになっています。膝の内側にはGNバーニアが別パーツで造形されています。

足首から下の部分。軽装で色分けもシンプル。足裏には肉抜き穴があります。

GNキャノンやGNミサイルコンテナなどのユニットパーツ。特徴的な造形になっています。

腰の1ダボ接続ですが、鍵型になっていて固定強度も高めなので、特に外れたり回転したりすることなく保持できます。

GNキャノン。ブラック、グレー、オレンジのパーツで色分けされています。上部のセンサーはシールによる色分け。

ユニットとの接続部はポリキャップで強度は高め。砲口は特に開口されていません。

中央ユニットは変形機構があるので展開可能。後部のGNミサイルコンテナは、ミサイルのハッチが造形されていますが、開閉ギミックや弾頭などの造形はありません。

ユニット裏面。GNキャノンのアームはボールジョイントでフレキシブルに可動します。

機首は赤いシールを貼ってクリアーパーツを被せるキャノピータイプ。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。キット自体はそれほど大きいわけでもないですが、GNキャノンが突出している分、少しディスプレイエリアの確保が必要です。

頭部はかなり広く上下可動します。左右へも問題なく可動。ただし、頭部の角度によってはアンテナとショルダーアーマーが干渉しそうです。

腕部は水平より少し上げられる程度。肘も外装が干渉するので、90度よりも少し曲がる程度です。

肩可動はかなり独特。前方へはそれほど広く可動しませんが、後方には真後ろにまでスイング可能です。

腹部が可動するので、上半身が少し前後スイングします。画像は用意していませんが、左右へも少し傾けることができます。

腰と胸の付け根が回転可動しますが、それでも腰のひねりは45度程度までの可動です。股間部のハッチを開くとポリキャップ穴が露出。アクションベースを使ってのディスプレイが可能です。股間部は太陽炉が搭載された円柱型になっています。

前後開脚は水平にまで可動します。ただしあまり上げすぎると腰部アーマー類が外れやすいので、程々にしておいたほうが良さそうです。

膝は完全に折り曲げることができます。

足首の前後可動はわずか。左右へはまずまず広めに可動します。

変形機構により、つま先やアンクルガードは折りたたむことができます。

股間部がボールジョイント接続なので、左右への開脚はハの字程度。

内股の可動はわずかですが、がに股は水平にまで可動します。

立膝はそれなりにできますが、きれいな形というほどではないようです。

可動域の総括としては、変形機構があるためか、かなり可動箇所の広いところも見受けられます。ある程度迫力のあるポージングはできそうですね。ですが細身の機体形状の割に、可動範囲が狭い部分もあるので、その点は少し残念なところかとも思います。

付属品はGNソードライフル×2のみです。

GNソードライフル。こちらはソードモードです。複数パーツによって細かく造形されています。オレンジパーツが左右挟み込みタイプで、上部の一部に合わせ目ができます。刃の部分にはクリアーパーツが使用されています。

クローは展開可能。クロー側面の一部はグレーシールによる色分けです。

ダークグレーの装甲を上部にスライドさせ、後部のグリップを展開させることでライフルモードに。ダークグレーの装甲はスライドさせるとカチッと固定されます。

GNソードライフルを保持して。ハンドパーツにグリップを差し込むだけで保持が可能です。適度に保持できますが、固定強度がそれほど高くなくスルッと抜け落ちやすいので、ポージング時は注意が必要です。

特徴的な造形ですが、GNソードライフルを射撃するポーズなどは割と自然にこなせます。ライフルのストックが少し長めなので干渉しやすいのと、背中のGNキャノンがたまに干渉するところがあります。

ソードモードで保持。シャープな武器なので、ポーズに派手さがあります。こちらはハンドパーツで挟み込むので、外れて落下することはありません。しっかりと固定されるわけではなく、スルスルとスライドするので、手甲パーツが抜けやすくなってくると外れ落ちる可能性もあるかと。

GNキャノンは前方に向けることで射撃シーンを演出可能です。

飛行形態への変形は、まず頭部を囲うように胸部や肩、背部ユニットを可動させます。胸部パーツは抜け落ちやすいので注意です。肩は固定しているストッパーを外して可動させます。

脚部は膝パーツを外し、膝下をスライドさせて脚部を縮小。再度膝パーツを被せて固定します。つま先とアンクルガードは伸ばしておきます。

GNキャノンにGNソードライフルを取り付けて前進翼のような造形にしたら、飛行形態への変形完了です。※前進翼・・・ 航空機の翼の平面形の分類で、翼を前に傾けて取り付けたもの。

飛行形態を色んな角度から。

各部の強度がまずまず高めなので、それほど崩れることなく形態を維持できています。アクションベースへは、MG形態と同じく股間部に差し込んでのディスプレイとなります。側面のGNソードライフルをクロー展開すれば、飛行時の武装としてポージングを楽しむこともできます。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。GNキャノンやGNミサイルコンテナ、GNソードライフルといった特徴的な武装によって、派手さが全面に出たキットになっていると思います。ポージングさせても適度にかっこよさを演出できますし、重厚感もあっていいですね。

欠点的には、フロントアーマーがかなり外れやすいのと、GNソードライフルはハンドパーツからの抜け落ち頻度が高めなので、その点は注意しながらポージングしてやる必要がありそうです。ポージングしていると、腕とGNキャノンが干渉してしまうところもありますね。

それ以外は問題なく、変形機構も簡単ながらスタイリッシュなので、MS形態、飛行形態共に十分に楽しめるキットになっているのではないでしょうか。

⇒楽天でHG ガンダムハルートを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムハルートを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムハルートを探す

5 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年2月7日 at 19:48 - 返信

    正しくは【MS形態】と思われる所に【MG形態】と記述されている箇所がありますね…
    こちらの誤りなら申し訳ないですm(__)m

    今回のハルートのレビューも大変、参考になりました!
    今後も応援してます!!

    • nori

      on 2019年2月7日 at 20:09 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝です、修正しておきましたm(_ _)m
      温かい応援コメントありがとうございます!

  2. 匿名

    on 2019年2月7日 at 23:03 - 返信

    GNシザービットもついててほしかったなぁ。あとこう言うものこそプレバンで最終決戦仕様とかにして売ってもいい気がするけどって言うかプレバンでいいから売って欲しいです。(願望)欲を言えばサバーニャの最終決戦仕様も。

    • 匿名

      on 2019年2月10日 at 01:54 - 返信

      アドヴァンスジンクスやジンクスⅣのHGが出たこと考えると、 二機の最終決戦仕様出ても良さそうだけどねぇ。

  3. 匿名

    on 2019年2月12日 at 16:37 - 返信

    しゅ
    しゅごい
    ザラキエルとめっちゃリンクしてる

コメントを残す