HG ガンダムスローネ ドライ レビュー

今回は、2008年4月に発売されたHG 1/144 ガンダムスローネ ドライのレビューをご紹介します!

HG ガンダムスローネドライは、『機動戦士ガンダム00 』に登場するMS『ガンダムスローネドライ』の1/144スケールモデルキットです。GNシールドポッドのハッチ開閉機構を持つバックパックを新造し、特徴的な機体形状を再現。リード線を使ったエネルギーチューブをHGガンダムスローネアイン(別売り)に接続することでGNハイメガランチャーが再現可能など、劇中の印象的なシーンが再現できるキットになっています。価格は1,760円(税込み)。

トリニティ兄弟の末妹『ネーナ・トリニティ』が搭乗するスローネ3号機『ガンダムスローネドライ』がキット化。2008年2月発売のHGガンダムスローネアインをベースに、頭部やGNステルスフィールド展開用の背部バックパック、両肩のGNシールドといったスローネドライ特有の形状が新規造形で再現されています。スローネアインへの粒子供給や、GNステルスフィールドによるジャミングなどの戦闘支援を主任務とした機体。

成型色は全体の装甲をワインレッドで、大腿部や関節などはホワイト、ブラウンに配色されています。部分的なライン上のセンサーモールドや頭部ツインアイ、新造シールド表面の白い部分などをシールで補います。

ポリキャップはPC-123プラスを使用。肘や膝など各部に使用し、関節強度は高めです。背部に大柄なバックパックを背負っており、多少後方に比重がかかりますが、関節強度が高いので自立は安定しています。

頭部。部分的にスローネアインのパーツを流用しつつ、ドライ特有のロングテールが新造されています。ロングテールは左右挟み込みタイプで、後頭部中央に合わせ目ができます。

アイン、ツヴァイ、ドライそれぞれの頭部を並べて比較。アンテナや頭頂部などの形状がそれぞれ違っていて個性的。

胴体部はスローネアインと全く同じ形状です。胸部GNドライヴ[T](タウ)は内部にパープルのシールを貼り、表面をドーム型のクリアーパーツで覆う形で構成されています。フロントアーマーはライン型のセンサーモールドをシールで色分けするようになっています。エアインテークはイエロー成型色での色分け。

右腕部。腕部形状はスローネアインと同じですが、肩に特徴的なGNシールドポッドを、前腕にはスローネツヴァイと同じGNハンドガンを装備しています。(GNハンドガンは左前腕にも取り付けが可能です。)

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕は左右挟み込みタイプで、合わせ目は前面は端でモールド化されています。後面は一部に合わせ目ができます。肘から分離可能なので、合わせ目消しはラクそう。

ショルダーアーマーはアンテナやサーベル柄を装備した特徴的な形状。スローネアインやツヴァイと同じ形状です。アンテナの一部や前後のライン状センサーはシールでの色分け。上部のサーベル柄は脱着が可能です。

サーベル柄は適度に上下可動し、アンテナも少し左右に可動します。

右肩に装備するGNシールドポッド。シンプルな1個パーツ構成で、裏面は肉抜き穴っぽい造形になっています。一部白いシールでの色分け。

前腕に装備するGNハンドガン。複数パーツで細かく造形されています。

砲身を含む本体部分は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。本体部分の一部はブラウンに塗り分けが必要。

上部の装甲は2箇所が展開可能。

左肩に装備するGNシールド。3枚パーツ構成で、表面の一部は白いシールでの色分けです。

脚部。大腿部からソール部まですべてスローネアインと同じ形状です。膝から下の部分は左右挟み込みタイプですが、後面の合わせ目は端でモールド化され、前面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

大腿部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。膝が分離できないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要になります。足首のパーツは合わせ目ができますが、こちらは分離可能なので合わせ目消しはラクそう。

足裏は左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。モールド入りのパーツ構成なので肉抜き穴はありません。バックパックを外した背面はスローネアインと同じ形状です。

背面に装備するバックパック。左右にはGNステルスフィールド展開用のユニットが造形されています。上部のダクト周りや内側のスリット入りダクト(赤○部分)はブラウンに塗り分けが必要です。

ユニットは2枚パーツの組み合わせで側面などに合わせ目ができます。

接続基部も左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができますが、こちらは合わせ目が段落ちモールド化されています。

ユニットは上部に展開が可能。

内側に折りたたむこともできます。

ユニット表面の装甲はポリキャップ接続で展開が可能。内部のスリット入りダクトはブラウンに塗り分けが必要です。

装甲の裏面もブラウンに塗り分けが必要。

HGガンダムスローネアイン、HGガンダムスローネツヴァイと並べて。胴体部や四肢の形状は同じですが、頭部やバックパック、装備と成型色が違っているのでそれぞれが個性的です。

頭部の上下可動は、後頭部が干渉するのでわずかに上下する程度。後部の干渉を避けても少ししか見上げることができません。左右へは後頭部が干渉しつつも真横にまで曲げることができます。

その他の各部可動域については、HGガンダムスローネアインとほぼ同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG ガンダムスローネアイン レビュー

リード線によるエネルギーケーブル(接続パーツ取り付け済み)、GNシールド展開用パーツが付属。

GNシールド展開時は、表面の装甲を外して組み換えます。

展開時のパーツは内側をブラウンに塗り分ける必要があります。

可動域がそこそこあるのと、シャープで特徴的な造形によって、ある程度派手さのあるポーズが再現可能です。

GNビームサーベル刃が付属していないので、RGガンダムエクシアリペアⅢからサーベル刃を拝借して。サーベル柄はハンドパーツの隙間とサイズが合っているので、多少ずれることはあってもそんなに抜け落ちることはないですね。

後部ユニットのハッチが、展開しているとポッキリ折れてしまいました;しっかりと差し込めていない場合、干渉によって折れたりすることもあるので注意です。

GNステルスフィールドを展開!!

エネルギーケーブルは前腕のGNハンドガンの装甲を展開して取り付けます。HGガンダムスローネアインへは、後部のハッチを開いて差し込んで連結します。

HGガンダムスローネアイン(別売り)と連結させて粒子供給シーンを演出。GNメガランチャー発射状態に。

3機を連結させてGNハイメガランチャー発射状態。

以上です。独特のカラーリング、機体形状によって、かっこよさやヒール感などが味わえるキットになっていると思います。GNステルスフィールドはこのキットでしか再現できない演出で、展開時のフォルムは劇中シーンを思い起こさせてくれます。

欠点的なものもそんなにないですが、背部ユニットの展開時にハッチのパーツが破損してしまったので、展開時には多少注意する必要があるかも。あとは平手やGNサーベル刃などが付属しているともっとポージングの自由度が出てよかったですね。

スローネ各機と組み合わせることでよりポージングの幅が広がりますし、アインと2体連結のGNメガランチャーや3体連結のGNハイメガランチャーなどは迫力があるので、ぜひ3体組み合わせて演出したいですね。

⇒楽天でHG ガンダムスローネ ドライを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムスローネ ドライを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムスローネ ドライを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す